「日産ラニア コンセプト」中国でデビュー【北京ショー2014】

2014.04.21 自動車ニュース
「日産ラニア コンセプト」
「日産ラニア コンセプト」

【北京ショー2014】「日産ラニア コンセプト」中国でデビュー

日産自動車は、2014年4月20日に開幕した北京モーターショーに、新型4ドアセダンのコンセプトモデル「Lannia Concept(ラニア コンセプト)」を出展した。

ラニア コンセプトは、その市場調査からデザイン、開発に至るまで現地の中国人チームが深く関与したとされる4ドアのニューモデル。スタイリングは、北京の日産デザインチャイナと日産グローバルデザインセンターが協力して作り上げたという。
車名は、日産の伝統的セダン「ブルーバード」に対するリスペクトから選ばれたもの。中国語でブルーバードを意味する「藍鳥(Lan Niao)」の発音を元に「Lannia Concept」と名付けられている。

このほかにも日産は、コンセプトモデル「ブレードグライダー」やSUV「エクストレイル」など、20車種以上を北京モーターショーに出展。
会場では、今後、モータースポーツブランドであるNISMOの製品を中国市場に導入し、「GT-R NISMO」や「370Z Nismo」を発売することも正式にアナウンスされた。

(webCG)

→「日産ラニア コンセプト」のさらに詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。