「水野和敏的視点」 vol.55 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(前編)

2014.06.27 mobileCG
 
「水野和敏的視点」 vol.55 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(前編)の画像

「水野和敏的視点」 vol.55 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(前編)

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回の主役は「アウディA3セダン」。“単なるセダンバリエーション”にとどまらない、アウディの新しいコンパクトセダンの魅力に、ミスターGT-Rが迫る。

 
「水野和敏的視点」 vol.55 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(前編)の画像
 
「水野和敏的視点」 vol.55 「アウディA3セダン」&「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(前編)の画像
「アウディA3セダン 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm/ホイールベース:2635mm/車重:1340kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:140ps/4500-6000rpm/最大トルク:25.5kgm/1500-3500rpm/タイヤ:(前)225/45R17 (後)225/45R17/車両本体価格:374万円
「アウディA3セダン 1.4 TFSIシリンダーオンデマンド」
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4465×1795×1390mm/ホイールベース:2635mm/車重:1340kg/駆動方式:FF/エンジン:1.4リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:140ps/4500-6000rpm/最大トルク:25.5kgm/1500-3500rpm/タイヤ:(前)225/45R17 (後)225/45R17/車両本体価格:374万円
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン」
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/車両本体価格:258万7000円
「フォルクスワーゲン・ゴルフTSIトレンドライン」
	ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4265×1800×1460mm/ホイールベース:2635mm/車重:1240kg/駆動方式:FF/エンジン:1.2リッター直4 DOHC 16バルブ ターボ/トランスミッション:7AT/最高出力:105ps/4500-5500rpm/最大トルク:17.8kgm/1400-4000rpm/タイヤ:(前)195/65R15 (後)195/65R15/車両本体価格:258万7000円

■日本の道にも適したサイズ

一見地味、しかし今の日本車に対して、とても大事な「何か」を示しているモデルではないだろうか? そういう思いから、今回から2回にわたり「アウディA3セダン」を採り上げます。A3セダンと同じく、「MQB」と呼ばれる横置きエンジン車用のプラットフォームを使用する「フォルクスワーゲン・ゴルフ」(MQBの本家はむしろこちらでしょう)にも試乗し、これら2ブランドのクルマ作りに対する考え方の違いなども、併せて見ていきたい思います。

A3セダンは、その名のとおりハッチバックの「A3/A3スポーツバック」から派生したモデルです。アウディの言葉を借りれば、「伝統的なセダンとクーペのダイナミックさを融合させた」スタイリングを特徴としており、そのボディーは全長4465×全幅1795×全高1405mmと、日本の都市部でも扱いやすいサイズに収まっています。例えば、路面への投影面積は「トヨタ・プリウス」(4480×1745×1490mm)に近く、背がグッと低いと言えば、そのサイズ感を想像しやすいでしょうか。

エンジンについては、本国ドイツではガソリンとディーゼルが用意されるばかりか、ガソリンユニットだけを見ても1.2リッター、1.4リッター、1.8リッター(いずれも直4ターボ)と幅広いラインナップを誇ります。しかし、日本では1.4リッターと、そのエンジンにシリンダーオンデマンド(COD)と呼ばれる気筒休止システムを搭載したもの、および1.8リッターと、3種類のガソリンユニットが用意されるにとどまっています。

今回はその中からCOD付きの1.4リッターに試乗しました。トランスミッションは7段Sトロニック(デュアルクラッチトランスミッション)で、駆動方式はFF。価格は374万円です。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連キーワード:
ゴルフA3セダンフォルクスワーゲンアウディA3

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲン・オールラインナップ試乗会【試乗記】 2017.12.20 試乗記 フォルクスワーゲンが最新モデル24台を集めたオールラインナップ試乗会を開催。新たなフラッグシップの「アルテオン」と、「ゴルフ」のホットバージョン2台を連れ出し、その出来栄えを確かめた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
  • アウディS5スポーツバック(4WD/8AT) 2017.12.26 アウディA5/S5シリーズを体感する<PR> 「A5」シリーズでも性能は必要にして十分……。頭ではそう理解していても「S5スポーツバック」の魅力にはあらがえない。山道に差し掛かったら、アクセルをいつもより深く踏み込んでみるといい。“S”でなければならない理由が、すぐにわかるはずだ。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア スーパー(FR/8AT)【試乗記】 2018.1.15 試乗記 イタリア車の長所を伸ばし、短所をうまく補った……。「アルファ・ロメオ・ジュリア」は、ドライブした者にそんな印象をもたらすニューモデルだ。仮想敵(?)と目されるクルマを自家用車とする清水草一が、愛車との比較も交えた試乗リポートをお届けする。
ホームへ戻る