第17回:こんなんじゃ全然納得できない!!
「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」FF化のナゾを直撃!

2014.08.19 小沢コージの勢いまかせ!! リターンズ

もうFRにはこだわらないの?

“過ぎたことは忘れる”美意識というか、“いい人”主義がまん延する現代日本では、意外にサラっと見過ごされつつありますが、不肖小沢的にはな~んか納得できないっす! もうちょい答えが欲しいっちゅうか、ふに落としてほしいというか。いまだ「ブラジルW杯でザックジャパンがなぜにアッサリ負けたのか?」に納得のいく説明が欲しいようにね。

何の話って、それはBMWのFF化についてですよFF化! BMWといえば『webCG』でも1位2位を争う(?)人気ブランドで、まさにプレミアムスポーツのド定番。そして、BMWといえばなんといってもFR、つまりフロントエンジン・リアドライブの駆動レイアウトが自慢。前後重量配分50対50の不文律もそうだし、極端に言うと1917年の創業以来「FRじゃなきゃクルマじゃない!」みたいな勢いでやってきていたはず。一部リアエンジン車やミドシップもあったけどね。

それがこのたび「2シリーズ アクティブツアラー」であっさりFFを採用。今後どんどんこのシリーズは増やしていく予定で、中には3列シートミニバン(!?)の計画まであるらしく、本当にそれでいいのかと。

細かいインプレは他のジャーナリストに任せるとして、不肖小沢は、ラッキーにも行けたアクティブツアラー海外試乗会で、開発陣に面倒くさがられる直前までしつこく直撃してみました(笑)。

テーマは「BMWはなぜ今FFを選んだのか?」
小沢的には、ある仮説があったんですが……。

オーストリアのインスブルック空港にて、真新しい「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」が各国のジャーナリストやメディア関係者をお出迎え。
オーストリアのインスブルック空港にて、真新しい「BMW 2シリーズ アクティブツアラー」が各国のジャーナリストやメディア関係者をお出迎え。
こちらはディーゼル車「218d」のインテリア。欧州では6段MTが標準仕様となる。
こちらはディーゼル車「218d」のインテリア。欧州では6段MTが標準仕様となる。
ガソリン車の「225i」。日本に導入されるのは、4気筒と3気筒のガソリン車のみとなる。
ガソリン車の「225i」。日本に導入されるのは、4気筒と3気筒のガソリン車のみとなる。
小沢 コージ

小沢 コージ

神奈川県横浜市出身。某私立大学を卒業し、某自動車メーカーに就職。半年後に辞め、自動車専門誌『NAVI』の編集部員を経て、現在フリーの自動車ジャーナリストとして活躍中。ロンドン五輪で好成績をあげた「トビウオジャパン」27人が語る『つながる心 ひとりじゃない、チームだから戦えた』(集英社)に携わる。 ホームページ:『小沢コージでDON!』

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • BMW 218dグランツアラー Mスポーツ(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.21 試乗記 “7人で乗れるBMW”「2シリーズ グランツアラー」の、ディーゼルモデルに試乗。ミニバンとしての実用性は、どれほどのものなのか? 走りの質感とあわせてリポートする。
  • BMW 225xeアクティブツアラー ラグジュアリー(4WD/6AT)【試乗記】 2016.6.6 試乗記 日本での販売も好調な「BMW 2シリーズ」の“FFモデル群”に、新しい選択肢「225xeアクティブツアラー」が加わった。単なるハイブリッドではない、驚きの四駆のPHVである。日本市場を取り巻く環境とその実力を検証してみた。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • BMW 218dアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/8AT)【試乗記】 2015.7.17 試乗記 「BMW 218dアクティブツアラー」に2リッターディーゼルターボ搭載車が加わった。新世代クリーンディーゼルエンジンを得て、アクティブツアラーはどんな魅力を手に入れたのだろうか。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.7.7 試乗記 アウディのラインナップの中で、最もコンパクトなSUVとなる「Q2」。都会の道からワインディングロードまで走らせてみると、ボディーのサイズにとどまらない、このニューモデルならではの存在意義が見えてきた。
ホームへ戻る