「スズキ・キャリイ」に5段セミAT車が登場

2014.08.26 自動車ニュース
「スズキ・キャリイ」
「スズキ・キャリイ」

「スズキ・キャリイ」に5段セミAT車が登場

スズキは2014年8月26日、軽商用車「キャリイ」に一部改良を実施。ラインナップに5段シングルクラッチ式AT「Auto Gear Shift(オートギアシフト:以下AGS)」搭載車を追加し、販売を開始した。

シングルクラッチ式ATの「Auto Gear Shift(オートギアシフト)」。
シングルクラッチ式ATの「Auto Gear Shift(オートギアシフト)」。
「AGS」搭載車のシフトセレクター。マニュアルモードが備わっている。
「AGS」搭載車のシフトセレクター。マニュアルモードが備わっている。
「AGS」搭載車のメーター。
「AGS」搭載車のメーター。

AGSとは、5段マニュアルトランスミッションをベースに、クラッチおよびシフト操作を自動で行う電動油圧式アクチュエーターを採用したものである。他社のシングルクラッチ式ATに対し、駐車時やエンジン始動時に使用するPレンジを設定した点や、ブレーキから離しただけでクルマが前進するクリープ機能の採用、坂道での車両の後退などを抑制する、ヒルホールドコントロール機能も備えている点などが特徴となっている。

一方走行性能に関しては、ローギアード化によって5MT仕様を上回る登坂能力や、悪路での高い走破性能を確保。ギア数が5段あるので、高速走行時にはエンジンの回転数を低くおさえることができ、3AT仕様より高い静粛性を実現しているという。また減速時の、MT仕様と同様のエンジンブレーキの利きもAGSの特徴となっている。

燃費はFR車で19.4km/リッター、4WD車で19.2km/リッター(JC08モード)と、ともに5MT仕様と3AT仕様を上回る。トランスミッションとエンジンとの協調制御により、変速ショックの少ない滑らかなシフトフィーリングを実現しているという。

価格は以下の通り。
・キャリイ KCエアコン・パワステ セットオプション装着車(FR):92万6640円
・キャリイ KCエアコン・パワステ セットオプション装着車(4WD):107万6580円

なお、今回の改良では一部グレードにおけるカラーバリエーションの変更も実施。「KCエアコン・パワステ農繁」には銀と紺の、「KX」には紺のボディーカラーを追加した。

(webCG)
 

関連キーワード:
キャリイスズキ自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スズキ・キャリイKCエアコン・パワステ(FR/5AT)【試乗記】 2014.12.5 試乗記 スズキ独自のシングルクラッチ式2ペダルMTを搭載した「スズキ・キャリイ」が登場。トランスミッションの出来栄えと、最新の軽トラックの実力を試した。
  • スバルWRX STI タイプS(4WD/6MT)【試乗記】 2017.8.24 試乗記 マイナーチェンジを受けて、さらなる速さを手に入れた「スバルWRX STI」に試乗。新しい電子制御マルチモードDCCDを得た最新型の走りやいかに? 19インチタイヤを装着した上級モデル「タイプS」のステアリングを握った。
  • BMW G310R(MR/6MT)【レビュー】 2017.9.9 試乗記 小排気量セグメントという新たな市場に切り込むべく、ドイツの雄が送り込んだニューモデル「BMW G310R」がいよいよ登場。中型免許でも乗れる、お値段およそ60万円のストリートモデルでも、唯我独尊の世界をつらぬく“BMWらしさ”は健在なのか?
  • 日産エクストレイル20X(3列シート車)(4WD/CVT)【試乗記】 2017.9.8 試乗記 “自動運転”のフレーズを掲げる日産の運転支援システム「プロパイロット」が、マイナーチェンジを受けた「エクストレイル」に搭載された。言葉選びに慎重になるメーカーが多い中、あえて強気な姿勢を崩さない日産自慢のシステムの出来栄えは?
  • ホンダN-BOXプロトタイプ/N-BOXカスタム プロトタイプ【試乗記】 2017.9.4 試乗記 2011年のデビュー以来、高い人気を保ち続けているホンダの軽トールワゴン「N-BOX」シリーズが、いよいよ2代目にモデルチェンジ! 従来モデルからすべてが一新されたという新型の実力を、走りと使い勝手の両面からリポートする。
ホームへ戻る