「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」

2014.10.10 mobileCG

「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」

R35型「日産GT-R」の生みの親、育ての親であるだけでなく、レース界での活躍やセダンの進化への貢献など、自動車の世界で数々の成果を上げてきた水野和敏氏が本音でクルマを語り尽くす『mobileCG』の特集「水野和敏的視点」。今回は主役は「スバルWRX STI」である。スバルのスポーツモデルの代表的存在にして、日本のスポーツカーの雄に対して、ミスターGT-Rの期待は高まるばかり。さて、ひととおり試乗を終えて戻ってきた氏の口から、どんな評価が出てくるだろうか。


「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」の画像

「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」の画像

「水野和敏的視点」 vol.70 「スバルWRX STI」の画像
スバルWRX STI
ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm/ホイールベース:2650mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ツインターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:308ps/6400rpm/最大トルク:43.0kgm/4400rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:379万800円

スバルWRX STI
    ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4595×1795×1475mm/ホイールベース:2650mm/車重:1500kg/駆動方式:4WD/エンジン:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ ツインターボ/トランスミッション:6MT/最高出力:308ps/6400rpm/最大トルク:43.0kgm/4400rpm/タイヤ:(前)245/40R18 (後)245/40R18/車両本体価格:379万800円

■このセッティングに異議あり!

年間を通してさまざまなクルマをテストしていると、いろいろな思いが湧き起こってきます。素晴らしいクルマに出会えばもちろんわくわくしますし、さらには、それを造り込んでいる開発者の仕事をしている姿までが浮かんできます。

逆に、自動車メーカーが社会的使命として訴求しなければいけない、安全性確保のための最後の砦(とりで)であるスタビリティーを外してまで、売らんがための「瞬間の味付け」に過度に走ったクルマに乗ると、本当にがっかりします。正直な気持ちを言えば、がっかりを通り越して、お客さまのことを思うと怒りが込み上げてきてしまうケースもあります。

社内の「発売移行の会議」に通ったからよい、というのではありません。目の前にはいないお客さまのために、「安全と楽しさ」というややもすると矛盾する性能を常により高いレベルに向上させ続けることは、自動車エンジニアとしての永遠のテーマであり、使命だと思うからです。

熱心なスバルファンの方々には申し訳ないのですが、私は新しい「WRX STI」に初めて試乗したとき、信じられず、そして戸惑ってしまいました。なぜなら、従来の「インプレッサWRX」「レヴォーグ」「BRZ」、そして「WRX S4」と、最近のスバル車のハンドリングバランスのよさとスタビリティー限界性能の向上は、目を見張る進化を続けてきましたが、WRX STIはそれらとは違っていたからです。(つづく)

※この記事はmobileCG会員限定です。
mobileCG有料会員に登録すると続きをお読みいただけます。

(語り=水野和敏/まとめ=青木禎之<Office Henschel>/写真=小林俊樹)

 【mobileCGへのアクセス方法】

◇スマートフォンをお使いの方◇

「QRコード」読み取り機能搭載機種をお持ちの方はこちらからアクセスできます。
「mobileCG」「webCG」を検索いただいてもアクセスできます。

http://www.webcg.net

 

◇従来のケータイ版「mobileCG」はこちらから◇

「QRコード」からアクセスできます。

docomo:iMENU→メニュー/検索 → 趣味/娯楽 → クルマ/バイク → カーグラフィック
au:EZトップメニュー → カテゴリで探す → スポーツ・レジャー → 車・バイク→モバイルカーグラフィック
SoftBank:Yahoo!ケータイ → メニューリスト → 趣味・レジャー → クルマ・バイク → カーグラフィック

 

関連記事
  • スバルWRX STI S207 2015.10.28 画像・写真 スバルテクニカインターナショナルが、「究極のロードゴーイングSTI」を合言葉に「スバルWRX STI」のコンプリートカー「S207」を開発した。エンジンからボディー、サスペンションにいたるまで、くまなくチューニングが施された高性能モデルの姿を、写真で紹介する。
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • AMG設立50周年を記念したスペシャルな「Gクラス」発売 2017.5.10 自動車ニュース メルセデス・ベンツ日本は2017年5月10日、「メルセデス・ベンツGクラス」の特別仕様車「メルセデスAMG G63 50th Anniversary Edition(アニバーサリーエディション)」を発表し、50台の台数限定で発売した。価格は2220万円。
  • フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開 2017.5.26 自動車ニュース 独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。
  • ホンダ、新型「N-BOX」の情報をウェブで先行公開 2017.5.25 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月25日、同年秋に発売を予定している新型「N-BOX(エヌボックス)」に関する情報を、ホームページで先行公開した。
  • 800psの「フェラーリ812スーパーファスト」が日本上陸 2017.5.23 自動車ニュース フェラーリ・ジャパンは2017年5月23日、最高出力800psを発生する新たなフラッグシップモデル「812スーパーファスト」を日本国内で初披露した。
  • 日産名車再生クラブが「スカイラインGTS-R」の再生に着手 2017.5.22 自動車ニュース 毎年、日産の歴史的名車をレストアしている日産名車再生クラブが、今年のレストア車である「1988年スカイラインGTS-R ETC(欧州ツーリングカー選手権)出場車」をメディアに公開した。作業開始は5月で、11月上旬の完成を目指すとしている。
  • ポルシェ911 GT3(RR/7AT)/911 GT3(RR/6MT)【海外試乗記】 2017.5.22 試乗記 ピュアなレーシングカーである「ポルシェ911 GT3カップ」譲りの4リッター水平対向6気筒エンジンを得て、一段とサーキットに近い成り立ちとなった新型「911 GT3」。その実力を南スペインで試した。
ホームへ戻る