第88回:インド映画はカーアクションもきっと、うまくいく
『チェイス!』

2014.12.04 エッセイ

1年かけてムキムキの肉体に

ランチョーが帰ってきた! 昨年公開された『きっと、うまくいく』の主人公、のことである。明快な勧善懲悪を描きながら映画本来の楽しさを持っていて、もちろん歌や踊りは満載というすてきなインド映画だった。ランチョーは成績優秀だが教授陣に反旗を翻す痛快な学生で、演じたのはアーミル・カーン。インドを代表する超人気俳優である。

シャー・ルク・カーンとサルマン・カーンとともに、“キング・カーンズ”と呼ばれる国民的カリスマなのだそうだ。『TIME』誌が選ぶ“世界に最も影響力のある100人”に入ったというから、インドでは俳優という枠を超えた存在なのだろう。『きっと、うまくいく』では撮影時に44歳だったが、大学生を演じてまったく不自然ではなかった。今回も、役作りには念が入っている。

昼はサーカスのスター、夜は銀行からお宝を盗む大泥棒というのが、この作品での役回りだ。注目すべきは、鍛えあげられた肉体である。『きっと、うまくいく』ではどちらかというと線の細い真面目な学生だったが、別人かと思うほどムキムキである。出演する条件として、準備期間に1年欲しいと言ったそうだ。その期間を肉体改造に費やしたわけで、ロバート・デ・ニーロのようなカメレオン俳優なのである。

もうすぐ50歳になるが、相当激しいトレーニングを積んだのだろう。腹筋が割れているのはもちろん、肩から首にかけての筋肉の盛り上がりもスゴい。やたらに上半身ハダカになるシーンが出てくるが、こんなマッチョな体を作り上げたのだから見せたくもなるだろう。

©Yash Raj Films Pvt. Ltd. All Rights Reserved.


この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

鈴木 真人

鈴木 真人

名古屋出身。女性誌編集者、自動車雑誌『NAVI』の編集長を経て、現在はフリーライターとして活躍中。初めて買ったクルマが「アルファ・ロメオ1600ジュニア」で、以後「ホンダS600」、「ダフ44」などを乗り継ぎ、新車購入経験はなし。好きな小説家は、ドストエフスキー、埴谷雄高。好きな映画監督は、タルコフスキー、小津安二郎。