BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/6AT)

FFハッチは一日にして成らず 2015.01.23 試乗記 FFレイアウトに“ストレート3”ユニットと、BMWブランドにとって初モノ尽くしの「2シリーズ アクティブツアラー」。Cセグメントハッチバックの定番的存在「フォルクスワーゲン・ゴルフ」という壁を、一発で乗り越えることができたか? 上質感が強調されたグレード「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」に試乗した。

40年後の真っ向勝負

TVコマーシャルでゴルフがサザンを起用したら、ミスターチルドレンの新曲を使ってきたのが2シリーズのアクティブツアラーである。ミスチルの音に反応するのは、サザンのリスナーよりかなり若いはずだ。ピンポイントで30代をターゲットにしているように見えるコマーシャルである。お台場の高層マンションに住む、若いファミリーあたりがイメージカスタマーだろうか。

ゴルフより若い層を狙うといっても、BMWのことだから、価格競争はしない。アクティブツアラーに200万円台はなく、「332万円より」である。今回の試乗車、「218iラグジュアリー」は381万円だ。クルマのキャラクターとしてはおそらく「メルセデス・ベンツBクラス」が真っ向勝負のライバルだろうが、「307万円より」の「B180」よりも強気だ。

2シリーズ アクティブツアラーは、ゴルフより40年遅れてやってきたBMWブランド初のFFモデルである。クルマ好きにとって、最大の興味はまさにその点だろう。

BMWの「1シリーズ」は欧州Cセグメントの一台としてゴルフのライバルには違いないが、「ウチはFRですから」と言われると、どんな批評も批判も治外法権のようなところがあった。でも、今度は同じFFとして、ガチである。

「2シリーズ アクティブツアラー」に搭載されるエンジンはガソリンターボのみ。「218i」(1.5リッター直3)と「225i」(2リッター直4)が設定される。試乗車は前者。
「2シリーズ アクティブツアラー」に搭載されるエンジンはガソリンターボのみ。「218i」(1.5リッター直3)と「225i」(2リッター直4)が設定される。試乗車は前者。
インパネは高い質感を備えており、センターパネルはBMWらしく、ドライバーに向けてわずかに角度が付けられている。
インパネは高い質感を備えており、センターパネルはBMWらしく、ドライバーに向けてわずかに角度が付けられている。
室内を明るく保つ「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」はチルトとスライドのほか、オープン機能も備わる。装着すると車重は30kg重くなる。
室内を明るく保つ「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」はチルトとスライドのほか、オープン機能も備わる。装着すると車重は30kg重くなる。
上質感が強調される「ラグジュアリー」グレードでは、サイドウィンドウのフレームや、フロントのキドニーグリルの縦桟(さん)がクロムとされる。
上質感が強調される「ラグジュアリー」グレードでは、サイドウィンドウのフレームや、フロントのキドニーグリルの縦桟(さん)がクロムとされる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

2シリーズ アクティブツアラーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る