クルマ好きなら毎日みてる webCG 新車情報・新型情報・カーグラフィック

BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/6AT)

FFハッチは一日にして成らず 2015.01.23 試乗記 FFレイアウトに“ストレート3”ユニットと、BMWブランドにとって初モノ尽くしの「2シリーズ アクティブツアラー」。Cセグメントハッチバックの定番的存在「フォルクスワーゲン・ゴルフ」という壁を、一発で乗り越えることができたか? 上質感が強調されたグレード「218iアクティブツアラー ラグジュアリー」に試乗した。

40年後の真っ向勝負

TVコマーシャルでゴルフがサザンを起用したら、ミスターチルドレンの新曲を使ってきたのが2シリーズのアクティブツアラーである。ミスチルの音に反応するのは、サザンのリスナーよりかなり若いはずだ。ピンポイントで30代をターゲットにしているように見えるコマーシャルである。お台場の高層マンションに住む、若いファミリーあたりがイメージカスタマーだろうか。

ゴルフより若い層を狙うといっても、BMWのことだから、価格競争はしない。アクティブツアラーに200万円台はなく、「332万円より」である。今回の試乗車、「218iラグジュアリー」は381万円だ。クルマのキャラクターとしてはおそらく「メルセデス・ベンツBクラス」が真っ向勝負のライバルだろうが、「307万円より」の「B180」よりも強気だ。

2シリーズ アクティブツアラーは、ゴルフより40年遅れてやってきたBMWブランド初のFFモデルである。クルマ好きにとって、最大の興味はまさにその点だろう。

BMWの「1シリーズ」は欧州Cセグメントの一台としてゴルフのライバルには違いないが、「ウチはFRですから」と言われると、どんな批評も批判も治外法権のようなところがあった。でも、今度は同じFFとして、ガチである。

「2シリーズ アクティブツアラー」に搭載されるエンジンはガソリンターボのみ。「218i」(1.5リッター直3)と「225i」(2リッター直4)が設定される。試乗車は前者。
「2シリーズ アクティブツアラー」に搭載されるエンジンはガソリンターボのみ。「218i」(1.5リッター直3)と「225i」(2リッター直4)が設定される。試乗車は前者。 拡大
インパネは高い質感を備えており、センターパネルはBMWらしく、ドライバーに向けてわずかに角度が付けられている。
インパネは高い質感を備えており、センターパネルはBMWらしく、ドライバーに向けてわずかに角度が付けられている。 拡大
室内を明るく保つ「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」はチルトとスライドのほか、オープン機能も備わる。装着すると車重は30kg重くなる。
室内を明るく保つ「電動パノラマ・ガラス・サンルーフ」はチルトとスライドのほか、オープン機能も備わる。装着すると車重は30kg重くなる。 拡大
上質感が強調される「ラグジュアリー」グレードでは、サイドウィンドウのフレームや、フロントのキドニーグリルの縦桟(さん)がクロムとされる。
上質感が強調される「ラグジュアリー」グレードでは、サイドウィンドウのフレームや、フロントのキドニーグリルの縦桟(さん)がクロムとされる。 拡大
注目の記事PR
注目の記事一覧へ

ハッチバック以上ミニバン未満

218iに乗り込んで、いちばん近いと思ったのは、やはりメルセデスの「Bクラス」である。ボディーサイズはほぼ同じ。ゴルフのようなフツーのハッチバックと違うのは高めの全高(1550mm)で、その分、室内の空気量がたっぷりある。2列シートの5人乗りでも、ハッチバック以上、ミニバン未満といった感じの広さ感である。

1シリーズじゃもう狭いねと言って、アクティブツアラーに買い替えたファミリーがいたら、いちばん感激するのは、後席の広さだろう。リアシートのクッションはなぜか小さめだが、座ると膝まわりの余裕は大きい。座面は高く、フロアは少し掘ったような形状なので、脚もラクに休ませられる。ヘッドルームもたっぷりしている。このクルマ、特等席はリアシートかもしれない。

ラグジュアリーには見るからに上等なダコタ・レザー・シートが標準装備される。しかも試乗車の内装はベージュ。広いだけでなく、室内はコートダジュールのように明るい。

だが、走りだすと、そんな高級イメージに軽く足払いをかけるのがこのクルマのおもしろいところである。エンジンがプルプルしている。停車していると、ハンドルを握る手にもかすかな振動が伝わる。コールドスタートから5分もすればアイドリングストップが効き出すから、それは気にならなくなるが。

カタマリ感があって彫りも深い5ドアボディーの押し出しや、内装の高級な仕立てに目を奪われているとフト、忘れがちだが、218iは3気筒なのである。

「ラグジュアリー」ラインでは、パーフォレーテッドと称する穴あきの「ダコタ・レザー・シート」が標準となる。インテリア色は「キャンベラ・ベージュ」。
「ラグジュアリー」ラインでは、パーフォレーテッドと称する穴あきの「ダコタ・レザー・シート」が標準となる。インテリア色は「キャンベラ・ベージュ」。 拡大
リアシートは前後に130mmのスライドが可能。(クリックするとスライドする様子が見られます)
リアシートは前後に130mmのスライドが可能。(クリックするとスライドする様子が見られます) 拡大
ラゲッジルームの容量は398~1510リッター(VDA方式)。後席の背もたれは40:20:40分割で倒せるほか、-1.5度から+28.5度まで3段階にリクライン調節ができる。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます)
ラゲッジルームの容量は398~1510リッター(VDA方式)。後席の背もたれは40:20:40分割で倒せるほか、-1.5度から+28.5度まで3段階にリクライン調節ができる。(クリックすると後席が倒れる様子が見られます) 拡大
ラゲッジスペースのフロア下にはこのように大きな収納スペースが用意されている。容量は約70リッター。
ラゲッジスペースのフロア下にはこのように大きな収納スペースが用意されている。容量は約70リッター。 拡大

“ストレート3”を許せるかどうか

218iのノーズに横置きされるパワーユニットは、新しい「MINIクーパー」と同じ直噴1.5リッター3気筒DOHCターボである。136psのパワーや22.4kgmのトルクも同じだ。

ミニには6段MTもあるが、こちらは6段ATのみ。ラグジュアリーの車重は1460kg(試乗車は電動パノラマ・ガラス・サンルーフが装着されるので1490kg)。MINIクーパー5ドアよりちょうど200kg重いボディーを同じエンジンで引っ張る。そのわりにはスイスイよく走るが、けっしてパワフルではない。トルクで押すタイプでもない。エンジンに対してボディーが重い感じは否めない。

エンジンや変速機の制御を変えるドライブモードは、エコプロ、コンフォート、スポーツの3つ。エコプロで走っていて、これまでカッタルイと感じたBMWはないが、このクルマはアクセルをチョイ踏みしたときの反応が鈍すぎて、あまり使う気にならなかった。ただし、高速巡航時だとエコプロの効用は大きく、軽負荷時にアクセルをゆるめると900rpmのアイドリングに落として燃費を稼いでくれる。

3気筒特有のかろやかなビートとサウンドは、個人的には好きである。しかし、その回転フィールはプレミアムとか高級とかいったベクトルではない。そっち方面に過度な期待を抱くと、エンジンにショボさを覚える人もいると思う。検討中のかたは、ぜひディーラーで試乗してみてください。

新型MINIクーパーで初めて味わったときから感じているのだが、むしろこの3気筒エンジンはライトウェイトスポーツカーをつくったらさぞ楽しいのではないか。あるいは、思いきってスリーホイラーのコミューターにトライして、21世紀の「イセッタ」なんてどうだろう。

「218iアクティブツアラー」の動力性能は0-100km/h加速が9.2秒、最高速が205km/h(欧州仕様車の場合)。
「218iアクティブツアラー」の動力性能は0-100km/h加速が9.2秒、最高速が205km/h(欧州仕様車の場合)。 拡大
136psを発生する1.5リッター直3ターボエンジン。JC08モード燃費は16.8km/リッター。
136psを発生する1.5リッター直3ターボエンジン。JC08モード燃費は16.8km/リッター。 拡大
トランスミッションは6段AT。MINIのようにMTの設定はない。
トランスミッションは6段AT。MINIのようにMTの設定はない。 拡大
オプションの「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」を選択すると、コンバイナ型のヘッドアップディスプレイが装着される。
オプションの「アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ」を選択すると、コンバイナ型のヘッドアップディスプレイが装着される。 拡大

あらためて感じる“定番”の偉大さ

車検証によると、試乗車の前後軸重は前860/後630kgである。前後重量配分は58:42だ。50:50のイーブンを社是としてきたこれまでのBMWからすると、たしかにアクティブツアラーはFFだ。

だが、よりくわしくみると、58:42という数値はFFとしてはイーブンである。ちなみにメルセデスB180と「ゴルフ ハイライン」はともに62:38だ。それほど速くないエンジンでも、ワインディングロードで218iが軽快なハンドリングを見せるのは、そのへんのこだわりの成果かもしれない。

足まわりで残念なのは、乗り心地がいまひとつである。荒れた舗装路だと、タイヤがバタつく。とくに後席では気になった。腰から下だけで、路面の起伏やデコボコをいなす、いわゆるフラット感もBMWにしては乏しい。そういえば「Aクラス」や「Bクラス」も、FRのメルセデスほど乗り心地が洗練されていない。「メルセデス・ライド」と呼びたくなるような乗り味は、AにもBにもまだない。FF車でいい乗り心地をつくるのは実は難しいのかもしれない。

そんなことを考えると、あらためてゴルフはスゴイ! と思った。歴40年と1作目を比べたら酷かもしれないが、218iに乗っていていちばん強く感じたのはこれである。ゴルフは一日にして成らず。

(文=下野康史<かばた やすし>/写真=荒川正幸)

サスペンション形式はMINIと同様に、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクとなる。
サスペンション形式はMINIと同様に、フロントがマクファーソンストラット、リアがマルチリンクとなる。 拡大
左が速度計で、右がエンジン回転計。1.5リッター直3ユニットのレッドゾーンは7000rpmから。
左が速度計で、右がエンジン回転計。1.5リッター直3ユニットのレッドゾーンは7000rpmから。 拡大
試乗車は17インチタイヤを履くが、標準は16インチ。サイズを問わずランフラットとなる。
試乗車は17インチタイヤを履くが、標準は16インチ。サイズを問わずランフラットとなる。 拡大
現時点における日本でのラインナップはシンプルだが、欧州ではこのほか「220i」(2リッター直4の低パワー版)や、「216d」「218d」「220d」など複数のディーゼルが存在し、さらに「214d」(1.5リッター直3で95ps)の追加も発表されている。
現時点における日本でのラインナップはシンプルだが、欧州ではこのほか「220i」(2リッター直4の低パワー版)や、「216d」「218d」「220d」など複数のディーゼルが存在し、さらに「214d」(1.5リッター直3で95ps)の追加も発表されている。 拡大

テスト車のデータ

BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー

ボディーサイズ:全長×全幅×全高=4350×1800×1550mm
ホイールベース:2670mm
車重:1490kg
駆動方式:FF
エンジン:1.5リッター直3 DOHC 12バルブ ターボ
トランスミッション:6段AT
最高出力:136ps(100kW)/4400rpm
最大トルク:22.4kgm(220Nm)/1250-4300rpm
タイヤ:(前)205/55R17 91W/(後)205/55R17 91W(ブリヂストン・トランザT001 RFT<ランフラットタイヤ>)
燃費:16.8km/リッター(JC08モード)
価格:381万円/テスト車=462万3000円
オプション装備:アドバンスド・アクティブ・セーフティ・パッケージ(13万円)/コンフォート・パッケージ(14万4000円)/アドバンスド・パーキング・サポート・パッケージ(14万7000円)/BMWコネクテッド・ドライブ・プレミアム(6万1000円)/17インチ マルチスポーク・スタイリング 481アロイ・ホイール(9万2000円)/電動パノラマ・ガラス・サンルーフ(20万9000円)/ファインライン・ショアー・ウッド・トリム パール・グロス・ハイライト(3万円)

テスト車の年式:2014年型
テスト開始時の走行距離:3345km
テスト形態:ロードインプレッション
走行状態:市街地(2)/高速道路(8)/山岳路(0)
テスト距離:232.1km
使用燃料:18.3リッター
参考燃費:12.7km/リッター(満タン法)/12.7km/リッター(車載燃費計計測値)

BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー 拡大
 
BMW 218iアクティブツアラー ラグジュアリー(FF/6AT)【試乗記】の画像 拡大

関連キーワード:
2シリーズ アクティブツアラーBMW試乗記

あなたにおすすめの記事