メルセデスAMG GT S(FR/7AT)

ライトウェイトスーパーカー! 2015.08.06 試乗記 メルセデススポーツカーの頂点に君臨する「メルセデスAMG GT」に試乗。4リッターV8ツインターボエンジンを搭載し、アルミの骨格を持つGTの真骨頂は軽さ。足どりも軽やかな“ライトウェイトスーパーカー”に仕上がっていた。

よりお手頃かつ民主的に

六本木ファーストビルの車寄せに現れたメルセデスAMG GT Sは、無口になるくらいカッコよかった。ワイドな超ロングノーズに追いやられた2座キャビンが引き締まって見える。プラス30万円のつや消しグレー塗装が「世紀末」的なすごみを与える、かと思えば、1960年代のライトウェイト・ジャガーEタイプ・レーシングを彷彿(ほうふつ)させるような、本格的“サーキットもの”のすごみもある。渋滞の町なかから高速道路まで、このクルマは至るところで熱い視線を浴びたが、たしかにこれは見ちゃうと思う。

メルセデスAMG GTシリーズは、メルセデススポーツカーの最高峰である。ポジションとしては、「SLS AMG」の後釜ということになるが、AMGのV8エンジンは6.2リッターから直噴4リッターツインターボにダウンサイジングし、価格は1000万円近く安くなり、浮世離れしたガルウイングドアもやめた。だいぶお手頃(笑)かつ民主的に生まれ変わったわけだが、0-100km/h:3.8秒という超高性能ぶりは負けていない。

4年前、SLS AMGで家に乗って帰ったら、開けたガルウイングドアが車庫の梁(はり)にぶつかりそうになって肝を冷やした。その前の「SLRマクラーレン」に乗ったときは、夏でもないのにボンネットから陽炎(かげろう)が上がっていて、火事になるかと思った。なんてことを思い出すと、超ド級メルセデスに乗るのは、正直、気が重い。

だが、車寄せから延びるスロープを駆け上り、一般道に出て最初の直角カーブを曲がると、このスーパーメルセデスは、ヘリウムのように軽かった。

今回テストしたのはより高性能な「GT S」(1840万円)のほう。標準仕様の「GT」(1580万円)は2015年9月以降に発売の予定。
今回テストしたのはより高性能な「GT S」(1840万円)のほう。標準仕様の「GT」(1580万円)は2015年9月以降に発売の予定。
適度なタイト感が演出されたスポーティーなインテリア。ハンドル位置は右と左から選べる。
適度なタイト感が演出されたスポーティーなインテリア。ハンドル位置は右と左から選べる。
ボディーのスリーサイズは4550×1940×1290mm。Cd値は0.36。
ボディーのスリーサイズは4550×1940×1290mm。Cd値は0.36。
ボディーカラーはセレナイトグレーマグノと呼ばれるつや消しグレー。29万8000円のオプション。
ボディーカラーはセレナイトグレーマグノと呼ばれるつや消しグレー。29万8000円のオプション。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

AMG GTの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • アウディRS 3セダン(4WD/7AT)/RS 3スポーツバック(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.4.3 試乗記 アウディの高性能ハッチバック「RS 3スポーツバック」がマイナーチェンジ。さらなるパワーアップを果たした最新型の走りを、新たに追加された4ドアモデル「RS 3セダン」と併せて、中東・オマーンでテストした。
  • ブガッティ・シロン(4WD/7AT)【海外試乗記】 2017.3.27 試乗記 1500psから420km/hという最高速を繰り出す「ブガッティ・シロン」に試乗。その桁外れの動力性能は驚きに値するが、それにも増して感動的だったのは、どんな状況でもこのクルマを100%信頼できるという感触が備わっていることだった。
ホームへ戻る