スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表

2016.07.26 自動車ニュース
新型「スバル・インプレッサ スポーツ」(手前)と「インプレッサG4」。
新型「スバル・インプレッサ スポーツ」(手前)と「インプレッサG4」。

富士重工業は2016年7月26日、同年秋に発売予定の新型「インプレッサ」の日本仕様車を公開した。

 
スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表の画像
 
スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表の画像
歩行者保護エアバッグ
歩行者保護エアバッグ

■次世代プラットフォームをはじめとした新技術を多数採用

5代目となる新型インプレッサは、スバルが次世代商品群の第1弾として位置づけているモデルである。次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」をはじめとした、さまざまな新技術を投入しており、総合安全性能と、動的質感、静的質感が大幅に向上しているという。

具体的には、安全性に関する点では運転支援システムの「アイサイト(ver.3)」と、スバルとしてはこれが初となる歩行者保護エアバッグを全車に標準装備。「スバルリヤビークルディテクション」(後側方警戒支援システム)やハイビームアシスト、ステアリング連動ヘッドランプなどもオプションで用意される。また、新プラットフォームの採用により危険回避性能を向上させたほか、衝突エネルギーの吸収量を現行車の1.4倍とするなど、衝突安全性能を飛躍的に高めている。

動的質感については、ボディーとサスペンションの剛性を大幅に向上させたことで、不快な振動騒音をなくすとともに、思い通りの走りと快適な乗り心地を実現。パワーユニットには可変バルブ機構の「デュアルAVCS」と筒内直接燃料噴射機構を備えた「FB20」型2リッター水平対向4気筒エンジンを採用している。

静的質感に関しては、新しいデザインコンセプト「DYNAMIC×SOLID」を量産モデルとして初めて全面採用し、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現したという。

主要諸元

インプレッサ スポーツ
・全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm
・ホイールベース:2670mm
・駆動方式:FF/4WD 
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
・最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
・乗車定員:5人

インプレッサG4
・全長×全幅×全高:4625×1775×1455mm
・ホイールベース:2670mm
・駆動方式:FF/4WD 
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
・最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
・乗車定員:5人

(webCG)

→新型「スバル・インプレッサ」の詳しい写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

インプレッサスポーツの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • スバル・インプレッサG4 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.21 試乗記 新型「スバル・インプレッサ」のセダンモデル「G4」に試乗。販売の主力となっているハッチバックモデルではなく、あえてマイナーなセダンを選ぶ理由はあるのか? 2リッターエンジン+18インチアルミホイールの上級グレードで検証した。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • クロスオーバー「スバルXV」の新型がデビュー 2017.4.6 自動車ニュース スバルは2017年4月6日、クロスオーバーモデル「XV」の新型を発表した。同年5月24日に発売する。価格は「XV 1.6i EyeSight」の213万8400円から、「XV 2.0i-S EyeSight」の267万8400円まで。
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • マツダCX-5 20Sプロアクティブ(FF/6AT)【試乗記】 2017.4.14 試乗記 2リッターのガソリンエンジンを搭載する「マツダCX-5」のベースグレード、「20S」に試乗した。ディーゼルモデルが圧倒的な人気を集めるCX-5のラインナップにおいて、パワーもトルクも控えめに映る20Sの“存在意義”とは? その魅力を探った。
ホームへ戻る