スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表

2016.07.26 自動車ニュース
新型「スバル・インプレッサ スポーツ」(手前)と「インプレッサG4」。
新型「スバル・インプレッサ スポーツ」(手前)と「インプレッサG4」。 拡大

富士重工業は2016年7月26日、同年秋に発売予定の新型「インプレッサ」の日本仕様車を公開した。

 
スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表の画像 拡大
 
スバルが新型「インプレッサ」の日本仕様車を発表の画像 拡大
歩行者保護エアバッグ
歩行者保護エアバッグ 拡大

■次世代プラットフォームをはじめとした新技術を多数採用

5代目となる新型インプレッサは、スバルが次世代商品群の第1弾として位置づけているモデルである。次世代プラットフォーム「スバルグローバルプラットフォーム」をはじめとした、さまざまな新技術を投入しており、総合安全性能と、動的質感、静的質感が大幅に向上しているという。

具体的には、安全性に関する点では運転支援システムの「アイサイト(ver.3)」と、スバルとしてはこれが初となる歩行者保護エアバッグを全車に標準装備。「スバルリヤビークルディテクション」(後側方警戒支援システム)やハイビームアシスト、ステアリング連動ヘッドランプなどもオプションで用意される。また、新プラットフォームの採用により危険回避性能を向上させたほか、衝突エネルギーの吸収量を現行車の1.4倍とするなど、衝突安全性能を飛躍的に高めている。

動的質感については、ボディーとサスペンションの剛性を大幅に向上させたことで、不快な振動騒音をなくすとともに、思い通りの走りと快適な乗り心地を実現。パワーユニットには可変バルブ機構の「デュアルAVCS」と筒内直接燃料噴射機構を備えた「FB20」型2リッター水平対向4気筒エンジンを採用している。

静的質感に関しては、新しいデザインコンセプト「DYNAMIC×SOLID」を量産モデルとして初めて全面採用し、スバルの次世代を担うコンパクトカーとしてクラスの枠にとらわれない高い質感を実現したという。

主要諸元

インプレッサ スポーツ
・全長×全幅×全高:4460×1775×1480mm
・ホイールベース:2670mm
・駆動方式:FF/4WD 
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
・最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
・乗車定員:5人

インプレッサG4
・全長×全幅×全高:4625×1775×1455mm
・ホイールベース:2670mm
・駆動方式:FF/4WD 
・トランスミッション:CVT
・パワーユニット:2リッター水平対向4 DOHC 16バルブ
・最高出力:154ps(113kW)/6000rpm
・乗車定員:5人

(webCG)

→新型「スバル・インプレッサ」の詳しい写真はこちら
 

関連キーワード:
インプレッサスポーツインプレッサG4スバル自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • スバル・インプレッサスポーツ2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2016.12.9 試乗記 フルモデルチェンジした「スバル・インプレッサスポーツ」に試乗。新世代プラットフォームと直噴化された水平対向エンジンがもたらす走りや、最新の運転支援システムの使い勝手を、2リッターの4WDモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサスポーツ1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.3.8 試乗記 新世代のプラットフォームを採用した「スバル・インプレッサ」の1.6リッターモデルに、清水草一が試乗。その走りや乗り心地を、2リッターモデルとの比較も交えながら詳しくリポートする。
  • スバルが「インプレッサ」を一部改良 アイサイトの機能強化 2017.9.11 自動車ニュース スバルは2017年9月11日、「インプレッサ」に一部改良を実施し、同年10月5日に発売すると発表した。先進運転支援システム「アイサイト」の夜間走行における歩行者認識性能を強化したほか、後退時自動ブレーキシステムを追加した。
  • マツダ・アテンザ【開発者インタビュー】 2018.5.26 試乗記 現行型「マツダ・アテンザ」が、デビュー6年目にして4回目の改良を受けた。過去に例を見ないほどの“ビッグマイナーチェンジ”は、なにを意図してのものなのか? マツダのフラッグシップモデルを進化させるという重責を担った、主査の脇家 満さんに話をうかがった。
  • スバルWRX S4 2.0GT-S EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.11.16 試乗記 スバルが、デビューから3年を経たスポーツセダン「WRX S4」に、再びの改良を実施。BMWやアウディとの比較によって磨かれたという、静的質感や静粛性、そしてスポーティーな走りと快適な乗り心地の両立に、熟成された機械ならではの“豊かさ”を感じた。
ホームへ戻る