トヨタ、小型ロボット「KIROBO mini」を2017年に発売

2016.10.03 自動車ニュース
「KIROBO mini」
「KIROBO mini」

トヨタ自動車は2016年10月3日、人とのコミュニケーション可能な小型ロボット「KIROBO mini(キロボ ミニ)」を、トヨタ車両販売店を通じて2017年に発売すると発表した。価格は3万9800円となる見込み。なお、全国販売に先駆け、東京都・愛知県の一部販売店にて今冬の先行販売を計画しており、WEBによる事前予約受け付けの予定もあるという。

「KIROBO mini」の概要を説明する、トヨタ自動車 MS製品企画部 主査 片岡史憲氏(左)と、同専務役員 吉田守孝氏(右)。片岡氏の持つKIROBO miniはクレードルに乗っている。


	「KIROBO mini」の概要を説明する、トヨタ自動車 MS製品企画部 主査 片岡史憲氏(左)と、同専務役員 吉田守孝氏(右)。片岡氏の持つKIROBO miniはクレードルに乗っている。
バッテリーレベルが低下すると、眼のLEDが消灯する。
バッテリーレベルが低下すると、眼のLEDが消灯する。
座高10cm/体重183g。連続コミュニケーション可能時間は約2.5時間。
座高10cm/体重183g。連続コミュニケーション可能時間は約2.5時間。

■人に寄り添い、心を通わせる存在に

KIROBO miniは、国際宇宙ステーションに滞在し、ロボット宇宙飛行士として活躍した「KIROBO」の小型バージョン。2015年の東京モーターショーで初公開されており、今回、詳細な機能や発売予定が明らかにされた。本体と、専用アプリ(利用料は月額300円程度)をインストールしたスマートフォンとをBluetoothでつなぐことで、さまざまなコミュニケーションが可能になる。人に寄り添い、心を通わせる存在を目指して開発されたという。

KIROBO miniは最初は幼児ほどの知識しかもたないが、コミュニケーションをとるたびに話しかけた人の好みを覚え、その人に合わせた会話をするように成長していくとアナウンスされている。また、内部にカメラや複数台のマイクを内蔵しており、表情で感情を読み取ったり、話しかけた人の方向に顔を向け、顔や手を動かしながら雑談することが可能だという。さらに、クルマや家から取得した情報を踏まえて「お風呂が沸いているよ」といった、状況に応じた会話もできる。

なお、トヨタ自動車は、幕張メッセ(千葉市美浜区)で開催される「CEATEC JAPAN2016」(開催期間:2016年10月4日~7日)にKIROBO miniを出展。コミュニケーションが体験できる。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。