第19回 ゼイタクは敵(その3)

2016.11.29 エッセイ

中古車の悲しいオーディオ環境

いよいよ理想的な欧州の牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」の契約書に判を捺(お)した私だが、納車前の注文として、カーオーディオの入れ替えをお願いした。

09年式デルタの純正オーディオは、残念ながらCDとラジオにしか対応していない。今時いちいちCDを入れ替えするなど面倒すぎるし、ラジオはあまり聴かない。現代のオーディオ機器(iPhoneとか)に対応するためには、オーディオを更新せねばならぬ。

考えてみれば、2010年式の我が宇宙戦艦号こと「フェラーリ458イタリア」も、オーディオは旧態依然としている。CDとラジオ、あとはハードディスク(再生したCD音源をため込むヤツ?)がついているのみだ。

以前間違ってハードディスクを再生したところ、AKB48らしき若い女子たちのポップな歌声が聴こえてきて度肝を抜かれた。どうやら前オーナーがAKBファンだったらしい。乃木坂46かもしれないが。

しかも、入っていたのはそのアルバム1枚だけ! こればっかり聴いていたのだろうか……。

新車で458イタリアを購入された方が、車内でAKBばっかり聴いていた(かもしれない)。ある意味衝撃的な事実だが、消去方法がわからないのでそのままにしてある。

もともとフェラーリはエキゾーストサウンドがミュージックなので、オーディオは不要! 普通のミュージックなんか聴いてられっか! というのが22年前から私のスタンスだが、それでもたまに普通のミュージックがないのが寂しくなることがある。そんな時は、グローブボックスに出ているUSBコネクターを思い出して、ちょっと悲しくなる。

筆者の新たな牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」。
宇宙戦艦号こと「フェラーリ458イタリア」と筆者。(写真=池之平昌信)
愛車の「458イタリア」でiPhoneを充電しながら、音楽を再生している様子。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。