第18回 ゼイタクは敵(その2)

2016.11.22 エッセイ

魔球 S660

スーパーエリート号こと「BMW 335iカブリオレ」を下取りに出し、欧州のオシャレ牛丼カー「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」を買うことに決めた私だったが、その続きを書く前に、昨年半年間だけ所有していた「ホンダS660」について触れておかねばなるまい。

私はカーマニアであるから、感動的なニューモデルが出ると漏れなく欲しくなる。「意気に感じる」というヤツである。そのすべてを買うことはできないが、S660はあまりにも素晴らしすぎて、買わずにはいられなかった。

どこが素晴らしかったかといえば、あんなにちっこいのに本物のスーパーカーだったのだ!

カッコは「サンバルギーニ・コカウンタック」の本格派版、つまりほぼ完璧なスーパーカーの縮小版。加速は軽そのものだが、コーナリング性能は現代のスーパーカーと真剣に肩を並べる。こんな冗談みたいなクルマなのに中身は超本気の本物! そこに感動しまくった。

ほぼ同じ頃に登場した「マツダ・ロードスター(ND)」にも大感動したが、私が買ったのはS660の方だった。ド真ん中の直球スポーツカーであるロードスターより、「世界初の超小型スーパーカー」という魔球・S660により強くそそられた。

我が家の自家用車の定数は「3」だが、無理してそれを「4」にしてまでS660を購入したのは、人間国宝を目指すカーマニアの心意気でもあった。

桜島をバックにポーズをキメる筆者と、愛車の「ホンダS660」。(写真=池之平昌信)
桜島をバックにポーズをキメる筆者と、愛車の「ホンダS660」。(写真=池之平昌信)
「サンバルギーニ・コカウンタック」は福田モータース(群馬県前橋市)がS49年式の「スバル・サンバートラック」をベースに、3年3カ月をかけて製作したクルマ。「ランボルギーニ・カウンタックLP400S」をモチーフとしたのだろうか。
「サンバルギーニ・コカウンタック」は福田モータース(群馬県前橋市)がS49年式の「スバル・サンバートラック」をベースに、3年3カ月をかけて製作したクルマ。「ランボルギーニ・カウンタックLP400S」をモチーフとしたのだろうか。
「マツダ・ロードスター(ND)」
「マツダ・ロードスター(ND)」

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

S660の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。

関連記事 ホームへ戻る