第520回:大矢アキオのフランクフルトショー2017(前編)
自動車が『文春』にコネクトされる日がやってくる!?

2017.09.22 マッキナ あらモーダ!

本当に“ぶっちぎった”日産

毎度のことながら、フランクフルトショーに赴くときの心境は複雑だ。

イタリアではまだ海に遊びに行ける季節なのに、アルプスを越えただけで気温が一気に10度近く下がる。おかげで夏休みモードが吹っ飛び、仕事モードへのギアチェンジを迫られる。

しかし世界の自動車ショーの中でも、フランクフルトはトレンドを占う格好のショーだけに、期待が高まるのも毎回同じだ。特に近年は毎日のように「自動運転車が登場したら1日でも早く欲しい」と思っているがゆえに、ドイツ主要ブランドのコンセプトカーから目が離せない。

第67回となる今回のテーマは「Future Now」だ。日本語にすれば「未来なう」といったところである。

ドイツ自動車工業会のマティアス・ヴィースマン会長によると、今回はワールドプレミアが228(前回は219)、欧州プレミアが64、そしてドイツ国内プレミアが32という。

ただし今回はFCA、プジョー、三菱、そしてインフィニティを含む日産などが参加しなかった。「いよッ、これが本当の『ぶっちぎれ 技術の日産』か」と、くだらないことを思いついたのはともかく、2014年12月にモーターショー出展削減を発表したボルボにならう動きは、今も続いている。

それはともかく、奇抜な手法をみせてくれたのは三菱だ。メインゲートのすぐ脇のレストランの軒先に車両を展示したのだ。晴海時代の東京モーターショーを知る筆者としては、会場のすぐそばで、会期中独自に展示会を催していた日産プリンスの販売店を思い出した(日産そのものは会場内にも出展していたが)。今回の三菱はメーカーがある程度関与しているのか、それとも現地販社の独断かは不明だが、こうした“ゲリラ戦法”は今後、模倣組が出てくるかもしれない。

フランクフルトモーターショー2017の会場から。フォルクスワーゲンは「T-Roc」を新型市販モデルの主役としてアピールした。コンパクトなBセグメントのクロスオーバーというコンセプトは、今から成功をイメージさせる。
フランクフルトモーターショー2017の会場から。フォルクスワーゲンは「T-Roc」を新型市販モデルの主役としてアピールした。コンパクトなBセグメントのクロスオーバーというコンセプトは、今から成功をイメージさせる。
BMWのプレスブリーフィングから。EVライン「i」シリーズにおいて近い将来中核となる「iビジョンダイナミクス」(写真中央)が公開された。
BMWのプレスブリーフィングから。EVライン「i」シリーズにおいて近い将来中核となる「iビジョンダイナミクス」(写真中央)が公開された。

フランクフルトショー会場のエントランス脇、レストランの前に設営された三菱自動車のテント。


	フランクフルトショー会場のエントランス脇、レストランの前に設営された三菱自動車のテント。
大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住21年と脈絡なき人生を歩んできたものの、おかげで妙に顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーターとして執筆活動に携わると共に、NHKラジオフランス語テキストでも活躍中。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』レギュラーリポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストなど、ラジオでも奮闘している。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。

あなたにおすすめの記事
新着記事