【スペック】全長×全幅×全高=3900×1695×1475mm/ホイールベース=2490mm/車重=1010kg/駆動方式=FF/1.3リッター直4DOHC16バルブ(84ps/5400rpm、11.4kgm/4000rpm)/価格=140万円(テスト車=150万円/SKYACTIVパッケージ1=5万円、SKYACTIVパッケージ2=5万円)

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(FF/CVT)【試乗記】

孤高の“燃費スペシャル” 2011.08.10 試乗記 マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(FF/CVT)
……150万円

ハイブリッド並みの燃費をウリにする、「マツダ・デミオ」の新グレードに試乗。ホントにそんなに走れるの!? 『webCG』のコンドーと関がテストしてみた。

モーターよりもチューニング

関(以下「せ」):「マツダ・デミオ」もデビューから4年。この夏は、いろいろと手直しが実施されました。
コンドー(以下「コ」):早いもんや。でも、見た目は全然古くなってへん。相変わらず、キレのあるきれいなデザインやね。

せ:フロントまわりは、ちょっとだけ化粧直し。グリルとエアインテークの形が新しくなってます。
コ:青のアイシャドウ入ってんで! 「スバル・エクシーガ」みたいや。まあ、あっちはマイチェンで青い目をやめたけど。
せ:それはいい目の付けどころ。新グレード「13-SKYACTIV」だけの特徴です。ちなみに、読みは「イチサン・スカイアクティブ」。ジュウサンじゃなくて。

コ:わかってるって。30km/リッター走れるとかいうヤツやろ? カタログの燃費値は、先に出たホンダの「フィットハイブリッド」と同じ。
せ:でも「デミオ13-SKYACTIV」は、ハイブリッドカーじゃないんです。モーターが付いてない、純粋なガソリンエンジン車なんです!

コ:排気量小さくして、ターボとか? 何かしら秘密があるやろ?
せ:そういう“飛び道具”は一切なし。多孔式の直噴インジェクターや、独自のくぼみをもつピストン、冷却した排ガスを戻して燃焼室の温度を下げる「クールドEGR」などなど、既存の構成部品を見直しながら、圧縮率の高い“燃費の稼げる”エンジンに仕上げたというわけで。
コ:たしかマイナーチェンジ前から、ミラーサイクルエンジン積んだ、リッター23kmのグレード(13C-V)があったよな。

せ:今回はさらに、ピストン、コンロッドあわせて99g×4気筒=396g、クランクシャフトも715gの軽量化を実施。各パーツの摩擦抵抗も抑えられて――
コ:まるで、レーシングカーの話みたいや。「ロードスター」の開発でもそうやったけど、『プロジェクトX』入ってんなぁ、マツダ。

せ:これから10年、ハイブリッドやプラグインハイブリッドなど“モーター付き”が増えたところで、ベースの内燃機関はそうそう減らない。だから「エンジンそのものを磨かないと、明るい未来はありえない!」というのがマツダの主張なんです。
コ:たしかに、カタログ上(10・15モード:30.0km/リッター、JC08モード:25.0km/リッター)は、ハイブリッド並み。排気量小さくしてターボ付けるより、高い燃焼効率が得られるとも主張してはる。
せ:製造コストの点でも、パーツ点数の少ないスカイアクティブのほうが優れているというわけですね。

コ:でも、ホントのところはどうやろ? それに、クルマで大事なんは燃費だけやない。走りもシュッとしといてもらわんと。
せ:今回の仙台〜東京間(約420km)は、あえて燃費を意識しないで乗ってみるとしますか。さて、リッター何キロ走れるか??

わずかにフロントまわりのデザインが変更された「マツダ・デミオ」。ヘッドランプ内の青いリングは、新グレード「13-SKYACTIV」のみに与えられる。
わずかにフロントまわりのデザインが変更された「マツダ・デミオ」。ヘッドランプ内の青いリングは、新グレード「13-SKYACTIV」のみに与えられる。
燃費を稼ぐべく数々の技術が投入された、新型エンジン「スカイアクティブG 1.3」。これまでの「デミオ」用1.3リッターユニット(1348cc)に比べ、排気量は50cc小さくなっている。
燃費を稼ぐべく数々の技術が投入された、新型エンジン「スカイアクティブG 1.3」。これまでの「デミオ」用1.3リッターユニット(1348cc)に比べ、排気量は50cc小さくなっている。
写真のボディカラー「アクアティックブルーマイカ」は、「13-SKYACTIV」の専用色。14インチのホイールサイズは他1.3リッターモデルと同様だが、そのデザインはオリジナルだ。
写真のボディカラー「アクアティックブルーマイカ」は、「13-SKYACTIV」の専用色。14インチのホイールサイズは他1.3リッターモデルと同様だが、そのデザインはオリジナルだ。

マツダ・デミオ 13-SKYACTIV(FF/CVT)【試乗記】の画像
関連記事
  • マツダ・デミオXDツーリング(FF/6AT)/デミオ13Sツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.2.23 試乗記 発売から1年あまり、「マツダ・デミオ」がドライバーとの人馬一体感を深める改良を受けた。その進化のほどは? 「デミオXDツーリング」と「デミオ13Sツーリング Lパッケージ」に試乗した。
  • マツダ・デミオXDツーリング Lパッケージ(FF/6AT)【試乗記】 2016.12.12 試乗記 理想とするドライブフィールの実現に、並々ならぬ執念を見せるマツダ。今回の「デミオ」の一部改良でも、前後のサスペンションにはマニアックな変更が加えられていた。公道での試乗インプレッションとともに、変更のポイントをつぶさに紹介する。
  • マツダ・デミオ15MB(FF/6MT)【試乗記】 2016.3.29 試乗記 マツダが「デミオ」に設定している「15MB」というグレードは、モータースポーツへの参加を想定した競技向けのベース車両である。しかし、モータースポーツに参加する予定がない人にも、大いに薦めたいモデルだ。その理由は……。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • マツダ・アクセラスポーツ/アテンザワゴン/デミオ【試乗記】 2017.1.26 試乗記 マツダの現行ラインナップに北海道・剣淵のテストコースで試乗。彼らが独自のシャシー制御技術とマン・マシン・インターフェイスに対する“こだわり”によって追及しているものとは何か? 雪上でのドライビングを通して確かめた。
  • マツダ、「デミオ」に先進安全技術を標準装備し発売 2017.4.20 自動車ニュース マツダが、コンパクトカー「デミオ」の全グレードにおいて運転支援システム「i-ACTIVSENSE」を標準装備化。生産時期は、「13C」およびオーディオレス車は6月以降、「15MB」は7月以降となる予定。
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • 特別な仕立ての「BMW 318i」200台限定で発売 2017.5.11 自動車ニュース BMWジャパンは2017年5月11日、洗練されたスタイリングとモダン&クラッシックなインテリアでスタイリッシュ感を高めたという特別仕様車「BMW 318iクラシック」を、200台限定で発売した。
  • ケータハム・セブン スプリント(FR/5MT)【試乗記】 2017.5.1 試乗記 「ロータス・セブン」の魅力を今日に伝える「ケータハム・セブン」に、“オリジナル・セブン”の誕生60周年を祝う限定モデル「セブン スプリント」が登場。クラシカルなデザインとプリミティブな走りがかなえる唯一無二の魅力に触れた。
  • トヨタ・ヴィッツ ハイブリッドU“Sportyパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】 2017.4.7 試乗記 「トヨタ・ヴィッツ」に、マイナーチェンジでハイブリッドモデルが登場。デビュー7年目のBセグメントコンパクトに、大幅改良が施された“理由”とは? 新たに誕生したハイブリッドコンパクトの出来栄えとともにリポートする。
ホームへ戻る