第12回:あそこからの風景が大好きだった……イタリアの空中食堂消える。

2007.10.13 エッセイ

第12回:あそこからの風景が大好きだった……。イタリアの空中食堂消える。

クルマの時代の象徴

先日、F1上海グランプリのテレビ中継を観ていて、個人的に度肝を抜かれたのは、巨大な連絡橋だ。メインスタンドとパドック側を繋ぐのに、大胆にコースをまたいでいるのだ。
それを見ていてボクが連想したのは、イタリアのサービスエリア。高速道路・アウトストラーダのサービスエリアにある、跨線橋式リストランテ(レストラン)である。
上海サーキットの連絡橋の壮観さには遠く及ばないが、同様に道をまたぐようにして造られている。
お客は上下両車線のサービスエリアから、それぞれ階段を上って入れるようになっている。そして眼下に走るクルマを眺めながら、食事をする仕組みだ。

イタリアにおけるサービスエリア食堂の草分けアウトグリル社によると、こうした跨線橋方式のリストランテが最初にできたのは45年前の1962年で、北部ミラノ〜トリノ線だったという。
国民車「フィアット500」がデビューして5年。一般イタリア人にもクルマが行きわたり始め、ドライブやヴァカンスが定着し始めた時期である。カーラジオからは、前年のサンレモ音楽祭優勝カンツォーネ「アル・ディ・ラ」が盛んに流れていたに違いない。

やがてアウトストラーダの拡充にともない、各地に陸橋式リストランテが次々と誕生した。
当時の記録映像を見ると、白いテーブルクロスが敷かれ、パリッと正装した給仕が注文をとっている。サービスエリアにしては、妙にハイグレードな雰囲気が漂っている。
事実、当時のイタリア人にとって、クルマで“空中食堂”に立ち寄ること自体が、ドライブにおけるひとつのメインイベントだったのだ。

「太陽の道」カンタガッロの跨線橋式リストランテ。
「太陽の道」カンタガッロの跨線橋式リストランテ。
ローマ〜フィレンツェ間にて。
ローマ〜フィレンツェ間にて。
今や普通の建物が主流。それもこれはバールだけの簡易店舗。
今や普通の建物が主流。それもこれはバールだけの簡易店舗。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。