日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止

2005.03.04 自動車ニュース

日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止

フランスにある欧州日産自動車は、「ダカール・ラリー」(通称“パリダカ”)におけるワークス参戦活動を休止すると、2005年3月4日に発表した。

当初同社は、「日産ラリーレイドチーム」として、2003年から4年計画でワークス参戦活動を開始。「日産ピックアップ」という名のプロトタイプマシンを投入し、初年度5位、2年目7位、そして3年目の今年は4位という最高位を残した。

4年で優勝を、という日産ワークスの目標は、しかし今回の休止発表で果たせぬ夢となる。
リリースには、「3年間のワークス参戦活動を通して、ダカールラリーのメインターゲットである欧州市場における同社の認知度およびブランドイメージ向上に貢献し、一定の成果を挙げたと判断した」と記されるが、何しろ日産のボスはモータースポーツにも“シビア”に取り組むカルロス・ゴーン。前倒しで撤退するに至った経緯は想像に難くない。

なおプライベートチームへの技術支援はNISMOを通じて引き続き行う予定という。

(webCG 有吉)

NISMO:
http://www.nismo.co.jp/

日産、ダカール・ラリーのワークス活動を1年前倒しで休止の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。