「ポルシェ911」の50周年記念車が登場【フランクフルトショー2013】

2013.06.04 自動車ニュース
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」
「ポルシェ911 50thアニバーサリーエディション」

【フランクフルトショー2013】「ポルシェ911」の50周年記念モデルが登場

独ポルシェは2013年6月4日、「911」の誕生50周年を記念する特別限定車「911 50thアニバーサリーエディション」を発表した。

ベースとなったのは、最高出力400psを発生する3.8リッター6気筒エンジン搭載の「911カレラS」。RRモデルでありながら、4WDモデルである「カレラ4」ゆずりのワイドボディーを採用しており、フロントエアインテークに備わるクロム仕上げのトリムストリップ、エンジンコンパートメントグリルのフィン、テールランプの間に設けられたパネルなども特徴となっている。
エクステリアでは、このほかにもハイグロス仕上げのウィンドウフレームや、「GT3」などと同じスポーツデザインのドアミラーを採用。専用の20インチホイールは、往年の「フックスホイール」をモチーフにデザインされたもので、カラーリングはマットブラックにポリッシュ加工の組み合わせとなっている。

一方インテリアでは、メーターパネルに50年前と同じくグリーンのインデックスを採用。ホワイトの指針も往年の「911」を意識したもので、ピボット部にはシルバーのキャップがあしらわれている。
レザーシートについても、中央部に1960年代に使用されていた“ぺピータ”タータンをほうふつとさせる千鳥格子のファブリックを採用。運転席と助手席には14wayの電動調整機構が備わっており、オプションで18way調整の「アダプティブスポーツシート・プラス」を選ぶこともできる。
内装色はアゲートグレー/ガイゼルグレー、ブラック/ダークシルバーの2種類の組み合わせから選択が可能。シフトレバーとセレクターレバーはポルシェ エクスクルーシブによってデザインされたもので、ダッシュボードやドア、センターコンソールには、ブラッシュ仕上げのアルミニウム製装飾パネルが装着されている。

装備に関しては、足まわりにトレッドの拡大に合わせて専用のチューニングを施した「ポルシェ・アクティブサスペンション・マネージメントシステム(PASM)」を採用。バイキセノンヘッドライトとダイナミックコーナリングライトを備えた「ポルシェ・ダイナミック・ライトシステム(PDLS)」や、スポーツエキゾーストシステムも標準装備される。

ボディーカラーはガイザーグレーメタリック、グラファイトグレー、ブラックモノクロームの3種類。生産台数は、初代911が1963年に発表されたことにちなんで、1963台の限定となっている。実車の公開は、フランクフルト国際モーターショー(IAA)のプレスデイ初日となる、2013年9月11日を予定。

(webCG)
 

関連キーワード:
911ポルシェフランクフルトモーターショー2013イベント自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2017.10.23 試乗記 ポルシェが誇る、伝統の高性能スポーツモデル「911」。数あるラインナップの中でも、最もスペック的に穏やかな「カレラ」にはどのような魅力があるのか。7段MT仕様の試乗を通し、「ベーシック」の一言では語れないそのキャラクターに触れた。
  • ルノー・メガーヌGT(FF/7AT)【試乗記】 2017.12.29 試乗記 4代目となる「ルノー・メガーヌ」に試乗。シャシーや4輪操舵機構「4コントロール」のチューニングをルノーのモータースポーツ部門が手がけた新型は、ワインディングロードでこそ本領を発揮する、優れたハンドリングマシンに仕上がっていた。
  • アルファ・ロメオ・ジュリア クアドリフォリオ(FR/8AT)【試乗記】 2017.12.22 試乗記 新型「ジュリア」はアルファ・ロメオの復活を印象付ける力作だ。ドライバーズシートに収まり、久しぶりのFRシャシーを操ると、かつて馴染(なじ)んだあの感覚がよみがえる。まるで悪友に再会したような気分だ。510psを誇る「クアドリフォリオ」に試乗した。
  • ポルシェ911カレラ(RR/7MT)【試乗記】 2016.1.22 試乗記 自然吸気の3.4リッターユニットを搭載する従来型の「ポルシェ911カレラ」に試乗。「ターボ」でも「GT3 RS」でもないごく普通のカレラの、しかもMT仕様を選ぶ意義とは? MT派の筆者はこの「素のカレラ」こそがベスト911と考えている。
  • アルピーヌA110プルミエールエディシオン(MR/7AT)【海外試乗記】 2018.1.8 試乗記 伝説的なフランスのコンパクトスポーツ「アルピーヌA110」が、40年の時を経て復活。アルミボディーに直噴ターボエンジンと、モダンな技術が惜しみなく用いられた新型は、同時に往年のアルピーヌに通じるテイストを持つ一台に仕上がっていた。
ホームへ戻る