ポルシェ・カイエンSハイブリッド(4WD/8AT)

次の1点をどちらが取るか 2013.07.02 試乗記 今年でデビュー3年目を迎えた「ポルシェ・カイエンSハイブリッド」に試乗。その進化の度合いとともに、欧州製ハイブリッドの特徴をあらためて検証した。

思えば遠くへ来たもんだ

1990年代の後半に「トヨタ・プリウス」や「ホンダ・インサイト」が出現した時、ヨーロッパの人はハイブリッドという新しい仕組みにそれほど乗り気ではなかったように記憶している。少なくとも、「オー、イエー!」という態度ではなかった。ハイブリッド車は、平均速度が低いうえにストップ&ゴーが連続する日本的な道路環境では効果的かもしれないけれど、高速走行が多いヨーロッパでは燃費が伸びないと彼らは考えたのだ。

当時、ヨーロッパでハイブリッドが盛り上がらない理由として、個人的に「なるほど!」と膝をたたいたのは、自動車評論家の舘内端さんの「キリスト教は一神教だから」という説だった。「モーターとエンジン、神様が2人いる状態はヨーロッパ人としてはキモチ悪いのではないか。一方、八百よろずの神を信仰する日本人はハイブリッドになんの抵抗もない」ということを、舘内さんはおっしゃっていた。

2010年、ついにポルシェの市販モデルにもハイブリッドシステムが搭載された。それが「カイエンSハイブリッド」で、翌11年には日本に導入されている。
久しぶりにカイエンSハイブリッドのステアリングホイールを握りながら、いまやドイツの自動車メーカーにとってハイブリッドがあたりまえの技術になっていることに、思えば遠くへ来たもんだと思う。
ポルシェだけでなくメルセデス・ベンツもアウディもBMWもフォルクスワーゲンも、ハイブリッド車をラインナップしているのだ。先日発表された「ポルシェ918」のプラグインハイブリッドの仕組みを見ても、意外と早く追いつかれてしまったというのが率直な印象だ。

ここでカイエンSハイブリッドの仕組みをおさらいしておきたい。333psを発生する3リッターのV型6気筒ガソリン直噴+スーパーチャージャーユニットに電気モーターが組み合わされ、システム全体で380psを発生する。トランスミッションには8段ATが組み合わされ、0-100km/hを6.5秒で駆け抜ける。
ちなみに4.8リッターNA(自然吸気)のV型8気筒エンジンを積む「カイエンS」の最高出力は400psで、0-100km/h加速は5.9秒。スペックを見る限り、カイエンSハイブリッドの動力性能は4.8リッターNAに近いことがわかる。
2013年モデルのカイエンSハイブリッドのメカニズムは、2011年に日本に導入された時から変わっていないという。けれども市街地を走りはじめてすぐに、フィーリングに変化している部分があることに気付く。

同車のハイブリッドシステムは、エンジンと8段ATの間に多板クラッチとモーターを挟んだもの。8段ATのトルコンは、そのまま残されている。


    同車のハイブリッドシステムは、エンジンと8段ATの間に多板クラッチとモーターを挟んだもの。8段ATのトルコンは、そのまま残されている。
ハンドル位置は右と左のどちらも選択可能。テスト車のドライバーズシートには、オプションのメモリー機能付き電動調整機構が備わっていた。
ハンドル位置は右と左のどちらも選択可能。テスト車のドライバーズシートには、オプションのメモリー機能付き電動調整機構が備わっていた。
メーターナセルの左端には、ハイブリッドシステムのエネルギー制御の状態を表示するメーターが備わる。
メーターナセルの左端には、ハイブリッドシステムのエネルギー制御の状態を表示するメーターが備わる。
3リッターV6スーパーチャージャーエンジンとモーターを組み合わせたパワーユニットは、システム全体で最高出力380ps/5500rpm、最大トルク59.1kgm/1000rpmを発生する。
3リッターV6スーパーチャージャーエンジンとモーターを組み合わせたパワーユニットは、システム全体で最高出力380ps/5500rpm、最大トルク59.1kgm/1000rpmを発生する。

ポルシェ・カイエンSハイブリッド(4WD/8AT)【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

カイエンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る