ダイハツ「ムーヴ」全仕様に自動ブレーキを設定

2013.07.02 自動車ニュース
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS”SA”」
「ダイハツ・ムーヴ カスタムRS”SA”」

ダイハツ「ムーヴ」の全仕様に自動ブレーキを設定

ダイハツ工業は2013年7月1日、軽乗用車「ムーブ」に新グレード「カスタムRS“SA”」を設定し、発売した。

「ムーヴ カスタムRS”SA”」のインパネ。
「ムーヴ カスタムRS”SA”」のインパネ。
新色の「ファインブルーマイカメタリック」。
新色の「ファインブルーマイカメタリック」。

今回の新グレードは、ターボエンジン搭載車である「カスタムRS」をベースに、低速走行時の追突事故回避を支援する自動ブレーキ機能や、シフトミスによる駐車場などでの急発進を防ぐAT誤発進抑制制御などからなる、衝突回避支援システム「スマートアシスト」を装備したものだ。これにより、ムーヴの全グレードでスマートアシストの選択が可能となった。

またボディーカラーも見直され、従来の「シャンパンゴールド」に代わり、新たに「ファインブルーマイカメタリック」が設定された。

価格は、カスタムRS“SA”のFF車が148万円、4WD車が160万1000円。そのほかのグレードは、従来と同価格となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ムーヴの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る