メルセデス・ベンツE400ハイブリッド アバンギャルド

我慢しないハイブリッド 2013.08.01 試乗記 “ビッグマイナーチェンジ”を受けて環境性能を向上させた「メルセデス・ベンツEクラス」。その目玉、Eクラス初となるハイブリッドモデルは、いかなる走りを見せるのか。

黒船、しかも大艦隊

一夜明けたら目の前の海に巨艦がズラリ。ちょうど160年前の日本人が黒船に感じたような威圧感と言ったら大げさに聞こえるかもしれないが、昨年末あたりからの新型輸入車の攻勢に接すると、ジワジワと囲まれるようなプレッシャーを感じるのだ。しかも続々とやって来る新型車は、かつて日本車が明らかに優位であった点、つまり燃費や価格、豊富な装備といった点でももはや引けを取らず、むしろ凌(しの)いでいるものもある。実際に今年は多くのブランドが販売台数を伸ばし、最高記録を更新するのではないかと見られている(今年1~6月の輸入車新規登録台数は前年比+12.6%)。
もっとも、一番脅威を感じているのは一般市民ではなく、事前にペリー来航の情報を得ていた当時の幕府と同じく、手をこまねいていた日本メーカーであることは言うまでもない(日本車は軽自動車を含めた全体で同じく-8%)。

そんな大攻勢の象徴が5月に発売された新しい「メルセデス・ベンツEクラス」だろう。メルセデス・ベンツの中核車種のセダンとステーションワゴンを同時に、しかもパワーユニットは新型直噴2リッター直4ターボからV6クリーンディーゼル、ハイブリッド、それに高性能版AMG用V8ツインターボまで取りそろえ、全部で21車種という大艦隊で攻め込んできた。プラットフォームは従来型を踏襲しているから一応マイナーチェンジの範疇(はんちゅう)に入るものの、一新されたパワートレインや安全装備をはじめ、変更点は計2000カ所以上という大掛かりなもの。どのモデルもそれぞれに魅力的だが、やはり目玉はEクラスとしては初めてのハイブリッド「E400ハイブリッド アバンギャルド」だろう。

従来の「Sクラス ハイブリッド」用システムはV6エンジンとモーターが直結しているタイプ、ホンダの「IMA」と同様にモーターはあくまでエンジンの補助的存在で、モーターのみによる走行はできなかった。新型Eクラスのシステムはその発展型で、エンジンルームに収まるコンパクトなリチウムイオン電池と、20kW(27ps)/250Nm(25.5kgm)を生み出す小型モーターという構成は同じである。15kW/160Nmだった従来型モーターよりは若干パワーアップしているが、例えば「トヨタ・アクア」の駆動モーター(45kW/169Nm)と比較すればその位置づけが変わっていないことが分かる。最大の違いは、3.5リッター直噴V6(306ps/6500rpm、37.7kgm/3500-5250rpm)との間にクラッチが新設され、新型「E400ハイブリッド」は短距離(距離1km、35km/hまで)ではあるがモーター走行ができるように変わったこと。またこのクラッチの新設のおかげで、高速走行時にスロットルを閉じた場合に、エンジンが停止した状態での惰性走行が可能となった。これをメルセデスは“セイリングモード”(160km/hまで)と称する。JC08モード燃費は15.2km/リッターである。

メルセデスの第2世代のハイブリッドシステムを搭載し、35km/hまでならモーターだけで走行することができるようになった。JC08モード燃費は15.2km/リッター。
メルセデスの第2世代のハイブリッドシステムを搭載し、35km/hまでならモーターだけで走行することができるようになった。JC08モード燃費は15.2km/リッター。
ステアリング位置は左のみ。シート表皮は本革が標準。
ステアリング位置は左のみ。シート表皮は本革が標準。
3連メーターの左にハイブリッドメーター(通常は水温計)が配置される。また、中央のマルチファンクションディスプレイに、ハイブリッドシステムのエネルギーフローが表示される。
3連メーターの左にハイブリッドメーター(通常は水温計)が配置される。また、中央のマルチファンクションディスプレイに、ハイブリッドシステムのエネルギーフローが表示される。
306ps(225kW)の3.5リッターV6自然吸気エンジンに、27ps(20kW)のモーターを組み合わせる。走行用のリチウムイオンバッテリーはエンジンルーム内(スカットルの右側)に搭載される。
306ps(225kW)の3.5リッターV6自然吸気エンジンに、27ps(20kW)のモーターを組み合わせる。走行用のリチウムイオンバッテリーはエンジンルーム内(スカットルの右側)に搭載される。
ハイブリッドシステムのエネルギーフローは、インパネ中央のモニターにも表示される。
ハイブリッドシステムのエネルギーフローは、インパネ中央のモニターにも表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Eクラス セダンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • メルセデスAMG E63 S 4MATIC+(4WD/9AT)【海外試乗記】 2017.1.7 試乗記 新型「メルセデス・ベンツEクラス」のラインナップに加わった最強モデル「メルセデスAMG E63 S 4MATIC+」に試乗。Eクラス史上最強の612psを誇るスーパーサルーンの走りをポルトガルの公道とサーキットでチェックした。
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • BMWアルピナB7ビターボ リムジン ロング(FR/8AT)【試乗記】 2017.1.13 試乗記 BMWアルピナのフラッグシップモデル「B7ビターボ リムジン ロング」に試乗。608psの4.4リッターV8ツインターボエンジンを搭載するスーパーリムジンの実力を全方位で探った。
  • BMW M4 GTS(FR/7AT)【試乗記】 2017.1.10 試乗記 BMW M社が、そのモータースポーツテクノロジーを集約して開発した“公道走行も可能”なレーシングマシン「BMW M4 GTS」。巨大なリアスポイラーに、室内から鈍い光を放つロールバーなど、見た目からしてただ者ではないモンスターマシンの走りをリポートする。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)/LC500(FR/10AT)【海外試乗記】 2016.12.23 試乗記 間もなくローンチされるレクサスの新型ラグジュアリークーペ「LC」。同ブランドが初めて挑戦するラージサイズクーペは、どのようなキャラクターを持ち合わせているのか? その出来栄えをスペインで試した。
ホームへ戻る