第319回:懐かしのサイクル走行会「エロイカ」でGO!

2013.10.25 エッセイ

近所でビンテージ自転車イベント!?

ここのところクルマの話が続いたので、今週はちょっとムードを変えよう。
ボクが住むイタリア・シエナでは、自転車のマークとともに「L'Eroica」と記された道路標識が設置されて久しい。
最初は気にとめなかったが、やがてさまざまな所で見かけるようになった。調べてみると「L'Eroica(エロイカ)」とは、県の観光局がサイクリングツーリズム振興のために、カントリーロードを結んだ自転車周遊コースの名称だった。
「Eroica」とはイタリア語で「英雄的な」を意味する。往年のロードレーサーたちをほうふつとさせるに、ふさわしい名前だ。

少し前のことである。そのルートで「エロイカ・ストリカ」と名付けられたイベントがあることを知った。そのイベントの始まりは1997年。実は、前述の道路標識は、そのイベントのルートを一年中誰でも楽しめるようにと配慮したものだった。先に催しありき、だったのである。

イタリア一帯では数年前からロードレースが行われている。だから似たようなものだろうと思って調べてみると、ヒストリック自転車専門だという。ヒストリックと聞いて、ミッレミリアのようにギラギラ気合が入っちゃったものなのかな? と想像してしまい、ほのぼの派のボクは、最初敬遠していた。
しかしイベントの開催当日、前日までの絶望的な雨がうそのように上がったことから、「いっちょ見に行ってみるか」と、沿道に向かった。

朝10時、わが家に近い丘で待っていると、次から次へと参加者がやって来ては通り過ぎてゆく。道ばたから「何時に出発したんですか?」と聞くと、「6時だヨ!」とか「8時ッ!」と、走り去る彼らから次々と声が返ってきた。このイベントは、38km、75km、135km、205kmという4つのコースがあって、それぞれに出発時間が違うのだ。

次にワイン造りで有名なキャンティ・クラシコ地方に移動してみた。収穫真っ盛りのブドウ畑の中を、参加者たちが走り去る。一帯の路面はストラーダ・ビアンカ(白い道=ほこりのたつ砂利道)で、このイベントの売りである。もちろんロードレーサーの細いタイヤにはきつい。事実パンク続出で、あちこちで修理する姿がみられた。

ただしこのイベント、「1987年以前に製造された車両」といった諸規定があるものの、タイムを競うのが趣旨ではないだけに、どこまでものどかである。ヒストリックという言葉から想像した、いやらしさはみじんもなかった。

ロードレーサーだけでなく、いわゆるママチャリも参加していて、こちらは意外にトラブルフリーで頑張っていたりする。また、きつい坂では、サドルから降りて、仲間とおしゃべりを楽しみながら自転車を押している参加者も珍しくない。

シエナ県の各地で見かける「L’Eroica(エロイカ)」の道路標識。
シエナ県の各地で見かける「L’Eroica(エロイカ)」の道路標識。
2013年10月6日に開催された第17回「エロイカ・ストリカ」には、40の国と地域から、クジ引きで選ばれた約5000人が参加した。あるイタリアの雑誌はさながら「ビンテージ自転車のウッドストック・フェスティバル」と評した。
2013年10月6日に開催された第17回「エロイカ・ストリカ」には、40の国と地域から、クジ引きで選ばれた約5000人が参加した。あるイタリアの雑誌はさながら「ビンテージ自転車のウッドストック・フェスティバル」と評した。
トスカーナの典型的風景である糸杉の丘を走り抜ける。下車して押すマイペース派も多数。なお、日本でも「L'Eroica」の公認姉妹イベント「L'英雄」が開催されている。
トスカーナの典型的風景である糸杉の丘を走り抜ける。下車して押すマイペース派も多数。なお、日本でも「L'Eroica」の公認姉妹イベント「L'英雄」が開催されている。
イベントに合わせて、クルマもちょいレトロ。これは別のビンテージ自転車イベントの開催告知チームが乗る元祖「フィアット600」。
イベントに合わせて、クルマもちょいレトロ。これは別のビンテージ自転車イベントの開催告知チームが乗る元祖「フィアット600」。
ドイツ・ミュンヘンから1976年「フィアット132」とともにやってきた参加者。「10年前にフィレンツェで見つけた」とのこと。
ドイツ・ミュンヘンから1976年「フィアット132」とともにやってきた参加者。「10年前にフィレンツェで見つけた」とのこと。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

大矢 アキオ

大矢 アキオ

コラムニスト。国立音楽大学ヴァイオリン専攻卒にして、二玄社『SUPER CG』元編集記者、そしてイタリア在住20年という脈絡なき人生を歩んできたものの、それだけにあちこちに顔が広い。今日、日本を代表するイタリア文化コメンテーター。10年以上にわたるNHK『ラジオ深夜便』リポーター、FM横浜『ザ・モーターウィークリー』季節ゲストをはじめラジオでも活躍中。『Hotするイタリア』『イタリア発シアワセの秘密 ― 笑って! 愛して! トスカーナの平日』(ともに二玄社)、『カンティーナを巡る冒険旅行』『ザ・スピリット・オブ・ランボルギーニ』(ともに光人社)、電子書籍『イタリア式クルマ生活術』(NRMパブリッシング)など数々の著書・訳書あり。