8AT搭載の新型「グランドチェロキー」登場

2013.10.30 自動車ニュース
「ジープ・グランドチェロキー リミテッド」
「ジープ・グランドチェロキー リミテッド」

8AT搭載の新型「ジープ・グランドチェロキー」登場

フィアット クライスラー ジャパンは2013年10月30日、「ジープ・グランドチェロキー」にマイナーチェンジを実施し、同年11月23日に発売すると発表した。


8AT搭載の新型「グランドチェロキー」登場の画像
「ジープ・グランドチェロキー」のインパネまわり。
「ジープ・グランドチェロキー」のインパネまわり。

8AT搭載の新型「グランドチェロキー」登場の画像

8AT搭載の新型「グランドチェロキー」登場の画像
「グランドチェロキーSRT8」
「グランドチェロキーSRT8」

今回のマイナーチェンジでは、従来の5段ATに替えて、ZF社製の8段ATを全車に搭載。また、パワートレインの制御を変えることで燃費を向上させる「エコモード」を新たに採用した。このシステムは、トランスミッションの変速タイミングの変更に加え、エアサスペンション装着車では高速走行時に車高を下げることで空気抵抗を低減し、燃料消費を抑えるというもの。これらの技術の採用により、3.6リッターV6エンジン搭載車では、従来モデルより7.5%ほど優れた8.6km/リッター(JC08モード)の燃費性能を実現。5.7リッターV8エンジン搭載車でも、燃費を約5%改善した。

また、8段ATへの変更によってクロールレシオも44.1:1に引き下げられており、オフロードでの走破性能が向上。けん引能力もV6車で2812kg、V8車で3356kgに向上している。

内外装デザインも一部を見直しており、エクステリアではヘッドランプをよりスリムな形状に変更。全グレードにバイキセノンヘッドランプとLEDクリアランスランプを装備した。リアまわりでは、LEDを用いた大型テールランプや、エアロダイナミクスを考慮した大型リアスポイラーなどを新たに採用。視認性を高めるために、テールゲートの形状も変更となった。またエントリーモデルの「ラレード」を除く全グレードに、デュアルクロムマフラーカッターが標準装着された。

一方インテリアでは、センターパネルにオーディオやBluetooth通信などの機能を操作するための8.4インチタッチスクリーンを装備。メーターパネルは従来のアナログ式から、デジタル液晶のTFT方式7インチマルチビュークラスターディスプレイに変更となった。

また、キーレスエントリー&スタート機能を全車に採用するなど、安全装備を大幅に強化。「ラレード」を除く全グレードに、パークビューリアバックアップカメラとオートハイビームヘッドライトコントロールを採用したほか、上級モデルの「サミット」と「SRT8」には、ブラインドスポットモニターやリアクロスパスディレクション、アダプティブバイキセノンヘッドライト、前面衝突警報、アダプティブクルーズコントロールなどを標準装備している。

ラインナップは、3.6リッターV6エンジンを搭載した「ラレード」と「リミテッド」、5.7リッターV8エンジンの「サミット」、6.4リッターV8エンジンの「SRT8」の4種類。このうち、「サミット」は、従来モデルに設定されていた「オーバーランドサミット」の名称を変更したもので、ブラックのレザーシートを標準装備するほか、Aピラーとヘッドライナーにはスエード調素材を採用している。

ハンドル位置は全グレード右のみの設定。価格は以下の通り。
・ラレード:427万3500円
・リミテッド:542万8500円
・サミット:669万9000円
・SRT8:724万5000円

(webCG)

※写真はいずれも北米仕様
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

グランドチェロキーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「ジープ・レネゲード」に安全装備を強化した限定車 2017.2.2 自動車ニュース FCAジャパンは2017年2月2日、コンパクトSUV「ジープ レネゲード」に特別仕様車「Safety Edition(セーフティエディション)」を設定し、同年2月11日に発売すると発表した。400台の台数限定で、価格は309万9600円。
  • フォルクスワーゲン・ティグアン TSI Rライン(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.11 試乗記 8年ぶりにフルモデルチェンジしたフォルクスワーゲンのコンパクトSUV「ティグアン」に試乗。現段階では、1.4リッターのTSIエンジンに前輪駆動のみの品ぞろえ。インフォテインメントシステムの強化も見どころのひとつだ。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • トヨタC-HR【試乗記】 2017.1.27 試乗記 “新しいクルマづくり”こと「TNGA」が採り入れられた、新世代商品の第2弾モデルとなる「トヨタC-HR」。世界的に成長を続けるコンパクトSUV市場での巻き返しを図って投入された、ニューモデルの実力を測る。
ホームへ戻る