ホンダ・オデッセイ G(7人乗り)プロトタイプ(FF/CVT)/オデッセイ アブソルート EX(7人乗り)プロトタイプ(FF/CVT)

走りのよさはそのままに 2013.10.31 試乗記 見た目も作りも大きく変わった、ホンダのミニバン「オデッセイ」。2種類のプロトタイプに乗って、その仕上がりをチェックした。

この形にはワケがある

「ホンダ・オデッセイ/オデッセイ アブソルート」がフルモデルチェンジを受けた。全長を延ばし、背を高く、そして左右リアドアをスライドドアにした。一言でいうと、“普通のミニバン”になった。日本のミニバンマーケットに追いつくため、である。

これまでは、オデッセイといえば4枚ヒンジドア。運転しても、背高感のない乗用車っぽいドライブフィールで、なんというか「ミニバンにまとわりつく生活臭のなさ」が特徴だったように思う。「クリエイティブ・ムーバー(生活創造車)」という不思議な言葉とともに初代が登場したのは、いまをさかのぼること19年(!)の1994年。当時は、「スライドドア=(商用)ワンボックス」というイメージが強かったから、「アコード」のコンポーネンツを活用しなければならない制約を逆手にとったオデッセイのボディー形状に、「この手があったかぁ!」と大いに感心したものだ。ハンドルを握っても、ちょっと大きなステーションワゴンといった運転感覚。「これなら!」と納得した世のオトウサンも多かったのではないだろうか。

望外の(?)ヒット作となり、ホンダの基幹モデルのひとつとなったオデッセイ。順調に代を重ねてきたが、その変調が顕在化したのは、5年前に先代が出たころからだったという。ワル顔で、グッと車高を落としたイメージ。これまで以上に“走り”を強調したモデルだったが、販売は伸び悩んだ。モデルライフ後半では、決してメジャーとはいえない「スバル・エクシーガ」と登録台数のデッドヒートを繰り広げていて、驚いた記憶がある。

いつのまにか、市場が変わっていた。言い換えると、ミニバンマーケットが成熟したのである。ミニバンからミニバンに乗り換える人が増えると、大抵の人は「もっと広い」クルマを求める。背の低いオデッセイは、ツラい。スライドドアのマイナスイメージも、その便利さにユーザーが慣れるにしたがい、消えていった。ヒンジドアのオデッセイは、下手をすると、車種選択の段階で落とされてしまう。新しいオデッセイは、市場をキャッチアップするため、ガラリと変身する必要があったのだ。

初代誕生以来、初めて両側スライドドアが採用された5代目「オデッセイ」。そのドアからリアに伸びるキャラクターラインが、走りの力強さを主張する。
初代誕生以来、初めて両側スライドドアが採用された5代目「オデッセイ」。そのドアからリアに伸びるキャラクターラインが、走りの力強さを主張する。
アイボリーのソフトパッドが大きく横たわるインテリア。デザインのコンセプトは、「Modern Suite Room」。
アイボリーのソフトパッドが大きく横たわるインテリア。デザインのコンセプトは、「Modern Suite Room」。
赤色に発光する、「オデッセイ アブソルート」の計器盤。
赤色に発光する、「オデッセイ アブソルート」の計器盤。
エアコンのスイッチは、スマートフォンなどを思わせる“タッチパネル式”が採用されている。
エアコンのスイッチは、スマートフォンなどを思わせる“タッチパネル式”が採用されている。

ホンダ・オデッセイ G プロトタイプ/オデッセイ アブソルート EX プロトタイプ【試乗記】の画像

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る