VWが次世代のAV&カーナビシステムを日本に導入

2013.11.15 自動車ニュース
「Discover Pro」

フォルクスワーゲンが次世代のインフォテインメントシステムを日本に導入

フォルクスワーゲン グループ ジャパンは2013年11月14日、新しいインフォテインメントシステム「Discover Pro」を日本に導入すると発表した。

Discover Proは、カーナビゲーションやオーディオ、ハンズフリー通話、車両情報の表示・設定などの機能を統合したシステムである。

フォルクスワーゲングループの新世代プラットフォーム「MQB」を採用したモデルへの搭載を想定して開発しており、日本では「ゴルフVII」のオプション装備として初採用。これから登場する新型モデルへも、順次搭載を予定している。

モニターには8インチのタッチスクリーンを採用しており、スマートフォンと同様のスムーズな操作が可能。ボイスコントロール機能も搭載している。

このほかの、機能ごとの特徴は以下の通り。

■カーナビゲーション
・反応速度の速い大容量64GB SSDによる美しく見やすい地図
・近接センサー搭載によりメニューバーの格納が可能となり、視認性向上
・2画面表示機能(スケールの異なる地図/2D-3D表示など)
・FM VICS/光ビーコン/DSRC車載器(ETC機能付き)の3メディア対応
・定期的な地図更新

■オーディオ/ビジュアル機能
・多彩なメディアに対応(CD/CD-R/CD-RW/DVD/SDカード)
・多様なフォーマットに対応(音楽:MP3/WMA/AAC、動画:AVI/MPEG4/WMV)
・CDの楽曲をSSD内に保存するミュージックサーバー機能搭載
・iPod/iPhone用有線接続インターフェイス
・Bluetoothオーディオ対応
・TVフルセグおよびワンセグチューナー搭載

■電話機能
・Bluetoothによるハンズフリー通話

■車両情報表示
・燃費/走行距離/走行時間/タイヤ空気圧/車両ステータス(警報)など

■車両機能設定
・ドライバーアシスト設定(ACC/Front Assist Plus)/車両設定(ESP/タイヤほか)/日付、時間設定

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。