スズキX-LANDER:“相棒選び”の解決策

2013.11.21 コレはゼッタイ!
スズキX-LANDER
スズキX-LANDER

スズキX-LANDER:“相棒選び”の解決策

終(つい)のクルマとしていつも頭に浮かぶのは、「スズキ・ジムニー」だ。年金がもらえるのかという心配事もあるけれど、老後は釣り道具とサイフォンを積んで、海や山に出掛けて、の~んびりとサンドイッチでも食べて過ごしたい。ジムニーなら悪路にも強いし、維持費もかからない。老後の相棒にはぴったりではないか。

■オープンなのがミソ

いっぽうで、オープンカーで陽光や月光や春風を浴びながらドライブする魅力も捨てがたい。こっちの候補としては、「ホンダS660コンセプト」か、あるいはまだ見ぬマツダの新型「ロードスター」か。
残念なのは、ジムニーとオープンカーの2台持ちができるような甲斐(かい)性がないことだ。断腸の思いでどちらかを選ばなければならない。ジムニーか、オープンか。屋根はあったほうがいいのか、なくすべきか。to be or not to be……。

そんな悩みを一挙解決してくれるのが、スズキのコンセプトカー「X-LANDER(エックス・ランダー)」である。なんとジムニーをベースにしたオープン。ちなみに、1.2リッター直列4気筒エンジンにモーターを組み合わせたハイブリッドモデルである。もちろんフルタイム四駆で、しかもかっちょいい!
これ、出たらすぐ買っちゃいそう。SUVのオープンって違和感があったけれど、考えてみればSUVとは空気のおいしい場所に行くクルマ。オープンでばっちりなのだ。

(文=サトータケシ/写真=峰 昌宏)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。