フォルクスワーゲン・ゴルフヴァリアントTSIハイライン(FF/7AT)

走れるワゴン 2013.12.25 試乗記 「フォルクスワーゲン・ゴルフ」にワゴンモデルの「ゴルフヴァリアント」が加わった。より広いラゲッジスペースを得て実用性が高まった新型の、プラスアルファの魅力とは?

ビジネスマンズエクスプレスとしても

「フォルクスワーゲン・ゴルフ」が7代目の新型に切り替わった時、そのワゴン版である「ゴルフヴァリアント」の発表は見送られた。一挙に全部見せてしまうより五月雨(さみだれ)式に出すほうが、その都度、新型の優位点を繰り返しアピールできていいのだろう。

その新型ゴルフヴァリアントは、従来型と比べて少し長く(+30mm)、少し幅広く(+15mm)、そして低くなって(-45mm)登場した。このクラス(250万~300万円前後)のワゴンの中からライバルを探せば、「プリウスα」や「アテンザワゴン」、「レガシィツーリングワゴン」などが挙げられるが、ゴルフヴァリアントは一見して背が低く、より乗用車感覚の強いワゴンである。

といってもラゲッジスペースが狭いわけではなく、容積の数値を見る限り、ライバル各車より広い。もとよりミニバンもまだまだ流行はすたれておらず活況を呈しているから、ヒトもモノもたくさん積みたい人はそっちを選べばよい。ゴルフヴァリアントはアウトバーンを疾走するエコなスマートワゴンであり、エッチラオッチラ巨体を揺さぶりながら移動するクルマとは異なる。そういう意味ではビジネスマンの速いアシともなりうる。

重心高の高いクルマだって、今や大径タイヤなどでロールセンターを高めて、良好な操縦安定性が確保される時代である。だが、やはり背を低くした、重心高の低いクルマがもつ本質的な安定感には代えがたいものがある。だからコレはスポーツワゴンの仲間に入れてもいい。

バリエーションは「ハイライン」(1.4リッター:写真)と「コンフォートライン」(1.2リッター)の2種類。
バリエーションは「ハイライン」(1.4リッター:写真)と「コンフォートライン」(1.2リッター)の2種類。
荷室容量は605リッター(VDA法)。従来モデルと比較して100リッター大きくなった。(クリックするとシートが倒れる様子が見られます)
荷室容量は605リッター(VDA法)。従来モデルと比較して100リッター大きくなった。(クリックするとシートが倒れる様子が見られます)
インパネのデザインはハッチバックモデルに準じ、センターパネルが若干、ドライバー側に傾いている。
インパネのデザインはハッチバックモデルに準じ、センターパネルが若干、ドライバー側に傾いている。
オプションの「Discover Proパッケージ」を選択すれば、8インチ液晶パネルにナビゲーションが表示される。
オプションの「Discover Proパッケージ」を選択すれば、8インチ液晶パネルにナビゲーションが表示される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る