プジョーが新型「308SW」の概要を発表

2014.01.08 自動車ニュース
「プジョー308SW」
「プジョー308SW」

プジョーが新型「308SW」の概要を発表

仏プジョーは2014年1月6日、新型「プジョー308SW」の概要を発表した。

 
プジョーが新型「308SW」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「308SW」の概要を発表の画像
 
プジョーが新型「308SW」の概要を発表の画像

308SWは、2013年9月のフランクフルトショーで発表された新型「308」をベースとしたステーションワゴン。プジョーは同車を2014年3月のジュネーブモーターショーで世界初公開し、同年春にフランスで発売、その後ヨーロッパ諸国で販売を開始するとしている。

ボディーサイズは全長4.58m、全高1.47mで、トランクルームには610リッター(VDA基準)の容量を確保。シートの可倒機構はトランクルーム側から操作可能なほか、格納時には床面をフルフラットにできる。

また、新開発のプラットフォーム「EMP2」の採用により、現行モデルより140kgの軽量化を実現。パワーユニットには欧州の排出ガス規制「ユーロ6」に適合するガソリンエンジンとディーゼルエンジンを設定しており、BlueHDiモデルではCO2排出量を85g/kmに抑えている。

なお、日本での発売については、2014年秋以降の予定となっている。

(webCG)
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

関連記事
  • プジョー508SW GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.25 試乗記 2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された、プジョーのフラッグシップワゴン「508SW GT BlueHDi」に試乗。「GT(グランドツアラー)」の称号が与えられた新グレードの乗り味やいかに?
  • プジョー508SWグリフ(FF/6AT)【試乗記】 2015.5.12 試乗記 プジョーのフラッグシップモデル「508」がマイナーチェンジ。果たして、最新型の実力は……? ワゴンの上級モデルに試乗してわかった、走りや乗り心地を報告する。
  • プジョー508GT BlueHDi(FF/6AT)【試乗記】 2016.8.16 試乗記 プジョーのラグジュアリーモデル「508」に、2リッターのクリーンディーゼルエンジンが搭載された。「GT」の2文字が示す通り、スポーティーなフラッグシップに生まれ変わったのがポイントだ。セダンの「508GT BlueHDi」に試乗した。
  • ランドローバー・ディスカバリーTd6/ディスカバリーSi6【海外試乗記】 2017.3.16 試乗記 フルモデルチェンジを受けた「ランドローバー・ディスカバリー」に米国で試乗。アルミモノコックボディーを採用するなど“革新的”な進歩を遂げた新型は、オンロードの洗練と悪路走破性の強化を同時に成し遂げた、ランドローバーの伝統の良き継承者だった。
  • 第33回 ディーゼルLOVE(前編)
    2017.3.14 エッセイ 清水草一の話題の連載。第33回は「ディーゼルLOVE(後編)」。これまで筆者の「ディーゼル愛」についてお届けしてきた当連載、今回は、同じくディーゼル車ユーザーのモータージャーナリスト、塩見 智氏との対談の様子をお届けする。
ホームへ戻る