20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

2014.03.03 自動車ニュース
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。

20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年3月3日、ホイールベースを200mm延長した「レンジローバー ロングホイールベース」を発表した。「3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ」と「オートバイオグラフィー」に設定され、価格は1347万円(消費税率8%込み)から。

「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。

■20年ぶりに登場

今回新たに導入されたロングホイールベース(LWB)仕様のレンジローバーは、“究極のSUV”を求めるユーザー層や、伝統的なロングホイールベースのサルーンカーに代わるモデルへの需要に向けて投入されるもの。LWB仕様の設定は、1992年から1994年まで販売された「レンジローバーLSE」以来、20年ぶりとなる。

延長分は200mmで(ホイールベース:2920mm→3120mm、全長:5005mm→5205mm)、すべて後席レッグルームの拡大に充てられている。後席はベンチシートか、2座の「エグゼクティブ・クラス」シートから選ぶことができ、後者を選べば、背もたれを標準ホイールベース車より8度深く傾けることができる。

助手席を前方にスライドさせる「パッセンジャーシート・アウェイ」機構を用いれば、後席にさらなるスペースを作り出せる。また、LWB仕様では「電動サイドドアブラインド」と「スライディング・パノラミックルーフ」が標準装備となり、フロントホイールアーチの後方に「L」バッジが備わる。

メーカー希望小売価格は、「レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ LWB」が1347万円、「レンジローバー オートバイオグラフィー LWB」が1810万円(いずれも消費税率8%込み)。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • クライスラー300 SRT8/ジープ・グランドチェロキー サミット【試乗記】NEW 2017.2.18 試乗記 「ジープやフィアットで雪道を走りませんか?」 そんな誘いを受け、長野・白馬へ。フロントマスクを一新した「グランドチェロキー」などアメリカとイタリアの5ブランドがそろう、FCAの冬季フルライン試乗会に参加した。
  • アバルト124スパイダー(FR/6AT)【レビュー】 2017.2.13 試乗記 コアなファンから熱狂的な支持を得ている「アバルト124スパイダー」。でも輸入元は、MTモデルばかりが注目されることに少々悩んでいるらしい。今回は、不遇をかこつ(?)ATモデルに試乗。スポーツカーとしての出来栄えを確かめた。
  • フェラーリ812スーパーファスト 2017.2.17 画像・写真 フェラーリは2017年3月7日に開幕するジュネーブショー2017で、フラッグシップモデル「812スーパーファスト」を発表する。800psと73.2kgmを生み出す6.5リッターV12自然吸気エンジンを搭載し、340km/hの最高速を誇る。
  • 【ジュネーブショー2017】オープンでV12、メルセデスから究極の「Gクラス」登場 2017.2.13 自動車ニュース 独ダイムラーがジュネーブショーで「メルセデス・マイバッハG650ランドーレット」を公開すると発表。電動ソフトトップや630psのV12エンジン、ポータルアクスル機構を備えた特別なドライブトレインなどを備えた99台の限定モデルで、同年秋に発売される。
ホームへ戻る