20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

2014.03.03 自動車ニュース
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。
「レンジローバー」にホイールベースを200mm延長したLWB仕様が加わった。2013年のドバイ国際モーターショーで世界初公開された。

20年ぶりに「レンジローバー」にロング仕様

ジャガー・ランドローバー・ジャパンは2014年3月3日、ホイールベースを200mm延長した「レンジローバー ロングホイールベース」を発表した。「3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ」と「オートバイオグラフィー」に設定され、価格は1347万円(消費税率8%込み)から。

「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
「エグゼクティブ・クラス」リアシート(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。
フロントホイールアーチ後方に「L」バッジが備わる(写真は海外仕様車のもの)。

■20年ぶりに登場

今回新たに導入されたロングホイールベース(LWB)仕様のレンジローバーは、“究極のSUV”を求めるユーザー層や、伝統的なロングホイールベースのサルーンカーに代わるモデルへの需要に向けて投入されるもの。LWB仕様の設定は、1992年から1994年まで販売された「レンジローバーLSE」以来、20年ぶりとなる。

延長分は200mmで(ホイールベース:2920mm→3120mm、全長:5005mm→5205mm)、すべて後席レッグルームの拡大に充てられている。後席はベンチシートか、2座の「エグゼクティブ・クラス」シートから選ぶことができ、後者を選べば、背もたれを標準ホイールベース車より8度深く傾けることができる。

助手席を前方にスライドさせる「パッセンジャーシート・アウェイ」機構を用いれば、後席にさらなるスペースを作り出せる。また、LWB仕様では「電動サイドドアブラインド」と「スライディング・パノラミックルーフ」が標準装備となり、フロントホイールアーチの後方に「L」バッジが備わる。

メーカー希望小売価格は、「レンジローバー 3.0 V6 スーパーチャージド ヴォーグ LWB」が1347万円、「レンジローバー オートバイオグラフィー LWB」が1810万円(いずれも消費税率8%込み)。

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

レンジローバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • アウディS4(8AT/4WD)【試乗記】 2016.11.25 試乗記 アウディA4」の高性能バージョンである「S4」が登場。最高出力354ps、0-100km/h加速4.7秒をマークする、最新スポーツセダンの実力とは? 艶(あで)やかなミサノレッドに身を包んだプレミアムな一台に試乗した。
  • マセラティ・レヴァンテ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.11.9 試乗記 続々とニューモデルが現れるプレミアムSUV市場に、マセラティが送り込んだのが「レヴァンテ」である。イタリアの老舗が満を持してリリースした同車には、ドイツ勢に比肩する走りの実力と、このブランドだけに許された官能性が備わっていた。
  • ミドシップスポーツ「718ケイマン」を知る 2016.11.15 特集 2016年春に世界初公開されたポルシェの2シータースポーツ「718ケイマン」が、日本上陸を果たした。新たに開発された水平対向4気筒ターボエンジンや、一段と磨きのかけられた足まわり、こだわりの内外装は、どんな運転体験をもたらすのか。上級モデル「718ケイマンS」に試乗し、その実像に迫った。
  • ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR(4WD/8AT)【試乗記】 2016.3.18 試乗記 最高出力550psの過給機付き5リッターV8エンジンを搭載し、オンロードでの動力性能を突き詰めた「ランドローバー・レンジローバー スポーツSVR」。強烈なパフォーマンスとランドローバーならではの上質感が織り成す、走りの魅力に触れた。
  • スバルXVハイブリッドtS(4WD/CVT)【レビュー】NEW 2016.12.6 試乗記 富士重工業のモータースポーツ部門を担うSTIが手がけた「スバルXVハイブリッドtS」。オレンジが大胆に配された外観からはカジュアルな印象を受けるが、果たしてその走りの方向性は? “スバリスト”の筆者がリポートする。
ホームへ戻る