次期デミオ? マツダが小型車コンセプト出展【ジュネーブショー2014】

2014.03.04 自動車ニュース
「マツダ跳(HAZUMI)」
「マツダ跳(HAZUMI)」

【ジュネーブショー2014】次期「デミオ」? マツダが小型車コンセプトを出展

マツダは2014年3月4日、ジュネーブモーターショー(会期:2014年3月4日~3月16日)においてコンセプトモデル「跳(HAZUMI)」を発表した。


次期デミオ? マツダが小型車コンセプト出展【ジュネーブショー2014】の画像
新開発の小排気量ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」。
新開発の小排気量ディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」。

跳は、マツダ独自の「SKYACTIV(スカイアクティブ)」技術や、「魂動(こどう)」と呼ばれるデザインテーマ、安全思想の「マツダ・プロアクティブ・セーフティ」、次世代のカーコネクティビティーシステム「マツダコネクト」などを盛り込んだ、同社の次世代コンパクトカーを示唆するコンセプトモデルである。

パワーユニットには、こちらも世界初公開となる新開発の1.5リッターディーゼルエンジン「SKYACTIV-D 1.5」を採用。トルクフルでリニアな加速と、優れた環境性能を実現しているという。

(webCG)

→「マツダ跳」のより詳細な写真はこちら
 

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。