第1回:「レジャーの相棒」に求められる条件

達人が語るレジャーカーの4カ条 2014.03.28 達人と楽しむ“車・食・遊”の世界 アウトドアの達人である田中ケンさんが、「三菱アウトランダーPHEV」で春のマリンレジャーを満喫! そこから導き出された、理想のレジャーカーの姿とは?

アウトドアアクティビティーの伝道師

田中ケンさんにお会いできるというので、この日の取材は何日も前から待ち遠しかった。10代だった1980年代に愛読していた『ポパイ』や『メンズクラブ』のモデルとして、ケンさん(初対面でもこうお呼びしたくなるくらい気さくな方だった)は大活躍していたのだ。つまり、カッコいい男の代表であり、ヒーローだった。
ケンさんは現在、“快適生活研究家”としてアウトドアのアクティビティーの楽しさを伝える仕事をなさっている。メディアへの出演のほか、イベントの企画やキャンプ場のプロデュースなど、活動の範囲は幅広い。
ケンさんに「三菱アウトランダーPHEV」を試していただこうと思ったのは、このクルマがアウトドア趣味をより充実したものにする可能性を持っているからだ。

待ち合わせ場所に奥さまとともに現れてケンさんは開口一番、「おっ、僕は『三菱パジェロ』に乗っていたこともあるので、このエンブレムが付いたSUVは懐かしいですね」とおっしゃった。
まずは、PHEVの仕組みを簡単にお伝えする。
PHEVとは「外部から充電できるハイブリッド車であり、電気自動車(EV)でもある」という意味で、フル充電すればEVとしてガソリンは一滴も使わずに60.2km(国土交通省審査値)走ることができる。電気がなくなっても、今度はガソリンエンジンが働いて駆動と充電を受け持つから心配はない。モーターとエンジンが力を合わせてパワフルに走ることもできるし、つまりEVとハイブリッド車の“いいとこ取り”をしたのがプラグインハイブリッド車なのだ。自分で発電ができるEV、という言い方もできるだろう。

そして、JC08モード燃費が67.0km/リッターだと伝えると、ケンさんは目を丸く見開いた。
「ホント!? 僕は年間に5万キロぐらいクルマに乗るんですよ。自分のクルマの燃費は7km/リッターぐらいだから、これに換えたら年間で何十万円もガソリン代が浮きますね。もっとバンバンいろんな場所に出掛けられる」
そう言ってから、さっとアウトランダーPHEVの運転席に座った。簡単に操作方法をレクチャーすると、「なるほど!」とうなずいて、スタートした。クルマがお好きというだけあって、初対面のアウトランダーPHEVもずっと前から乗っていたかのようにスムーズに動かす。
順序が逆になってしまったけれど、荷室には空気でふくらませるインフレータブルカヤックを積み込んだ。目指すは三浦半島、春の海だ。

“快適生活研究家”という肩書のもと、さまざまなイベントの企画や本の執筆などを通して、アウトドアの素晴らしさを広めている田中ケンさん。ビーチクリーンアップや「東海自然歩道清掃登山」など、環境保全活動にも積極的に取り組んでいる。
“快適生活研究家”という肩書のもと、さまざまなイベントの企画や本の執筆などを通して、アウトドアの素晴らしさを広めている田中ケンさん。ビーチクリーンアップや「東海自然歩道清掃登山」など、環境保全活動にも積極的に取り組んでいる。 拡大
今回のもう一人(一台?)の主役である「三菱アウトランダーPHEV」。三菱自慢の4WD技術とプラグインハイブリッドシステムを組み合わせることで、高い走破性と優れた燃費性能を両立している。
今回のもう一人(一台?)の主役である「三菱アウトランダーPHEV」。三菱自慢の4WD技術とプラグインハイブリッドシステムを組み合わせることで、高い走破性と優れた燃費性能を両立している。 拡大
フロントフェンダーのそばには「PLUG-IN HYBRID EV」のロゴバッジが。「三菱アウトランダーPHEV」は12kWhの大容量バッテリーを積んでおり、一回の充電で、60.2kmの距離を電気だけで走ることができる。
フロントフェンダーのそばには「PLUG-IN HYBRID EV」のロゴバッジが。「三菱アウトランダーPHEV」は12kWhの大容量バッテリーを積んでおり、一回の充電で、60.2kmの距離を電気だけで走ることができる。 拡大
横須賀パーキングエリアにて急速充電器を利用する田中ケンさん。NEXCO東日本のパーキングエリア、サービスエリアの急速充電器は、事前の申し込みや手続きなしに、行ったらその場で利用できる。
横須賀パーキングエリアにて急速充電器を利用する田中ケンさん。NEXCO東日本のパーキングエリア、サービスエリアの急速充電器は、事前の申し込みや手続きなしに、行ったらその場で利用できる。 拡大
普通充電(AC100VとAC200Vに対応)用の充電ソケットのとなりに備えられた、CHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電用ソケット。30分で約80%までバッテリーを充電できる。
普通充電(AC100VとAC200Vに対応)用の充電ソケットのとなりに備えられた、CHAdeMO(チャデモ)方式の急速充電用ソケット。30分で約80%までバッテリーを充電できる。 拡大
あなたにおすすめの記事
関連記事
  • 三菱アウトランダーPHEV Sエディション(4WD) 2017.12.19 挑戦し続ける三菱アウトランダーPHEV<PR> 2017年にクルマづくり100周年を迎えた三菱自動車がこの秋、新しいブランドメッセージ「Drive your Ambition」を発表した。進化を続ける「アウトランダーPHEV」の試乗を通じて、このメッセージに込められた思いに触れてみる。
  • BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド(4WD/8AT)【試乗記】 2018.6.14 試乗記 アルピナ初となる四駆のディーゼルセダン「BMWアルピナD5 Sビターボ リムジン アルラッド」に試乗。0-100km/h加速4.9秒、最高巡航速度275km/hを誇るスポーツリムジンの実力は? 特別な藍色をまとう俊足の一台で、箱根を目指した。
  • フォルクスワーゲン・パサートTDIハイライン(FF/6AT)【試乗記】 2018.6.27 試乗記 最新世代の2リッターターボディーゼルエンジンを搭載した「パサート」が登場。国内への正規導入は20年ぶりとなるフォルクスワーゲン製ディーゼル車の出来栄えは? 高速道路と山岳路で、上級グレード「TDIハイライン」に試乗した。
  • レクサスES300h(FF/CVT)【海外試乗記】 2018.6.21 試乗記 1989年にデビューしながら日本未導入だった「レクサスES」。7代目となって、2018年秋からようやく日本でも販売されるようになる。レクサスの主力モデルは、ハイレベルなクオリティーと快適性を持つ優等生タイプの中型FFサルーンに仕上がっていた。
  • トヨタ・クラウン プロトタイプ【試乗記】 2018.6.18 試乗記 “ユーザーの若返り”と“日本に合ったクルマづくり”を目指し、スクラップ&ビルドの精神で開発したという15代目「トヨタ・クラウン」。発売を前にクローズドコースで試乗し、その仕上がりを確かめた。
ホームへ戻る