ケータハム・セブン160(FR/5MT)

ありそうでなかった! 2014.05.01 試乗記 スズキ製の660ccエンジンを搭載した、軽自動車規格の「ケータハム・セブン」が登場。ダイレクトなドライブフィールと適度な動力性能がもたらす、このクルマならではの走行体験をリポートする。

国境を超えたカーガイの共作

「そう。これはね、マイ・ベイビィ。でも私は作ってない。アイディアだけ。作ったのは武蔵野さん」

といってるのはジャスティン・ガーディナー(Justin Gardiner)さん。日本国内でケータハム・セブンの広報車があるところにはかなりの高確率でそこにいっしょにいる(今回もやはりいた)、ミョーに日本語の上手なガイジン。でも英語はもっと上手なので、たぶん英国人。いったいナニモノさん? プレスリリースによると、「現ケータハムカーズ ジャパン・ブランドマネジャー」。われわれのギョーカイの内輪では単に「ジャスティン」でオッケー。誰のことかは通じます。でもって、ジャスティンが言及した「武蔵野さん」とは「テクニカルセンター所長」の武蔵野明彦さん。

ただしもちろんというかケータハム・セブン160はメイド・イン・イングランド。武蔵野さんが「作った」のはその「プロトタイプ」。少し詳しく書くと長いことになっちゃうので省略しますが、2010年10月にそれを日本から本国へ提案したからいまがある。軽自動車のエンジンで走る、日本においては軽自動車として登録(っていうのか?)される、ケータハム・セブンの市販車。ジャスティンにとっては16年越しの夢だったそうな。

という、軽のセブン。でも、ジャスティン、なんでそれ、ずっとやりたかったの? 「だって日本人、軽自動車大好きだから」。ほー。「96年から、私の奥さん、『カプチーノ』に。私は『ジムニー』。それと、セブンのプロトタイプの開発のために『エブリイ』も買った。ヤフオクで8万円(笑)。でもエブリイ、意外と便利だったから車検通したよ」。ほー(笑)。「今回セブンのワン・シクスティができて、家まで乗って帰った。そしたら家の前に、カプチーノとジムニーとエブリイとセブン160。4台、兄弟!!」。って、アンタが軽自動車大好きなんじゃん!!

「そう。スズキの軽自動車、大好き。スズキさんにはほんと、感謝感謝!! ずっとやりたかったことがついにできたから、もういつ会社やめてもいいくらい」。はあ(笑)。「でもね、プロトタイプ作るのに部品代がかかってる。シャシーはイギリスのケータハムから送られてきたからタダだったけど、こっちでエブリイとカプチーノと『アルト』の事故車を買って10万円」。ほう(笑)。「パーツ代は10万円だったけど、作るのに1年半かかったよ」。武蔵野さん、大変でしたね。「で、その10万円ぶんの請求書は、どこへ出せばいいんでしょう(笑)」。あ、自腹。

80psの0.66リッター直3エンジンを搭載した「セブン160」。2013年12月の導入当初は、日本での自主規制にならった64ps仕様の「セブン130」を販売していたが、セブン160の導入に伴い、そちらはカタログ落ちすることとなった。
80psの0.66リッター直3エンジンを搭載した「セブン160」。2013年12月の導入当初は、日本での自主規制にならった64ps仕様の「セブン130」を販売していたが、セブン160の導入に伴い、そちらはカタログ落ちすることとなった。
他の「セブン」と同じく、インテリアは至ってシンプル。ダッシュボードには各種計器やスイッチ類が、整然と配置されている。
他の「セブン」と同じく、インテリアは至ってシンプル。ダッシュボードには各種計器やスイッチ類が、整然と配置されている。
軽自動車規格の「セブン」の誕生に深く関わった、ケータハムカーズ ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。
軽自動車規格の「セブン」の誕生に深く関わった、ケータハムカーズ ジャパンのジャスティン・ガーディナー氏。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

セブンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • ケータハム・セブン160(FR/5MT)【試乗記】 2014.5.1 試乗記 スズキ製の660ccエンジンを搭載した、軽自動車規格の「ケータハム・セブン」が登場。ダイレクトなドライブフィールと適度な動力性能がもたらす、このクルマならではの走行体験をリポートする。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • マツダ・ロードスターRF RS(FR/6MT)/ロードスターRF VS(FR/6AT)【試乗記】 2017.3.31 試乗記 クーペの快適性とオープンカーならではの気持ちよさを1台で味わわせてくれる「マツダ・ロードスターRF」。この欲張りなロードスターに2日間、距離にして約500km試乗し、“ちょい乗り”では決して見えてこない、その魅力の深奥に迫った。
  • スズキ・スイフトRSt(FF/6AT)【試乗記】 2017.3.27 試乗記 1リッター直3ターボエンジンを搭載する、新型「スズキ・スイフト」の最上級モデル「RSt」に試乗した。新しいプラットフォーム「ハーテクト」を得てかろやかさに磨きがかかった新型は、同時に従来のスズキとはちょっと違う“豊かさ”をも手にしていた。
  • トヨタ・プリウスPHV S“ナビパッケージ”(FF/CVT)【試乗記】NEW 2017.4.21 試乗記 “恋する充電プリウス~♪”で知られる「プリウスPHV」がフルモデルチェンジして登場。EVとしての基本性能に磨きをかけつつ、素の「プリウス」よりも男前になった2代目の魅力に迫る。充電コストなど、最適な使用環境についても考えた。
ホームへ戻る