275psの「メガーヌR.S.」が本国デビュー

2014.05.16 自動車ニュース
「ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー」
「ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー」

仏ルノー、275psの「メガーヌR.S.トロフィー」を発表

仏ルノーは2014年5月14日、「メガーヌ ルノースポール(R.S.)」をより高性能に仕立てた特別限定モデル「メガーヌR.S. 275トロフィー」を発表した。

2リッター直ターボエンジンは275ps/5500rpm、36.7kgm/3000-5000rpmを発生する。
2リッター直ターボエンジンは275ps/5500rpm、36.7kgm/3000-5000rpmを発生する。
F1マシンをイメージさせる“フロントブレード”。
F1マシンをイメージさせる“フロントブレード”。
ステアリングホイールの表皮にはアルカンターラが用いられている。
ステアリングホイールの表皮にはアルカンターラが用いられている。
専用のレザー/アルカンターラのレカロシートが装着される。
専用のレザー/アルカンターラのレカロシートが装着される。

搭載する2リッター直4ターボエンジンは、ベースモデル「メガーヌR.S.」より10ps強力な275psを発生。シャシーはリミテッド・スリップ・ディファレンシャル付きのスポーティーな「カップシャシー」とされる。

また、スロベニアのマフラーメーカー、アクラポヴィッチのチタンマフラーや、オーリンズのショックアブソーバーが装着されるほか、メガーヌの競技用車両で使用されているスピードラインの19インチ「チュリニ」ホイールを本国マーケットではオプション装着することもできる。
さらに、外装ではF1マシンをイメージさせるプラチナグレーの“フロントブレード”、内装ではレカロのレザー/アルカンターラ・シート(レッドステッチ入り)が、275トロフィーならではの装備となる。

なお、「メガーヌ」の標準シリーズのフェイスリフトを受けて、その高性能仕様「メガーヌR.S.」も2013年9月のフランクフルトモーターショーで“化粧直し”を済ませていた。今回発表された275トロフィーも、このマイナーチェンジ後のボディーを用いて仕立てられている。

本国フランスでは6月に受注が開始される予定。現地での車両価格は税込みで3万8000ユーロ(約532万円)とのことだ。

(webCG)

→「ルノー・メガーヌR.S. 275トロフィー」のより詳しい写真はこちら

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

メガーヌR.S.の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード発売 2016.11.28 自動車ニュース 富士重工業は2016年11月28日、新型「スバル・インプレッサ」の1.6リッターエンジン搭載グレード「1.6i-L EyeSight」を同年12月20日に発売すると発表した。最高出力は115ps、最大トルクは15.1kgmで、トランスミッションにはCVTを採用する。
  • トヨタC-HRプロトタイプ【試乗記】 2016.11.14 試乗記 成長著しいコンパクトSUV市場に、トヨタが満を持して送り出すニューモデル「C-HR」。そのプロトタイプにクローズドコースで試乗。“攻め”のスタイリングと入念にチューニングされたシャシー&パワーユニットに、トヨタの意気込みを感じた。
  • ルノー・カングー ゼンEDC(FF/6AT)【試乗記】 2016.9.2 試乗記 「ルノー・カングー」に、1.2リッター直噴ターボエンジンとデュアルクラッチ式6段ATを搭載した新グレード「ゼンEDC」が登場。フランスの知日家エンジニアが取りまとめたという“日本向けカングー”の乗り味とは?
  • メルセデス・ベンツE400 4MATICエクスクルーシブ(4WD/9AT)【試乗記】 2016.12.2 試乗記 3.5リッターV6ターボエンジンに4WDシステムを組み合わせる、新型「メルセデス・ベンツEクラス」の上級モデルに試乗。先行して発売された2リッター直4ターボ車とは異なる、その走りの質を報告する。
  • スバルBRZ GT(FR/6MT)【レビュー】 2016.11.28 試乗記 満を持して登場した「スバルBRZ」の最上級グレード「GT」。足まわりにおごられたSACHSダンパー、ブレンボブレーキは、走行性能に対してどのような影響を与えるのか。86/BRZ Raceで姉妹車「トヨタ86」を駆る筆者が、その走りをリポートする。
ホームへ戻る