マツダが新型「ロードスター」を公開

2014.09.04 自動車ニュース
世界3都市で公開された新型「マツダ・ロードスター」。
世界3都市で公開された新型「マツダ・ロードスター」。

マツダが新型「ロードスター」を公開

マツダは2014年9月4日、4代目となる新型「ロードスター」を日本、米国、スペインで行われたファン参加型イベントで世界初公開した。SKYACTIV技術とデザインテーマ「魂動(こどう)-Soul of Motion」を採用し、2015年に正式発表する予定。

新型「ロードスター」のリアビュー。
新型「ロードスター」のリアビュー。
新型「ロードスター」のインテリア。
新型「ロードスター」のインテリア。

■現行モデル比で100kg減を目指す

マツダは新型「ロードスター」の開発キーワードを「守るために変えていく」とした。環境や安全に対する社会の意識が高まる中で、初代モデルから一貫して提供してきたライトウェイトスポーツカー特有の楽しさを継承するために、SKYACTIV技術を採用するとともに、「人がクルマを楽しむ感覚」を大事にしたという。

デザインでは、マツダのテーマである「魂動」を深化させた。乗員の姿が際立つ美しいプロポーションと、オープンカーならではの気持ちよさを堪能できる外観や内装を心がけた。

また、歴代のロードスターの中で最もコンパクトなボディーサイズにするとともに、現行モデル比で100kg以上の軽量化を実現し、「人馬一体」の楽しさを向上させるという。

(webCG)

→新型「マツダ・ロードスター」の詳しい画像はこちら。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ロードスターの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る