ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸

2014.09.08 自動車ニュース
「MINIクーパーSDクロスオーバー」
「MINIクーパーSDクロスオーバー」

ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸

BMWジャパンは2014年9月8日、マイナーチェンジが施された「MINIクロスオーバー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

リアビュー。大きな「CROSSOVER」ロゴが目を引く。
リアビュー。大きな「CROSSOVER」ロゴが目を引く。
日本で扱われるMINIでは初となる、ディーゼルエンジン。写真は、「クーパーSDクロスオーバー」に搭載されるハイパワーバージョン。
日本で扱われるMINIでは初となる、ディーゼルエンジン。写真は、「クーパーSDクロスオーバー」に搭載されるハイパワーバージョン。
 
ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸の画像
ガソリン車とディーゼル車の価格差は、「クーパー」同士を比べた場合で20万円。エコカー減税を考慮すると、その差は5万円にまで縮まる。インポーターによれば、「燃費と燃料代を考慮すると、1万5000km走行すれば、5万円の差額も相殺される計算になる」とのこと。
ガソリン車とディーゼル車の価格差は、「クーパー」同士を比べた場合で20万円。エコカー減税を考慮すると、その差は5万円にまで縮まる。インポーターによれば、「燃費と燃料代を考慮すると、1万5000km走行すれば、5万円の差額も相殺される計算になる」とのこと。

今回発表された“マイナーチェンジモデル”最大のトピックは、日本市場向けのMINIとして初めて、クリーンディーゼルエンジン搭載車がラインナップされたこと。
これまでMINIクロスオーバーのパワーユニットは、自然吸気またはターボ付きの1.6リッターガソリンエンジンに限られていたが、これらに加えて、性能の異なる2種類の2リッター直4ディーゼルターボが選択できるようになった。

このうち112ps/4000rpmと27.5kgm/1500-2500rpmを発生するディーゼルエンジンは、「MINIクーパーDクロスオーバー」とその4WDバージョン「MINIクーパーDクロスオーバーALL4」に搭載される。JC08モードの燃費値は、それぞれ16.3km/リッターと15.6km/リッター。高性能モデル「MINIクーパーSDクロスオーバー」のアウトプットは143ps/4000rpmと31.1kgm/1750-2700rpmで、燃費は16.6km/リッターとなっている。

内外装については、新デザインのラジエーターグリルやLEDフロントフォグランプが採用されたほか、兄弟車の「ペースマン」同様、バックドアに大きく車名ロゴ(CROSSOVER)が添えられた。
さらにクーパーDクロスオーバーALL4には、アンダーガードをイメージしたフィニッシャー(フロント/リア/サイド)も与えられている。
ドレスアップ用のデザインオプション「クロームデザインパッケージ」「ブラックデザインパッケージ」も新たに用意される。

インテリアは、センターメーターの文字盤が白から黒系のアンスラサイトに変更されたほか、インストゥルメントパネルにフィニッシャーを装着するなどして、質感の向上が図られている。

ラインナップと価格は、以下の通り。(ディーゼル車は★印)

・ONEクロスオーバー(FF/6MT):275万円
・ONEクロスオーバー(FF/6AT):288万円
・クーパー クロスオーバー(FF/6MT):308万円
・クーパー クロスオーバー(FF/6AT):321万円
・クーパーDクロスオーバー(FF/6AT):341万円★
・クーパーDクロスオーバーALL4(4WD/6AT):362万円★
・クーパーSDクロスオーバー(FF/6AT):387万円★
・ジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT):460万円
・ジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6AT):477万円

(webCG)

関連記事
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
  • ボルボV90クロスカントリーT5 AWD サマム(4WD/8AT)【試乗記】 2017.4.28 試乗記 北欧ののどかな地で生まれた“デカかっこいい”クロスオーバー、「V90クロスカントリー」。ワイルド&都会的に仕立てられたキミは、一体どこへ向かおうとしているのか? 筆者の老婆心をよそに進化を遂げた、最新モデルの出来栄えに迫る。
  • スバルXV 2.0i-S EyeSight(4WD/CVT)/XV 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.4.24 試乗記 デザインから走破性能、そして安全性能まで、全方位的に進化した新型「スバルXV」に試乗した。機能性や実用性に優れるだけでなく、誰もが親しみやすいキャラクターも備えた新型は、スバルが主張するとおり、ちょうどいい「スポカジ」に仕上がっていた。
  • フォルクスワーゲンhigh up!(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.17 試乗記 「フォルクスワーゲンup!」が初のマイナーチェンジ。内外装ともにリフレッシュされた、“末っ子”の使い勝手をテストした。走らせて一番快適だったのは、小さなボディーとは結びつかない意外な場所だった。 
  • 第39回:最新ディーゼル4台イッキ乗り!
    おデブなMINIってアリなのか?
    2017.5.2 カーマニア人間国宝への道 清水草一の話題の連載。第39回は「最新ディーゼル4台イッキ乗り! おデブなMINIはアリなのか?」。サイズもお値段もマッチョなMINIクーパーSD クロスオーバーALL4をクルマ変態的視点で斬る!
  • 「BMW X1」に上質感を高めた限定車登場 2017.4.28 自動車ニュース BMWジャパンは2017年4月27日、コンパクトSUV「BMW X1」にスタイリッシュさと上質感の向上が図られた特別仕様車「X1 sDrive18iファッショニスタ」を設定し、270台の台数限定で発売した。価格は467万円。
  • アウディがコンパクトSUV「Q2」を発表 2017.4.26 自動車ニュース アウディが全長4.2mのコンパクトSUV「Q2」を6月中旬に発売すると発表した。エンジンは1リッター直3ターボと1.4リッター直4ターボの2種類で、駆動方式はFFのみ。価格は299万円から405万円となっている。
  • BMW X1 xDrive18d Mスポーツ(4WD/8AT)【試乗記】 2016.12.5 試乗記 「BMW X1」に、ディーゼルエンジンを搭載した4WDモデル「xDrive18d」が追加された。BMW SUVラインナップのエントリーレベルを担うコンパクトモデルの実力を、ガソリンエンジン搭載車に対するアドバンテージとともにリポートする。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る