ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸

2014.09.08 自動車ニュース
「MINIクーパーSDクロスオーバー」
「MINIクーパーSDクロスオーバー」

ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸

BMWジャパンは2014年9月8日、マイナーチェンジが施された「MINIクロスオーバー」の日本導入を発表。同日、販売を開始した。

リアビュー。大きな「CROSSOVER」ロゴが目を引く。
リアビュー。大きな「CROSSOVER」ロゴが目を引く。
日本で扱われるMINIでは初となる、ディーゼルエンジン。写真は、「クーパーSDクロスオーバー」に搭載されるハイパワーバージョン。
日本で扱われるMINIでは初となる、ディーゼルエンジン。写真は、「クーパーSDクロスオーバー」に搭載されるハイパワーバージョン。
 
ディーゼルの「MINIクロスオーバー」日本上陸の画像
ガソリン車とディーゼル車の価格差は、「クーパー」同士を比べた場合で20万円。エコカー減税を考慮すると、その差は5万円にまで縮まる。インポーターによれば、「燃費と燃料代を考慮すると、1万5000km走行すれば、5万円の差額も相殺される計算になる」とのこと。
ガソリン車とディーゼル車の価格差は、「クーパー」同士を比べた場合で20万円。エコカー減税を考慮すると、その差は5万円にまで縮まる。インポーターによれば、「燃費と燃料代を考慮すると、1万5000km走行すれば、5万円の差額も相殺される計算になる」とのこと。

今回発表された“マイナーチェンジモデル”最大のトピックは、日本市場向けのMINIとして初めて、クリーンディーゼルエンジン搭載車がラインナップされたこと。
これまでMINIクロスオーバーのパワーユニットは、自然吸気またはターボ付きの1.6リッターガソリンエンジンに限られていたが、これらに加えて、性能の異なる2種類の2リッター直4ディーゼルターボが選択できるようになった。

このうち112ps/4000rpmと27.5kgm/1500-2500rpmを発生するディーゼルエンジンは、「MINIクーパーDクロスオーバー」とその4WDバージョン「MINIクーパーDクロスオーバーALL4」に搭載される。JC08モードの燃費値は、それぞれ16.3km/リッターと15.6km/リッター。高性能モデル「MINIクーパーSDクロスオーバー」のアウトプットは143ps/4000rpmと31.1kgm/1750-2700rpmで、燃費は16.6km/リッターとなっている。

内外装については、新デザインのラジエーターグリルやLEDフロントフォグランプが採用されたほか、兄弟車の「ペースマン」同様、バックドアに大きく車名ロゴ(CROSSOVER)が添えられた。
さらにクーパーDクロスオーバーALL4には、アンダーガードをイメージしたフィニッシャー(フロント/リア/サイド)も与えられている。
ドレスアップ用のデザインオプション「クロームデザインパッケージ」「ブラックデザインパッケージ」も新たに用意される。

インテリアは、センターメーターの文字盤が白から黒系のアンスラサイトに変更されたほか、インストゥルメントパネルにフィニッシャーを装着するなどして、質感の向上が図られている。

ラインナップと価格は、以下の通り。(ディーゼル車は★印)

・ONEクロスオーバー(FF/6MT):275万円
・ONEクロスオーバー(FF/6AT):288万円
・クーパー クロスオーバー(FF/6MT):308万円
・クーパー クロスオーバー(FF/6AT):321万円
・クーパーDクロスオーバー(FF/6AT):341万円★
・クーパーDクロスオーバーALL4(4WD/6AT):362万円★
・クーパーSDクロスオーバー(FF/6AT):387万円★
・ジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6MT):460万円
・ジョンクーパーワークス クロスオーバー(4WD/6AT):477万円

(webCG)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

MINIクロスオーバーの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • MINIクーパーS クロスオーバーALL4(4WD/8AT)【海外試乗記】 2017.2.15 試乗記 MINI一族の中で随一のボディーサイズを持つSUV「MINIクロスオーバー」が、新型にフルモデルチェンジ。大幅なサイズアップが目を引く2代目だが、乗り込んでみると、それ以上に注目すべき進化のポイントが各所に見受けられた。
  • 話題のPHEVも設定、新型「MINIクロスオーバー」登場 2017.2.23 自動車ニュース BMWジャパンが新型「MINIクロスオーバー」を発売。初代より一回り大きくなったボディーが特徴で、パワープラントにはMINI最新のディーゼルエンジンと8ATを採用。またブランド初となるプラグインハイブリッド車も設定されている。
  • BMW 318iスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.17 試乗記 BMWの「3シリーズ セダン」に、「1シリーズ」や「2シリーズ」と同じ1.5リッター直3ターボを搭載した廉価モデルが登場。そこに“駆けぬける歓び”はあるのか? 走りや乗り心地の印象に加えて、燃費のデータを報告する。
  • 「スバル・フォレスター」のアイサイト搭載グレードが拡大 2017.3.13 自動車ニュース 富士重工業は「スバル・フォレスター」に一部改良を実施し、4月3日に発売すると発表した。新たなエントリーグレードとして「2.0i EyeSight」を設定。また、CVT搭載の全車に運転支援システム「アイサイト(ver.3)」を標準装備とした。
  • シボレー・コルベット グランスポーツ クーペ(FR/8AT)【試乗記】 2017.3.10 試乗記 7代目となる「シボレー・コルベット」に、シャシー性能を追求した「グランスポーツ」が登場。往年のレーシングカーの名を冠した高性能グレードは、“フロントエンジン・リアドライブをきわめた”と評すべき走りをかなえていた。
ホームへ戻る