メルセデスAMG GT S(FR/7AT)

AMGが吹っ切れた 2014.12.26 試乗記 メルセデスの新たなスポーツクーペ「AMG GT」。シュトゥットガルトのブランド戦略が生んだパフォーマンス至上主義の一台を、アメリカでの公道&サーキット試乗で試した。

進むメルセデスの改革

メルセデスは現在、名称変更によるラインナップの整頓とバリエーションの強化を同時に推し進めようとしている。その一端は先のロサンゼルスモーターショーでも垣間見ることができた。

ラインナップの整頓において軸足となるのは、「A」「C」「E」という3つのコードである。言わずもがな、彼らのプロダクトにおける大黒柱に与えられたその記号を、おおむねのモデルの名称に付与することで、キャラクターとセグメントの両方を明確化しようということだ。FFの「Aクラス」系車台では既に「CLA」や「GLA」といった派生車種にこのネーミングが用いられているが、それが今後は「Cクラス」系車台や「Eクラス」系車台にも波及し、例えば従来の「GLKクラス」は「GLC」、「MLクラス」は「GLE」という風に変わっていくと目される。

バリエーションの強化においては、「Sクラス」に設定された「マイバッハ」がその意向を示している。独立したブランドとして位置づけられていたその名が継承されたということは、専用のエンジニアリングやトリムが与えられた特別なラグジュアリーモデルが一定数企画されているのだろう。すなわち今後「メルセデス−マイバッハ」は、メルセデスのトリムラインでなく、サブブランドとして扱われることになる。

同様の位置づけとして名称の変更を受けたのがAMGだ。例えば従来は「メルセデス・ベンツC63 AMG」とされていたそれは、今後「メルセデス−AMG C63」と呼ばれることになる。すなわち、メルセデス・ベンツというふとい胴体の両翼にマイバッハとAMGがいて、それぞれがハイフンで結ばれるということになるだろうか。

AMGについて言えば、2015年からはさらに新たなバリエーションとして「AMGスポーツ」がCクラスを皮切りに登場する予定だ。これは主にパフォーマンス面で標準的なCクラスとAMG謹製のC63との間を埋めるもので、例えるならアウディの標準車と「RS」シリーズの間を埋める「S」シリーズ的な位置づけとみて間違いはないだろう。恐らくは開発をAMG、生産をメルセデスが担当することになるはずだ。

……ほんま、ややこしいわ。

書いている僕自身がそう思うわけで、一般的には実際に品物が出てくることで徐々に浸透していく類いの話ではないかと思う。ではなぜこんな長い前置きを書いてしまったかというと、これから紹介するクルマ、メルセデス−AMG GT(以下GT)の立ち位置を知る上で、メルセデスのポートフォリオを気にとどめていただいた方がより明快になるだろうと思ったからだ。ここまでが全然明快でないことはあしからず、ということで。

メルセデスの新型スポーツクーペ「AMG GT」。2014年のパリサロンの前夜祭で世界初公開された。
メルセデスの新型スポーツクーペ「AMG GT」。2014年のパリサロンの前夜祭で世界初公開された。
車両重量は「GT」が1540kg、「GT S」が1570kgと、後者の方がわずかに重い。
車両重量は「GT」が1540kg、「GT S」が1570kgと、後者の方がわずかに重い。
「AMG GT」のインテリア。速度計には「GT」では320km/h、「GT S」では360km/hまで目盛りがふられている。
「AMG GT」のインテリア。速度計には「GT」では320km/h、「GT S」では360km/hまで目盛りがふられている。
「GT」「GT S」ともにレザー表皮のスポーツシートを採用。オプションでヘッドレスト一体型の「AMGパフォーマンスシート」も用意される。
「GT」「GT S」ともにレザー表皮のスポーツシートを採用。オプションでヘッドレスト一体型の「AMGパフォーマンスシート」も用意される。
関連記事
  • トヨタが新型「カムリ」日本仕様の内外装を初公開 2017.5.19 自動車ニュース トヨタ自動車は、新型「カムリ」の日本仕様の内外装を、オフィシャルウェブサイト上で公開した。2017年1月の北米国際自動車ショーで、米国仕様が世界初公開されており、日本市場には同年夏ごろの投入が予定されている。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICスポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.5.9 試乗記 「Cクラス」ベースのSUV「GLC」に2.2リッターのディーゼルターボ仕様が登場。“気は優しくて力持ち”という試乗前の筆者の予想は、東京~軽井沢の往復約400kmでどう変化したのか? スポーツサスペンションを装着した四駆モデルの走りをリポート。
  • BMW 540i Mスポーツ(FR/8AT)【試乗記】 2017.4.4 試乗記 長年の歴史を誇るBMWの基幹モデル「5シリーズ」がフルモデルチェンジ。新開発のプラットフォームが用いられた7代目の実力はどれほどのものか、上級グレード「540i」の試乗を通し、ライバル車との比較を交えながら確かめた。
  • メルセデス・ベンツGLC220d 4MATICクーペ スポーツ(本革仕様)(4WD/9AT)【試乗記】 2017.4.5 試乗記 「メルセデス・ベンツGLC」に優雅なルーフラインが印象的な「GLCクーペ」が登場。2.2リッターの直4ディーゼルターボエンジンを搭載した新型クロスオーバーで、春の淡雪が木々を白く染める富士の裾野を走った。
  • メルセデス・ベンツEクラス クーペ【海外試乗記】 2017.3.30 試乗記 セダン、ステーションワゴンに続き、「メルセデス・ベンツEクラス クーペ」がいよいよ最新世代へとフルモデルチェンジ。W114以来の伝統を誇る、スリーポインテッドスターのミディアムクーペの実力を、スペインはカタロニアで試した。
  • 「ホンダS660」にブラウンレザーで飾った特別仕様車登場 2017.5.18 自動車ニュース 本田技研工業は2017年5月18日、軽オープンスポーツカー「S660」に特別仕様車「Bruno Leather Edition」を設定し、同年6月2日に発売すると発表した。11月30日までの期間限定受注で、価格は6MT仕様、CVT仕様ともに228万円。
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • ベントレー・フライングスパーW12 S(4WD/8AT)【試乗記】 2017.5.23 試乗記 「ベントレー・フライングスパー」に、最高速度325km/hの「W12 S」が登場! ベースモデルに上乗せされた10psと20Nmに、230万円のエクストラに見合う価値はある? ややコワモテの試乗車と対した筆者は、見て驚き、乗って驚き、走らせてまた驚いた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
ホームへ戻る