メルセデス・ベンツC180ステーションワゴン スポーツ(FR/7AT)

さらに低く、スポーティーに 2015.03.06 試乗記 “アジリティー”は新型「メルセデス・ベンツCクラス」の合言葉だが、それはステーションワゴンでも変わらない。いや、すべてのモデルに「スポーツ」グレードが用意されるワゴンの方が、“走りたいたい人向け”のCクラスなのかもしれない。1.6リッターターボエンジンを搭載する「C180ステーションワゴン スポーツ」に試乗した。

スポーツ度ではワゴン>セダン

新型Cクラスワゴンのなかで、今回試乗したのはC180スポーツである。

Cのセダンでスポーツを名乗るのは「C250」だけだが、ワゴンではすべてのモデルでスポーツが選べる。セダンの場合、「C180」と「C200」では、「AMGライン」と呼ばれるパッケージオプションを選択すると、事実上、スポーツに仕立てることができる。「べつにスポーツモデルじゃなくていいんです」と考えるお客さんがセダンには多いということなのだろう。“アジリティー(敏しょう性)”をいっそう前面に押し出した4代目Cクラスで、セダンよりスポーティーなイメージを背負っているのがステーションワゴンということなのかもしれない。

ワゴンのC180スポーツは573万円。スポーツサスペンションで車高がわずかに下がり、1インチアップの18インチホイールやエアロパーツがAMG仕様になることなどが、「C180アバンギャルド」(528万円)との外見上の違いだ。

2840mmのホイールベースはセダンと変わらず、全長も大差ない。アバンギャルド同士で比べると、ワゴンボディーの割増料金は45万円である。

「C180ステーションワゴン」には、標準車(受注生産)と「アバンギャルド」と「スポーツ」の3モデルが設定される。試乗したのはスポーツ。
「C180ステーションワゴン」には、標準車(受注生産)と「アバンギャルド」と「スポーツ」の3モデルが設定される。試乗したのはスポーツ。
18インチのAMG5スポークアルミホイールが標準で装着される。ちなみに標準車は16インチで、「アバンギャルド」は17インチ。
18インチのAMG5スポークアルミホイールが標準で装着される。ちなみに標準車は16インチで、「アバンギャルド」は17インチ。
「AMGスタイリングパッケージ」(フロントスポイラーおよびサイド&リアスカート)も標準装備。スポーティーな外観が「スポーツ」グレードの目印。
「AMGスタイリングパッケージ」(フロントスポイラーおよびサイド&リアスカート)も標準装備。スポーティーな外観が「スポーツ」グレードの目印。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

Cクラス ステーションワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る