メルセデスがマイバッハSクラスを発売

2015.02.25 自動車ニュース
「メルセデス・マイバッハS600」
「メルセデス・マイバッハS600」

メルセデスが「マイバッハSクラス」を発売

メルセデス・ベンツ日本は2015年2月25日、新ブランド「メルセデス・マイバッハ」の第1弾となる最上級セダン「メルセデス・マイバッハSクラス」を発表し、同日全国のメルセデス・ベンツ正規販売店ネットワークを通じて受注を開始した。

ホイールベースは「メルセデス・ベンツSクラス」のロングより20cm長い3365mm。ボディーサイズは全長5460×全幅1900×全高1495mm。
ホイールベースは「メルセデス・ベンツSクラス」のロングより20cm長い3365mm。ボディーサイズは全長5460×全幅1900×全高1495mm。
「メルセデス・マイバッハS550」の後席(ファーストクラスパッケージ装着車)。左右独立2座となり、クーリングボックスやシャンパングラスなどが用意される。
「メルセデス・マイバッハS550」の後席(ファーストクラスパッケージ装着車)。左右独立2座となり、クーリングボックスやシャンパングラスなどが用意される。
「メルセデス・マイバッハS550」の後席(ファーストクラスパッケージ装着車)。
「メルセデス・マイバッハS550」の後席(ファーストクラスパッケージ装着車)。
「メルセデス・マイバッハS550」のインストゥルメントパネル。
「メルセデス・マイバッハS550」のインストゥルメントパネル。
「メルセデス・マイバッハS600」の6リッターV12ツインターボエンジン。
「メルセデス・マイバッハS600」の6リッターV12ツインターボエンジン。
Cピラーに2つの「M」をあしらったマイバッハのエンブレムが付く。
Cピラーに2つの「M」をあしらったマイバッハのエンブレムが付く。
「メルセデス・マイバッハS550」のリアビュー。
「メルセデス・マイバッハS550」のリアビュー。

■サブブランドとして再復活

昨秋のロサンゼルスオートショーに出展されたメルセデス・ベンツのフラッグシップサルーン、「メルセデス・マイバッハSクラス」が正式発表された。

マイバッハといえば、2002年から12年までの10年間、ダイムラーの最高級ブランドとして存在していたことは、まだ記憶に新しい。
そもそもマイバッハとは、ダイムラー創世期にゴットリープ・ダイムラーと共に開発を行っていた技師の姓。そのマイバッハはダイムラーを辞した後に自らの名を冠した会社を興し、1920~30年代にはメルセデスと肩を並べる高級車を製造していた。60年代にダイムラー・ベンツの傘下に入り、先に述べたように今世紀に入ってから最高級ブランドとして復活したが、ダイムラーのもくろみどおりとはいかず2012年にブランドを廃止。そして今回はメルセデスのサブブランドとして、その名がまたもや復活したのである。

■「S600」と「S550」の2本立て

「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたメルセデス・ベンツの新たなブランドと定められた「メルセデス・マイバッハ」の第1弾としてリリースされた「メルセデス・マイバッハSクラス」。「五感で感じる極上の快適性」と「未来の自動運転につながる最新の安全運転支援システム」、そして「量産車として世界最高の静粛性」を備えたショーファーカーとうたわれている。

専用ボディーを持っていた先の「マイバッハ57/62」に対して、「メルセデス・マイバッハSクラス」はその名のとおり現行「Sクラス」がベース。とはいえホイールベースは「Sクラス ロング」よりさらに20cm延長された。またリアドアの三角窓をCピラーに移し、いわゆる6ライトウィンドウとしたことで、マイバッハ57/62のスタイリングイメージを継承している。

ホイールベース延長の恩恵を受け、いっそう居住空間が広まった後席は、空力向上による風切り音の低減、適切な遮音材の選択、特殊なシーリング技術などによって、量産車として世界最高の静粛性を実現。ホットストーン式マッサージ機能をはじめアメニティー装備が満載され、現時点でメルセデスが考えうる限りの快適性を備えた空間となっている。

車載のステレオカメラで前方の路面状況を立体的に解析し、そこを通過する前にサスペンションの減衰力を調整する「マジックボディコントロール」や、同じくステレオカメラとミリ波レーダーから得られたデータによってアクセル、ブレーキ、ステアリングを自動でアシストする「レーダーセーフティパッケージ」といった、メルセデスが誇る最新の安全運転支援システムは、もちろんフルに備わる。

ラインナップは最高出力530ps、最大トルク 84.6kgmを発生する6リッターV12ツインターボエンジンと7ATを組み合わせた「メルセデス・マイバッハS600」と、最高出力455ps、最大トルク71.3kgmを発生する4.7リッターV8直噴ツインターボエンジンと9ATを積む「メルセデス・マイバッハS550」の2種類。価格は「メルセデス・マイバッハS600」が2600万円、「メルセデス・マイバッハS550」が2200万円で、双方ともステアリング位置は左のみである。

(文=沼田 亨/写真=webCG)

あなたにおすすめの記事
新着記事
  • トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー NEW

    トヨタ・アクア/アクア クロスオーバー

    2017.6.23画像・写真
    モデルライフ半ばのマイナーチェンジで、内外装のデザインやパワーユニット、足まわりなどに手が加えられた「トヨタ・アクア」。全5グレードの中から、「アクア クロスオーバー」と「アクアG」の姿を写真で紹介する。
  • CAR LIFE with Dyson NEW

    CAR LIFE with Dyson

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんとwebCG編集部員が愛車を徹底的に掃除する!ダイソンが2017年5月に発売したコードレス・ハンディークリーナー、Dyson V6 Car + Boat Extraの実力やいかに?
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.4

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    webCG編集部内において、いつの間にやらすっかり少数派となった独身男子。数少ない“生き残り”のひとりである編集ほったが、「Dyson V6 Car + Boat Extra」とともにマイカーである「ダッジ・バイパー」の清掃に臨む。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.3

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    「Dyson V6 Car + Boat Extra」の吸引力を確かめるべく、家族5人、2泊3日のキャンプを行った後に掃除を行った。想像以上のコードレス掃除機体験やいかに。webCG編集部きってのキャンプ名人、折戸がリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.2

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    楽しい家族ドライブ。しかしその後には、菓子の食べこぼしに、土、砂、ホコリと、車内の掃除が待っている。「Dyson V6 Car + Boat Extra」があれば車内清掃も楽しくなる? webCG編集部のSAGがリポートする。
  • Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1 NEW

    Dyson V6 Car + Boat Extra vol.1

    2017.6.23CAR LIFE with Dyson <PR>
    モータージャーナリストの藤島知子さんは、取材で東奔西走する毎日を過ごしている。愛車の「アウディS1」は休む間もなく走り回り、本格的に掃除をする時間がなかなかとれないのが悩みだそうだ。わかりました、それでは今日は「Dyson V6 Car + Boat Extra」で、徹底的にS1をきれいにしてあげてください!