歴代最高の「シビック タイプR」がデビュー【ジュネーブショー2015】

2015.03.04 自動車ニュース
「ホンダ・シビック タイプR」
「ホンダ・シビック タイプR」

【ジュネーブショー2015】“歴代最高”新型「ホンダ・シビック タイプR」デビュー

本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2015年3月3日、第85回ジュネーブ国際モーターショー(開催期間:2015年3月3日~15日)において、欧州向けの新型「ホンダ・シビック タイプR」を初公開した。

今回発表された新型シビック タイプRは、5ドアの“欧州シビック”をベースとする高性能モデル。「歴代最高のシビック タイプRを目指し開発した」という。

派手なリアウイングやフロントバンパーが目を引くエクステリアは、エアロダイナミクス性能を徹底して追求したとされるもので、車体の底面にも整流板が備わっている。

エンジンは、310psと40.8kgmを発生する新開発の2リッター直4ターボ。6段MTを介して前輪を駆動する。0-100km/hの加速タイムは5.7秒で、最高速度は270km/h。ドイツ・ニュルブルクリンク北コースにおけるラップタイムは7分50秒と公表される。

足まわりには、19インチの軽量アルミホイールや、4ピストンのブレンボ製フロントブレーキキャリパー、350mmのドリルドディスクローターを装備。トルクステアを軽減するという「デュアルアクシスストラットサスペンション」(フロント)も与えられる。

また、エンジンのレスポンスやサスペンションのダンパー性能、パワーステアリングのアシスト力などをスイッチひとつで変化させ、より高い次元の走行性能をドライバーに提供する「+R」モードボタンも備わる。

新型シビック タイプRの欧州における発売時期は、2015年夏が予定されている。

(webCG)

→新型「ホンダ・シビック タイプR」のフォトギャラリーはこちら

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • ホンダ・シビックハッチバック プロトタイプ/シビックセダン プロトタイプ【試乗記】 2017.5.29 試乗記 6年ぶりに日本に帰ってきた「ホンダ・シビック」。シャシーを全面刷新し、“操る喜び”を追求したという新型の走りとは? 袖ヶ浦フォレストレースウェイで行われたプロトタイプ試乗会で、その出来栄えをチェックした。
  • レクサスLC500h(FR/CVT)【試乗記】 2017.6.8 試乗記 「レクサスLC」の真価が流麗なスタイリングにあることは誰もが認めるだろう。しかし、ハイブリッドの「LC500h」と、ガソリンエンジンの「LC500」のどちらが主役なのか、という議論については意見が割れそうだ。LC500hに試乗して考えた。
  • ホンダ・シビック【開発者インタビュー】 2017.6.2 試乗記 「シビック」が日本に帰ってくる。ドイツ・ニュルブルクリンクで鍛えた新型は、「タイプR」をフラッグシップとし「ハッチバック」にMT車を設定するなど、スポーティーさをウリにしている。“復活”に賭ける開発者たちの意気込みを聞いた。
  • ホンダ、新型「シビック」シリーズの情報をウェブで先行公開 2017.6.23 自動車ニュース 本田技研工業は2017年6月23日、同年7月下旬に発表を予定している新型「シビック」シリーズに関する情報を、ホームページで先行公開した。カラーラインナップや主要装備、さらに全国の展示イベントや試乗イベントの様子などが閲覧できる。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI 2017.6.19 画像・写真 独フォルクスワーゲンは2017年6月16日(現地時間)、小型ハッチバック「ポロ」と併せて、スポーティーモデル「ポロGTI」の新型を発表した。エンジンは現行型の1.8リッターターボから排気量が拡大され、2リッターターボに。最高出力は8psアップの200psを得ている。その姿を画像で紹介する。
ホームへ戻る