ホンダ・ステップワゴン 開発者インタビュー

お客さまに学ぶ 2015.05.29 試乗記 ホンダ技術研究所
執行役員
四輪R&Dセンター 車体・安全戦略担当
袴田 仁(はかまだ ひとし)さん

ファミリーユーザーに喜ばれるアイデアの源とは? 新型「ホンダ・ステップワゴン」の開発者に、開発の経緯と、そこに込められた思いを聞いた。

「わくわくゲート」に立ちふさがる壁

――今回のステップワゴンには、日本初導入となる1.5リッターのダウンサイジングターボエンジンを搭載していますね。このエンジンを採用した理由は何ですか?

これはホンダ全体のエンジン戦略の中で決まったもので、それほど多彩な中から選べるわけではなかったんですね。選択肢としては2種類ありまして、1つは2リッターの自然吸気(NA)、もう1つは、今回採用した1.5リッターターボですね。このエンジンについてはまだ開発途中でしたし、CVTとの組み合わせということで、希望のフィーリングにするまでには時間もかかりました。最終的には低回転域からトルクが出る、狙い通りのクルマになったと思っています。

――もう1つの目玉は、リアの「わくわくゲート」ですね。この装備については、企画のどのくらいの段階で思いつかれたのですか?

企画のスタートから1カ月ほどたった頃でしょうか。コンセプトづくりをしていく中で、私が「こういうドアを作りたい」というのをホワイトボードに描いたんです。でも、設計のメンバーからは「できないことはないですが、問題が多すぎます!」と、はっきり言われました。

――一番の問題点とは?

重量ですね。リアドアは9kgありますが、一番端に重いものが乗ることで、操縦安定性が悪くなることが予想されたんです。ドアのせいで操安性が悪くなったとは絶対に言われたくなかったので、徹底してリアまわりを固めつつ、重くなった分を周囲で軽量化しました。その結果、想像以上にしっかりした操安性のいいクルマができたと思っています。

新型「ホンダ・ステップワゴンG・EX」(手前)と、「ステップワゴン スパーダ クールスピリット」(奥)。
新型「ホンダ・ステップワゴンG・EX」(手前)と、「ステップワゴン スパーダ クールスピリット」(奥)。
新開発の1.5リッター直噴ターボエンジン。走りや燃費性能に加え、ライバルより低い自動車税の額もセリングポイントとなっている。
新開発の1.5リッター直噴ターボエンジン。走りや燃費性能に加え、ライバルより低い自動車税の額もセリングポイントとなっている。
新型「ステップワゴン」の大きな特徴である「わくわくゲート」。実用性に配慮して、サブゲートには3段階のノッチが備わっている。
新型「ステップワゴン」の大きな特徴である「わくわくゲート」。実用性に配慮して、サブゲートには3段階のノッチが備わっている。
<プロフィール>
1982年に本田技術研究所に入社。空調設計を経て1999年に「HR-V」、2001年に「インテグラ タイプR」のインテリアPL(プロジェクトリーダー)を任される。その後、2008年に「フィット」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行に就任。空調開発室MG(マネージャー)を経て、現在は5代目「ステップワゴン」のLPLを務めている。
<プロフィール>
	1982年に本田技術研究所に入社。空調設計を経て1999年に「HR-V」、2001年に「インテグラ タイプR」のインテリアPL(プロジェクトリーダー)を任される。その後、2008年に「フィット」のLPL(ラージ・プロジェクト・リーダー)代行に就任。空調開発室MG(マネージャー)を経て、現在は5代目「ステップワゴン」のLPLを務めている。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

ステップワゴンの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る