パナソニックCN-RX02WD
VICS WIDEで都内の渋滞にも優しく対応する新・美優Navi

2015.12.01 特集

パナソニックCN-RX02WD

オープン価格(実勢価格12 万円前後)


	パナソニックCN-RX02WD

	オープン価格(実勢価格12 万円前後)

パナソニック「CN-RX02WD」

BDプレーヤーを内蔵した唯一の市販ナビがパナソニック・ストラーダ「美優Navi」の上位モデル。今年は「RX02」シリーズにモデルチェンジし、VICS WIDEに標準対応。都内の渋滞にも優しく対応する。

VICS WIDEはリンク旅行時間とプローブ情報を提供できるようになったため、光/電波ビーコンなしでスイテルート案内を行う。
VICS WIDEはリンク旅行時間とプローブ情報を提供できるようになったため、光/電波ビーコンなしでスイテルート案内を行う。
VICS WIDEでは火山の噴火や津波などの災害が起きた時、特別警報が画面上に飛び込んでくる。
VICS WIDEでは火山の噴火や津波などの災害が起きた時、特別警報が画面上に飛び込んでくる。
VICS WIDEにはゲリラ豪雨や集中豪雨など、1時間に50mm以上の激しい雨が降った時、そのエリアを地図上に表示する機能もある。
VICS WIDEにはゲリラ豪雨や集中豪雨など、1時間に50mm以上の激しい雨が降った時、そのエリアを地図上に表示する機能もある。

美優Naviの最新モデルはVICS WIDEに標準対応

ブルーレイディスク(BD)プレーヤーを内蔵した業界初のカーナビとして登場したのが、昨年11月発売のストラーダ「美優Navi」の「RX01」シリーズ。その後継モデルがRX02シリーズだ。基本的には昨年型のマイナーチェンジで、ほとんどの部分はRX01を踏襲しているが、地図が2015年度の最新版になったのと、2015年4月にスタートしたVICSの新サービス、VICS WIDEに標準で対応したのが前モデルとの違いである。

地図データを格納するメディアには16GBのSDカードを使用。7V型ワイドディスプレイは静電タッチ式のクリアパネルで、高画質かつ鮮明な映像を映し出す。タッチパネルの操作性も快適。フリック/ドラッグ、ピンチイン/ピンチアウトといったスマートフォンのような操作に対応し、スマホの地図アプリを使い慣れている人も操作に戸惑うことはない。

安心&安全運転をサポートする機能とオプション類が充実しているのもストラーダ美優Naviの特徴のひとつだ。案内情報をはじめ、さまざまな情報をドライバーの前に表示するFID(フロント・インフォ・ディスプレイ)や、美優Naviの画面で簡単に録画開始&停止等の操作ができるドライブレコーダー、はたまた後席の状況を美優Naviのディスプレイで確認できるカメラ付きのリアモニターまで、専用オプションを多数用意する。

試乗車の「トヨタ・プリウスα」に装着していたのは横幅200mmのワイドボディー機「CN-RX02WD」。ほかに幅180mmの2DINモデル「CN-RX02D」も用意する。また内蔵プレーヤーがBD再生非対応の標準モデル、「RS」シリーズも両サイズにラインナップされている。つまりストラーダ美優Naviはディスプレイがすべて7V型ワイドで、RXシリーズ、RSシリーズともにワイドボディーと2DINサイズの2機種ずつ、計4機種の構成だ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

「カーナビの達人2016冬」の過去記事リストへ