スズキ・エスクード(4WD/6AT)

オフロードと決別せよ 2015.12.15 試乗記 受け継いだのは外観デザインと車名だけ? 本格クロカンだった従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」の、欧州で鍛えられた自慢のオンロード性能を試す。

“併売”に見るスズキの本音

4代目となった新型エスクードは、その立ち位置を理解するのがちょっと難しいクルマだ。なぜなら、「エスクード」という名前を受け継いでいるから。

ベースとなるのは「SX4 Sクロス」。すなわちFFベースの電子制御式オンデマンド4WDを採用したSUVであり、その点が併売される3代目(モノコック+ラダーフレームのビルトインラダーフレームを持つライトクロカン4WD)とは異なる部分。つまり、エスクードは現行モデルにして“ガチ系ヨンク”とは完全に別れを告げたことになる。それでもガチ系、すなわち3代目も売り続けているあたりに、スズキの迷いというか、世間の動向を様子見しているしたたかさのようなものが感じられる。

世の中的にはクロカンよりもSUV。泥や岩を乗り越えずとも、雪道やちょっとした段差を安全に走れればいい。ただ、スズキにはこれまでエスクードや「ジムニー」で培ってきたクロカン四駆の歴史があり、それによって育まれたユーザーの土壌が今どれくらい残っているのかは見定めたい。そんなところが本音なのではないのだろうか。

ハンガリーで生産される4代目「スズキ・エスクード」は、日本では2015年10月に発売された。既存の3代目モデルも、「エスクード2.4」という車名で継続販売されている。
ハンガリーで生産される4代目「スズキ・エスクード」は、日本では2015年10月に発売された。既存の3代目モデルも、「エスクード2.4」という車名で継続販売されている。
4代目「エスクード」のインストゥルメントパネルまわり。インテリアカラーはブラックで、各所にシルバーの装飾パーツが施されている。
4代目「エスクード」のインストゥルメントパネルまわり。インテリアカラーはブラックで、各所にシルバーの装飾パーツが施されている。
テールゲートの「ESCUDO」のエンブレム。4WD車には「ALLGRIP」のバッジも装着される。
テールゲートの「ESCUDO」のエンブレム。4WD車には「ALLGRIP」のバッジも装着される。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

エスクードの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事
  • 「三菱エクリプス クロス」デザイン本部長インタビュー 2017.3.7 特集 三菱自動車の新しいコンパクトSUV「エクリプス クロス」がジュネーブショー2017でデビュー。スタイリッシュなクーペフォルムをまとうこのニューフェイスに、デザイナーたちはどんな思いを込めたのか。デザイン本部長に話を伺った。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.5 試乗記 エンジン横置きのFFベースのプラットフォームに、モノコックボディーなど、従来モデルからすべてが一新された4代目「スズキ・エスクード」が登場。スズキがハンガリーで生産し、グローバルなコンパクトSUVセグメント市場に投入する世界戦略車の実力を試した。
  • スズキ・エスクード(4WD/6AT)【試乗記】 2015.11.3 試乗記 FRベースのプラットフォームを用いていた従来モデルからすべてを一新。FFベースのプラットフォームとモノコックボディーを採用した4代目「スズキ・エスクード」が、日本に上陸した。ハンガリーから海を渡ってやってくる、新たなコンパクトSUVの実力を試す。
  • スバルの7シーター「クロスオーバー7」にレジャーで役立つ特別仕様車 2017.3.13 自動車ニュース スバルが「クロスオーバー7」の外装色を変更。同時に特別仕様車「X-BREAK」を設定した。ダッシュボードの装飾パネルやサイドクラッディングなどでデコレートされた内外装が特徴で、はっ水シートやリバーシブルカーゴフロアボードなどが装備される。
  • ジュネーブショー2017の会場から(その8) 2017.3.9 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。三菱自動車は新型コンパクトSUV「エクリプス クロス」を世界初公開した。
ホームへ戻る