第4回:クルマは乗らなきゃわからない
週末にちょいと遠乗りしてみた

2016.01.13 特集

毎日、ちょい乗りばかりなので、去る三連休に「フォーカス」でちょこっと遠乗りしてみた。そしたらその実力の片りんがいろいろ見えてきた。やっぱり、クルマは、乗ってみなけりゃわからない。

遠乗りしても疲れないクルマだ

街なかのちょい乗りでは、フォーカスは1.5リッターエンジンと聞いて想像するよりずっと力強く、グイグイ走る。しかも、ターボらしくない「ツキ」のいいエンジンであることも、紹介したとおりである。

それに加えて、高速道路もかなりイケることが今回の遠乗りでわかった。エンジンの回転を上げなくても高速道路の流れに乗れるので、エンジンノイズが抑えられ、室内がすごく静か。また、巡航時は姿勢がフラットに保たれるので、乗り心地も快適。遠乗りしても疲れないクルマだ。

……というわけで、埼玉県は秩父鉄道の三峰口駅で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第3回:どこか日本車っぽさもある最新フォーカスの意外な(?)一面
第5回:世界的な人気モデルならではのこまやかな気配りに感服!

街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。
街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • ルノー・トゥインゴ ゼン(RR/5MT)【試乗記】 2017.1.6 試乗記 「ルノー・トゥインゴ」に追加されたエントリーグレード「ゼン」の、自然吸気エンジン+5段MTモデルに試乗。ベーシックであることを突き詰めたフレンチコンパクトには、普通であることの素晴らしさが凝縮されていた。
  • シトロエンC4カクタス(FF/5AT)【試乗記】 2016.12.28 試乗記 シトロエンの小型クロスオーバーモデル「C4カクタス」に試乗。1.2リッター直3自然吸気エンジンと5段ETGがもたらすのんびりとした走りには、どこか「2CV」に通じる、フランス車の原点的な味わいがあった。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • アウディA4アバント1.4 TFSIスポーツ(FF/7AT)【試乗記】 2016.12.26 試乗記 ダウンサイジングターボエンジンやApple CarPlay、渋滞時の運転支援システムなど、先進機能を備えた「A4アバント1.4 TFSIスポーツ」に試乗。筆者が「未来を感じた」という背景には、アウディのクルマづくりへの真摯(しんし)な姿勢があった。
ホームへ戻る