第4回:クルマは乗らなきゃわからない
週末にちょいと遠乗りしてみた

2016.01.13 特集

毎日、ちょい乗りばかりなので、去る三連休に「フォーカス」でちょこっと遠乗りしてみた。そしたらその実力の片りんがいろいろ見えてきた。やっぱり、クルマは、乗ってみなけりゃわからない。

遠乗りしても疲れないクルマだ

街なかのちょい乗りでは、フォーカスは1.5リッターエンジンと聞いて想像するよりずっと力強く、グイグイ走る。しかも、ターボらしくない「ツキ」のいいエンジンであることも、紹介したとおりである。

それに加えて、高速道路もかなりイケることが今回の遠乗りでわかった。エンジンの回転を上げなくても高速道路の流れに乗れるので、エンジンノイズが抑えられ、室内がすごく静か。また、巡航時は姿勢がフラットに保たれるので、乗り心地も快適。遠乗りしても疲れないクルマだ。

……というわけで、埼玉県は秩父鉄道の三峰口駅で記念撮影。フォーカス散歩、次はどこに行こうか?

(webCG 竹下)

 

第3回:どこか日本車っぽさもある最新フォーカスの意外な(?)一面
第5回:世界的な人気モデルならではのこまやかな気配りに感服!

街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。
街乗りが楽しい「フォーカス」。では遠乗りはどうかというと……。
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。
気がついたら、埼玉県秩父市にある三峰口駅まで来てしまった。「フォーカス」は高速道路も、ワインディングロードも楽しいクルマだ。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

フォーカスの他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

「フォード・フォーカス日常劇場<PR>」の過去記事リストへ
関連記事
  • スズキ・スイフト【試乗記】 2017.2.7 試乗記 累計販売台数は530万台というスズキの世界戦略車「スイフト」が、新型にフルモデルチェンジ。欧州の道で開発されたというスズキのグローバルコンパクトは、思わずいろいろと語りたくなるようなクルマとなっていた。
  • フォード・フィエスタ 1.0 EcoBoost(FF/6AT)【試乗記】 2014.2.28 試乗記 欧州フォードのベストセラーモデルである「フィエスタ」が、いよいよ日本に上陸。注目の「1リッターEcoBoost」エンジンを搭載する新型は、どんな走りを見せるのか? 
  • 第1回:お手ごろ価格でも楽しさは満点
    輸入車チョイ乗りリポート~アンダー300万円編~
    2017.2.14 特集 インポートカーの魅力はお値段に比例しない!? 年に一度の輸入車の祭典「JAIA合同試乗会」が、今年も神奈川・大磯ロングビーチで開催された。まずは300万円以下のエントリーモデルのなかから、編集部員が注目した3台の魅力をリポートする。
  • アルファ・ロメオ、各モデルに新ブランドロゴを採用 2017.2.8 自動車ニュース FCAがアルファ・ロメオの全ラインナップにマイナーチェンジを実施し、同日2月18日に販売を開始する。今回の改良では新しいブランドロゴを採用したほか、内外装のデザイン変更や、装備設定およびグレード体系の見直しも行っている。
  • ルノー・ルーテシア インテンス(FF/6AT)【試乗記】 2017.2.9 試乗記 マイナーチェンジを受けた「ルノー・ルーテシア」に試乗。弟分「トゥインゴ」の、日本での人気の高まりもどこ吹く風で、本国フランスでは2016年ベストセラーカーの座を射止めたその実力とは? 愛される理由はどこにある?
ホームへ戻る