第16回:フォーカスの中心で愛をさけぶ?
ひとりのドライブを盛り上げるオーディオ便利機能

2016.03.11 フォード・フォーカス日常劇場<PR>
「フォード・フォーカス」には9つのスピーカーを備えたサウンドシステムと、AM/FMチューナー付きCDプレイヤーが装備されています。
「フォード・フォーカス」には9つのスピーカーを備えたサウンドシステムと、AM/FMチューナー付きCDプレイヤーが装備されています。

楽しいドライブの必需品といえばカーオーディオ。もちろん「フォード・フォーカス」にも、外部端末との接続機能やらサウンド調整機能やらを備えた多機能な機器が搭載されています。今回は、そんなフォーカスの“音楽事情”について語ります。

今となってはちょっとアナログな感さえあるAUX端子(音声入力端子)によるライン入力。ただ、接続作業は簡単だし、「端子が付いているクルマなら確実に使える」という安心感もあります。
今となってはちょっとアナログな感さえあるAUX端子(音声入力端子)によるライン入力。ただ、接続作業は簡単だし、「端子が付いているクルマなら確実に使える」という安心感もあります。
AUXのジャックは、「フォード・フォーカス」の場合、前席アームレストの下の収納ボックスに備わっています。ほかの車種だと、オーディオパネルやタッチスクリーンのフチについている場合もありますね。
AUXのジャックは、「フォード・フォーカス」の場合、前席アームレストの下の収納ボックスに備わっています。ほかの車種だと、オーディオパネルやタッチスクリーンのフチについている場合もありますね。
カーオーディオでは、スピーカーから視聴者(例えばドライバーなど)までの距離がバラバラなので、厳密には、各スピーカーの発する音はずれて聞こえています。「タイムアライメント」はそれを解消するための機能で、スピーカーごとに音の出るタイミングをずらすことで、聴く人のもとに同時に音を届けるというもの。はっきりと効果の分かる機能なので、ひとりでドライブするときなどにぜひお試しあれ。
カーオーディオでは、スピーカーから視聴者(例えばドライバーなど)までの距離がバラバラなので、厳密には、各スピーカーの発する音はずれて聞こえています。「タイムアライメント」はそれを解消するための機能で、スピーカーごとに音の出るタイミングをずらすことで、聴く人のもとに同時に音を届けるというもの。はっきりと効果の分かる機能なので、ひとりでドライブするときなどにぜひお試しあれ。
サンボマスターの名曲「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」。山口 隆は本当に天才だと思うのですが、皆さんいかがでしょうか?
サンボマスターの名曲「世界はそれを愛と呼ぶんだぜ」。山口 隆は本当に天才だと思うのですが、皆さんいかがでしょうか?

お手軽だけど効果絶大なタイムアライメント機能

突然ですが、皆さんお気に入りのドライブミュージックはありますか?

私は基本、“日本語ロック”ですね。スピッツとかASIAN KUNG-FU GENERATION。偉大なるTHE BLUE HEARTSに始まり、THE HIGH-LOWSを経てザ・クロマニヨンズにいたる甲本ヒロト&真島昌利の流浪はそのままわが青春です。シャウトを愛する日本男児ならば、サンボマスターも外せません。ちなみに、マキシマム ザ ホルモンは運転中には聞きません。“ヘドバン”しすぎて事故っちゃうぜ。

はてさて、われらがフォーカスのオーディオには、Bluetooth通信機能が付いています。付いているのですが、どうやら連携機能はスマートフォンにしか対応していないらしく、私のウォークマンはどうやっても接続できません。従いまして、私はウォークマンの音楽を聴くときはAUX端子を利用しています。というか、普段からBluetoothは使いません。ペアリングが面倒くさいし、そもそも私のへっぽこウォークマンには負担が大きいらしく、電池がザクザク減るからです。

そんなわけで、今日もセンターアームレストのジャックにプラグをブッスリ。サウンド設定のタイムアライメントは潔く「運転席」に調整します(詳しくはキャプションをどうぞ)。この、タイムアライメント機能は使うのと使わないのとでは音の聞こえ方が全然違います。しかもフォーカスの場合、わずらわしい調整なしにボタンひとつでそれを運転席に設定できるのも気の利いたポイント。
ひとりでドライブに出かける際には、ぜひお試しくださいませ。

このようにサウンド調整してから聴くサンボマスターは、やっぱり一味違います。オーディオ、携帯端末ともにソニー製ということで相性がいいのでしょうか。山口 隆の“LOVE & PEACE!”がいつもより心に響いた日曜日のドライブでした。

(webCG ほった)

第15回:クラス随一の実力車!? フォーカスのラゲッジルームを自転車ユーザーが切る!

第17回:ファミリーカーとしての実力は? フォーカスで週末ドライブに出掛けた

関連記事
  • ジュネーブショー2017の会場から(その27) 2017.3.12 画像・写真 2017年3月7日に開幕した第87回ジュネーブ国際モーターショー。フォードのブースを画像で紹介する。
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.11.24 試乗記 ビッグマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。より精悍(せいかん)な顔つきと、高効率な1.5リッターターボエンジンを得た最新型、その実力やいかに?
  • フォード・フォーカス スポーツ+ エコブースト(FF/6AT)【試乗記】 2015.10.23 試乗記 大規模なマイナーチェンジを受けた「フォード・フォーカス」に試乗。1.5リッターのエコブーストエンジンや、よりしなやかなサスペンションなどによってフィジカルを高めた最新型は、ライバルから“ハンドリング王”のタイトルを奪回できるのか?
  • アウディA5クーペ2.0 TFSIクワトロ スポーツ(7AT/4WD)【試乗記】 2017.5.24 試乗記 流麗なスタイルが自慢の「アウディA5クーペ」が、9年ぶりにフルモデルチェンジ。新型はどんなクルマに仕上がったのか、2リッターの4WDモデル「2.0 TFSIクワトロ スポーツ」に試乗して確かめた。
  • アバルト595(FF/5AT)【試乗記】 2017.5.19 試乗記 FCAが擁する高性能スポーツブランド「アバルト」のラインナップにおいて、最もベーシックなモデルとなるのが「595」である。刺激的な走りと門戸の広さを併せ持つAT仕様に試乗し、“さそり印”のスポーツカーに受け継がれる伝統に思いをはせた。
  • アウディQ2ファーストエディション(FF/7AT)【試乗記】 2017.5.18 試乗記 アウディのSUVファミリーである「Qシリーズ」に、最もコンパクトな「Q2」が登場。「今後の販売の柱」と位置づけられるニューモデルの実力を、装備充実の1.4リッターモデルで確かめた。
  • スバル・インプレッサG4 1.6i-L EyeSight(4WD/CVT)【試乗記】 2017.5.10 試乗記 “素のグレード”の出来栄えにこそ、そのモデルの実力が表れる。スバルのCセグメントセダン「インプレッサG4」のエントリーモデル「1.6i-L EyeSight」に試乗。その走りや装備の充実度、静的質感などを通して、スバルの最新モデルの地力に迫る。
  • BMW i3スイート レンジ・エクステンダー装備車(RR)【試乗記】 2017.5.3 試乗記 マイナーチェンジにより、400kmにせまる一充電走行可能距離を実現したBMWの電気自動車「i3」。レンジ・エクステンダーを搭載した最上級グレード「スイート」の試乗を通し、類例のないその魅力をあらためて確かめた。
  • フォルクスワーゲンが「up!」をマイナーチェンジ 2017.4.27 自動車ニュース フォルクスワーゲンがコンパクトカー「up!」をマイナーチェンジ。注目は新設定の純正インフォテインメントシステム「Composition Phone」で、スマートフォンとの連携により、ルート案内や音楽再生などの機能を簡単に使うことができるという。
  • MINIクーパーD クロスオーバー(FF/8AT)【試乗記】 2017.5.2 試乗記 より大きく、より豪華に生まれ変わった「MINIクロスオーバー」。もはやミニと呼ぶのがはばかられる“フルサイズカー”に進化した新型の魅力とは? 現時点でシリーズ唯一のFFモデルとなる「クーパーD クロスオーバー」に試乗して考えた。
ホームへ戻る