ポルシェ911R(RR/6MT)

最上級の快感 2016.07.19 試乗記 ポルシェを代表するスポーツカー「911」に、レーシングカーのDNAを継承する新たな高性能モデル「911R」が登場。最高出力500psのハイパワーエンジンと、徹底的な軽量化がもたらす走りの質を、ドイツ・シュトゥットガルトで試した。

伝説と最新テクノロジーの融合

「718ボクスター」と「718ケイマン」――これらのモデルは、従来型に対して「2気筒を削り、排気量をダウンした」という特徴があり、紹介の仕方を誤れば、スペックダウンしたとも受け取られかねない。
しかし、同じく水平対向4気筒ユニットを搭載し1950~60年代に活躍したレーシングモデル「ポルシェ718」を彷彿(ほうふつ)とさせる車名を与えつつ、新たな価値を持つモデルへと昇華させることができるのは、長い歴史の中に輝かしいさまざまなレーシングヒストリーを持つブランドだからだ。

ベルリンで発表されたばかりの2代目「パナメーラ」が、一見して911からのDNAの継承を強くイメージさせるルックスに仕上げられたのも、このメーカーが、半世紀以上の歴史を持つ911こそ自らの屋台骨で、そこで築かれた名声こそが最大の財産だと認識しているからに違いない。

こうした事例と同様に、自身の財産を有効活用し、伝説的モデルを引き合いに出しつつ、最新テクノロジーとモダンなコンポーネンツを駆使して固有のキャラクターを与えられたのが、ここに紹介する911Rだ。

2016年春のジュネーブモーターショーで初披露され、世界でわずか991台という限定台数で発売されるこのモデル。その名は、半世紀前の1967年にレーシングホモロゲーション獲得を目指して登場した、同名のモデルが元になっている。

日本では2016年3月に予約受け付けが開始された「ポルシェ911R」。世界限定991台で販売される。


	日本では2016年3月に予約受け付けが開始された「ポルシェ911R」。世界限定991台で販売される。
コックピットの様子。日本仕様車のハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
コックピットの様子。日本仕様車のハンドル位置は、左(写真)のほかに右も選べる。
「ペピータ」と名付けられたタータン柄のファブリックで仕立てられた、カーボン製のフルバケットシート。後席は取り払われており、乗車定員は2人となる。
「ペピータ」と名付けられたタータン柄のファブリックで仕立てられた、カーボン製のフルバケットシート。後席は取り払われており、乗車定員は2人となる。
サイドビュー。「PORSCHE」のロゴ入りストライプが往年の初代モデルを連想させる。
サイドビュー。「PORSCHE」のロゴ入りストライプが往年の初代モデルを連想させる。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

911の他の画像を見るためには、写真一覧をご覧ください。

関連記事 ホームへ戻る