【パリモーターショー2016】ホンダ、新型「シビック タイプR」を世界初公開

2016.09.29 自動車ニュース
新型「ホンダ・シビック タイプR」(プロトタイプ)
新型「ホンダ・シビック タイプR」(プロトタイプ)

本田技研工業の英国現地法人であるホンダモーターヨーロッパ・リミテッドは2016年9月29日、パリモーターショー2016において新型「シビック タイプR」のプロトタイプを世界初公開した。

 
【パリモーターショー2016】ホンダ、新型「シビック タイプR」を世界初公開の画像
 
【パリモーターショー2016】ホンダ、新型「シビック タイプR」を世界初公開の画像

新型シビック タイプRは2017年後半に欧州での発売が予定されている。生産は「シビック ハッチバック」と同じくホンダオブザユー・ケー・マニュファクチュアリング・リミテッド(Honda of the UK Manufacturing. Ltd.)で行われ、欧州のみならず北米などへの輸出も行われるという。

5ドアモデルをベースに各所に独自の変更が施されており、大開口のフロントバンパーやエアベント(空気排気口)付きのボンネット、ディフューザーを備えたリアバンパー、3本出しのセンターマフラーなどが特徴となっている。またパフォーマンス向上のため、20インチの大径アルミホイールが装着されている。

(webCG)

→新型「シビック タイプR」の詳しい画像はこちら
 

あなたにおすすめの記事
関連記事 ホームへ戻る