第15回 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その3)

2016.11.01 エッセイ

BMWは美女ウケ抜群!

私にとって初めてのBMW、コミコミ279万円で購入したE90系「335iカブリオレ」は、イタフラ車マニアにとって未知のエリート感と未知のひ弱さ(納車当日にトランスミッションブチ壊れ)を発揮する異星人であったが、周囲の評判はすこぶるよく、特に美女の皆さまの評価が大変に高かったので、心の底から大満足だった。

やはりBMWのブランド力は凄(すさ)まじい。思えば、日本人が最も好む自動車ブランドはBMWだろう。

適度なステータス感と適度にスポーティーなイメージ、加えて適度に遊んでる感。中でも3シリーズのカブリオレはそのど真ん中であり、ひょっとして本邦で最もモテる可能性のあるクルマかもしれない。

まぁ、この場合の「モテる」は、美女が「キャー、ステキ~!」と抱きついてチューしてくれるとかそういうのではなく、「うわー、カッコ良すぎですネ~!」とか、「こんなのでいきなりオープンにされたら、やられた~って思います」とか、「BMWはやっぱり乗り心地がいいですね~(実はレグノのおかげ。元のランフラットだとドシンバタン)」とか、クルマについてプラス評価をしてくれるだけ。本人とはほぼ無関係だが、なんにせよ自分のクルマが美女に評価されるというのは、カーマニアにとって最高のヨロコビである。
その点においてBMW 335iカブリオレは、フェラーリよりもはるかに上手だった。美女の立場に立てば、フェラーリはいくらなんでもやり過ぎで、BMWくらいがちょうどいいのは想像に難くない。

「335iカブリオレ」での夜の首都高クルージングは最高だった。
「335iカブリオレ」での夜の首都高クルージングは最高だった。
オヤジふたり後席に陣取ってビヤホール気分。
オヤジふたり後席に陣取ってビヤホール気分。
モデル嬢の評価も大変に高かった。
モデル嬢の評価も大変に高かった。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。