第16回 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その4)

2016.11.08 エッセイ

アモーレ! ランチア・デルタ

コミコミ279万円で購入したスーパーエリート号こと「BMW 335iカブリオレ」は、わずか1年で下取り査定が半額に! スーパーエリートなのにこれじゃ乗り換えられねぇ! と絶望した私だが、ネット上で偶然発見した208万円の最終「ランチア・デルタ1.6マルチジェット」は、「鳴かぬなら鳴くまで待とう」な中古車選びの典型的勝ちパターン。善は急げと、発見2時間後には世田谷の「コレツィオーネ」に駆け付けていた。

今手放せば、このBMWはフェラーリよりはるかに高くついてしまう。しかしそんなことより目の前の欲望が大事! 私はデルタが欲しい! たまらなく欲しい! どうしようもなく欲しいのだ! もはや全体の調和は見えなくなっていた。

ところで、最終ランチア・デルタとはどんなクルマか?

よくわかりません。

なにしろ乗ったことがない。老舗のガレーヂ伊太利屋が並行輸入で日本に導入していたのは知っているが、それ以上は何も知らない。たまに街で見かけるたびに、あの前衛的すぎる超絶デザインにクラクラしていただけである。

もうひとつ脳裏に浮かぶのは、映画『天使と悪魔』のワンシーンだ。バチカン警察のパトカー(?)が最終デルタで、サンピエトロ寺院のあたり(たぶん)をアレが何台も激走していた。その姿もあまりにもアモーレだった。

仕事柄、大抵のクルマに試乗することができるので、その上で「あれがいい」とか「これが欲しい」と思考する大変シアワセな環境にいる私だが、それだけに「見たことしかありませんが大好きです!」というクルマはめったになく、恋が燃え上がるのは速かった。

スーパーエリート号の厳しい下取り査定に愕然(がくぜん)とする筆者。
スーパーエリート号の厳しい下取り査定に愕然(がくぜん)とする筆者。
「ランチア・デルタ」陶酔の前衛デザイン、フロントビュー。(写真=池之平昌信)
「ランチア・デルタ」陶酔の前衛デザイン、フロントビュー。(写真=池之平昌信)
「ランチア・デルタ」陶酔の前衛デザイン、リアビュー。(写真=池之平昌信)
「ランチア・デルタ」陶酔の前衛デザイン、リアビュー。(写真=池之平昌信)

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。