第13回 鳴かぬなら鳴くまで待とうホトトギス(その1)

2016.10.18 エッセイ

我が家のクルマたち

NEOスーパーカー戦争の話題もようやく一段落。いよいよ実用ディーゼル乗用車=欧州の吉野家牛丼(並)の話に戻りたい。

我が家にはここ20年ほど、3~4台の自家用車がある。

1台はフェラーリ。これはフォアグラで、めったに食しない。近年のフェラーリは実用性も大変向上しており、食べようと思えば日常食にもなるが、私は祭祀(さいし)用と考え、軽々には頂かないよう心がけている。現在の「458イタリア」は、購入から約4年で走行距離約1万km。これでも乗り過ぎです。土下座。

もう1台はカロリーメイト。主に家族用あるいは近距離用の足グルマで、2009年に初代「プリウス」のド中古を購入して以来、「アクア」→「シエンタ」とトヨタ車が務めている。長距離移動でも渋滞が予想される時はこれに乗る。甘美な快楽はゼロだがストレスがなく快適だ。

そして最後の1台。これは主に私の普段の足用で、仕事柄ロングドライブも多い。ここに欧州の吉野家牛丼(並)をはめ込みたい! という強い欲望を燃やしていた。

が、以前書いたように、日本市場にはディーゼル車のラインナップが乏しく、なかなかそこに到達できずに迷走を繰り返していた。

2009年の欧州遠征(ジャイアント・インパクト)以来の牛丼車の変遷を見ると、このようになる。

「サーブ900S 2.3」(8万円)
「シトロエンC5セダン 1.6ターボ」(320万円)
「フィアット・クーボ 1.3マルチジェット」(245万円)
「プジョー406スポーツ」(45万円)
「BMW 335iカブリオレ」(266万円)
(すべて中古車)

現在の愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
現在の愛車「フェラーリ458イタリア」。(写真=池之平昌信)
「サーブ900S 2.3」
「サーブ900S 2.3」
「シトロエンC5セダン 1.6ターボ」
「シトロエンC5セダン 1.6ターボ」
“牛丼”生活を満喫する筆者。
“牛丼”生活を満喫する筆者。

この記事の大きな画像を見るためには、画像ギャラリーをご覧ください。

清水 草一

清水 草一

お笑いフェラーリ文学である『そのフェラーリください!』(三推社/講談社)、『フェラーリを買ふということ』(ネコ・パブリッシング)などにとどまらず、日本唯一の高速道路ジャーナリストとして『首都高はなぜ渋滞するのか!?』(三推社/講談社)、『高速道路の謎』(扶桑社新書)といった著書も持つ。慶大卒後、編集者を経てフリーライター。最大の趣味は自動車の購入で、現在まで通算44台、うち10台がフェラーリ。本人いわく「『タモリ倶楽部』に首都高研究家として呼ばれたのが人生の金字塔」とのこと。