フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開

2017.05.26 自動車ニュース
「フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー」
「フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー」拡大

独フォルクスワーゲンは2017年5月24日(現地時間)、「up! GTIコンセプトカー」を公開した。ヨーロッパでは量産型が2018年の初頭に発売される予定。

 
フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開の画像拡大
 
フォルクスワーゲンが「up! GTIコンセプトカー」を公開の画像拡大

0-100km/hは8.8秒、最高速は197km/h

実車は南オーストリアのヴェルター湖畔で開催されている「GTIミーティング」で公開された。“コンセプトカー”の名を持つが、量産型に近いものという。115psと200Nmを生み出す1リッター直3ターボエンジンを搭載し、トランスミッションは6段MT、3ドアボディーの車重は997kgと発表されている。動力性能は0-100km/h加速が8.8秒で最高速が197km/h。

ボディーには随所にフォルクスワーゲンのGTIモデルではおなじみの特徴がちりばめられている。フロント部ではヘッドライトの間に赤いラインが走り、ラジエーターグリルはハニカムパターンに。ボディー側面には黒いダブルストライプが入り、スポーティーなデザインのアルミホイールが装着され、ルーフの後端には大型のルーフスポイラーが備わる。

また動力性能の向上に伴い、サスペンションが15mm低められている。さらに室内には「ゴルフGTI」でおなじみのチェック柄のシートが与えられている。

ボディーカラーはGTIモデルにとってはクラシックな色である「トルネードレッド」や「ピュアホワイト」のほか、「ダークシルバー」「ブラックパール」などのメタリックカラー、新色の「コスタアズール」(青)なども設定される見込み。

(webCG)

→「フォルクスワーゲンup! GTIコンセプトカー」のフォトギャラリーはこちら。

関連キーワード:
up!フォルクスワーゲン自動車ニュース

あなたにおすすめの記事
関連記事
  • フォルクスワーゲンup! GTI(FF/6MT)【海外試乗記】 2018.2.16 試乗記 フォルクスワーゲンのエントリーモデル「up!」に、待望の高性能グレード「GTI」が登場。全長3.6mの新しいホットハッチは、どんなドライブフィールの持ち主なのか? その走りの陰に見た、スポーツモデル受難の時代の兆しとは?
  • フォルクスワーゲンup! GTI/ポロGTI/ゴルフGTIパフォーマンス【海外試乗記】 2018.5.8 試乗記 フォルクスワーゲンが擁するホットハッチ「up! GTI」「ポロGTI」「ゴルフGTI」が、スペインのアスカリサーキットに集結。その走りを公道とクローズドコースの双方で確かめるとともに、今年で誕生42年を迎えるGTIブランドの進化に思いをはせた。
  • ルノー・トゥインゴGT(RR/6AT)/トゥインゴGT(RR/5MT)【試乗記】 2018.2.12 試乗記 台数限定で日本に導入されるや否や、たちまちのうちに“完売御礼”となった「ルノー・トゥインゴGT」が、カタログモデルになって復活。その走りの実力を、新たに設定された2ペダル仕様の出来栄えとともに報告する。
  • フォルクスワーゲンup! GTI:「ルポGTI」の再来に期待 2017.10.26 自動車ニュース コンパクトスポーツのファンが待ちかねていた「フォルクスワーゲンup! GTI」が、東京モーターショーで日本初公開された。長年にわたりフォルクスワーゲンを愛用してきたライターの大音安弘が、このクルマに寄せる期待を語った。
  • フォルクスワーゲン・ポロGTI(FF/6AT)【海外試乗記】 2018.2.27 試乗記 間もなく日本に導入される6代目「フォルクスワーゲン・ポロ」。そのハイパフォーマンスバージョンである「GTI」に、フランスのニースで試乗した。ライバルに肩を並べる高い動力性能と、日常性を犠牲にしない洗練されたドライブフィールをリポートする。
ホームへ戻る