第428回:トヨタが“ホーム戦”で今季2勝目
WRC第9戦ラリー・フィンランドを現地リポート!

2017.07.31 エディターから一言
ラリー・フィンランド名物である豪快なジャンプを決めるユホ・ハンニネン。
ラリー・フィンランド名物である豪快なジャンプを決めるユホ・ハンニネン。

2017年の世界ラリー選手権(WRC)も、いよいよ佳境! トヨタの“ホームグラウンド”である、フィンランドはユヴァスキュラで催された第9戦「ラリー・フィンランド」の戦いを現地からリポートする。

サービスパークにてメンテナンスを受ける3台の「ヤリスWRC」。トヨタは第6戦ポルトガルから若手のエサペッカ・ラッピを投入し、3台体制でラリーに臨んでいる。
サービスパークにてメンテナンスを受ける3台の「ヤリスWRC」。トヨタは第6戦ポルトガルから若手のエサペッカ・ラッピを投入し、3台体制でラリーに臨んでいる。
かつては「1000湖ラリー(1000 Lakes Rally)」と呼ばれていたラリー・フィンランド。その名の通り、コース周辺には無数の湖が存在している。
かつては「1000湖ラリー(1000 Lakes Rally)」と呼ばれていたラリー・フィンランド。その名の通り、コース周辺には無数の湖が存在している。
チーム代表のトミ・マキネン氏(中央)と、ガズーレーシングカンパニー プレジデントの友山茂樹氏(左)、同エグゼクティブアドバイザーの嵯峨宏英氏(右)。
チーム代表のトミ・マキネン氏(中央)と、ガズーレーシングカンパニー プレジデントの友山茂樹氏(左)、同エグゼクティブアドバイザーの嵯峨宏英氏(右)。

地元ドライバーが有利とされる超高速コース

2017年WRCの第9戦、ラリー・フィンランドが、首都ヘルシンキから北に約3時間の場所に位置するユヴァスキュラ周辺を舞台に開催された。

超高速のグラベルステージで知られるラリー・フィンランドだが、今年は平均速度を抑制するために多数のシケインが設定されるなど、安全面への配慮が講じられた。今年から新規定のワールドラリーカーが導入され、去年までに比べて格段に速度が上がったことへの対応策である。観客へのアピール度を高めるために派手なエアロパーツを装着し、出力の向上を図った新規定のラリーカー。その導入による速度向上を問題視したFIAが、主催者に対して平均速度の抑制を要請し、その結果が今回のシケイン設置となったのだ。一見、矛盾しているようにも思えるこの措置は、今年の開幕戦でギャラリーを巻き込む事故が起こったことも一因となっているかもしれない。

とはいえ、空へ離陸するかのような勢いでマシンが宙を舞うジャンピングスポットや、“コークスクリュー”を思わせる落差の大きなテクニカルコーナーは健在。また、固く締まった路面はまるでサーキットのようでもあり、かと思えば轍(わだち)ができてきたり、前走車が掘り返した大きな岩が露出していたりと、その特殊なコースゆえに昔から「フライングフィン」と称される地元フィンランドのドライバーが圧倒的に有利といわれている。

今年18年ぶりに復帰を果たし、開幕戦のモンテカルロで2位を獲得。続く第2戦スウェーデンでのヤリ-マティ・ラトバラの優勝により、早くも“復帰初勝利”を果たしたトヨタガズーレーシング。その後も着実にポイントを獲得し、マニュファクチャラーズランキング3位、ドライバーズランキングでもラトバラが3位という順位でこのフィンランドを迎えることとなった。

あなたにおすすめの記事
新着記事